オシムの練習メニュー

参照:『オシムの戦術』(p97-9より)

「三角ベース」
      ____
      ◉◉◉
     ◉ ◉◉
         ◉

◎◎◎         ◯◯
 ◎ ◎◎       ◯◯ ◯
\ ◎          ◯ ◯/
 \             /



グラウンド半面にゴールを三つ置いた「三角ベース」(7対7対7)。

ボールを持った選手のそのときの判断でどちらのゴールを狙ってもよい。
サイドを使う訓練になる(棒線はゴールマウス)。
オシムはアジアカップ直前、選手の疲労のたまった時にこのメニューで盛り上げたそうだ。

そんなオシムの口癖?は「哲学しないでくれ」だった。
「難しく考えるな」「あれこれ議論する前に、やってみれば分かる」といった意味らしい(同書p32より)。

同書はオシムの日本代表における主要な試合のフォーメーション図、全試合の出場選手名が掲載されていて資料価値が高い。

公式書籍ではないらしいが、具体的な練習方法を知りたければ『オシムの練習』もおすすめ。
[PR]
by yojisekimoto | 2010-05-14 17:05 | スポーツ


<< アドルノとジャズ アドルノ「流行歌分析」(1929年) >>