『世界史の構造』

待望の柄谷行人『世界史の構造』(岩波書店)が刊行された。

基本的には、
 _______________________
|           |           |          
|           |           |          
|           |           |           
|   国家      | ネーション     |          
|   B       | A         |          
|           |           |          
|           |           |          
|___________|___________|
|           |           |          
|           |           |            
|           |           |           
|   資本      | アソシエーション  |           
|   C       | D   X     |           
|           |           |                    
|           |           |           
|___________|___________|

という 「近代の社会構成体」図(p.15)もしくは「交換様式」図(p.15)に依拠しており、同じ構成を持つ『世界共和国へ』の拡大版である(p.43に以下の世界システムの図式としてより詳細に図示されている)。

 _______________________
|           |           |          
|           |           |          
|           |           |           
|   世界=帝国   | ミニ世界システム  |          
|           |           |          
|           |           |          
|           |           |          
|___________|___________|
|           |           |          
|           |           |            
|           |           |           
|   世界=経済   |   世界共和国   |           
| (近代世界システム)|           |           
|           |           |                    
|           |           |           
|___________|___________|

 「世界システム」図(p.43より)

さらに、随所に達見があり、体系的叙述の持つスケールの大きさがよりいっそう明らかになった。

個人的には第二部第4章で老子に触れていたのが興味深い(p.231)。
トルコのアレヴィ派にも触れている(p.490)

全体を図示すると以下になる(ヘーゲルのトリアーデと比べると興味深いが、パラメータが明確な分、柄谷の考察は明確に脱神秘主義的と言える)。


イ序説 交換様式論*______________________________________
|ハ序論 国家の起源  |     |     |ロ序論 氏族社会への移行           |
|     |2ルソー |4ローマ |1アジア |           |           |
|6官僚制 | ホッブズ|(亜周辺)(中心、中核)           |           |
|___第1章国家___|__第3章世界帝国__|       第1章定住革命         |
|     |     |     |     |        サーリンズ、モーガン     |
|     |     |3ギリシア|5封建制 |           |           |
|     |     |     |2周辺と亜周辺          |           |
|_____|_第二部 世界=帝国_|ウィットフォーゲル_第一部 ミニ世界システム_______|
|         (B)1呪術から宗教へ   |         (A)(再分配)|(互酬) |
|           | ウェーバー、ニーチェ|           | B国家 |Aネーション
|           |2帝国と一神教    |           |  (交換様式)   |
|  第2章世界貨幣  |  第4章普遍宗教  | 第2章贈与と呪術  |_*イ序説 交換様式論|
|3『リヴァイアサン』と|3模範的、4倫理的預言者  モース、クラストル|  近代の社会構成体 |
| 『資本論』     |     6キリスト教|           |(商品交換) (X) |
|  ホッブズ、マルクス|8イスラム教・仏教・道教           | C資本 |D X  |
|___________|___________|___________4交通概念、モーゼス・へス
|ニ序論 世界=帝国と世界=経済 ウォーラーステイン          |           |
| ドップ、スウィージー、ブローデル、ポランニー|           |           |
|4マルクスの国家論  |    2アンダーソン|           |           |
|  第1章近代国家  |第3章ネーション   |           |           |
|3カール・シュミット |    4バウムガルテン           |           |
|           |           |           |           |
|           |           |           |           |
|____第三部 近代世界システム_______|_____ホ第四部 現在と未来________|
|          (C)ロールズ      |          (D)4カントとヘーゲル |
|           |9福祉国家主義    |           |     5贈与による|
|           |第4章        |           |      永遠平和 |
|  第2章産業資本  |アソシエーショニズム |第1章世界資本主義の | 第2章世界共和国へ |
|           |     3経済革命と|   段階と反復   |           |
|7アダム・スミス   |      政治革命 |           |           |
|           |      プルードン|4ネグリ&ハート   |           |
|___________|___________|___________|___________|

追記:


ボロメオの環(p.330)を考慮すると、以下の並びがカントの
量 質
関係様相
に対応する。

 _______________________
|           |           |          
|           |           |            
|           |           |           
|   資本      | アソシエーション  |           
|   C       | D   X     |           
|           |           |                    
|           |           |           
|___________|___________|
|           |           |          
|           |           |          
|           |           |           
|   国家      | ネーション     |          
|   B       | A         |          
|           |           |          
|           |           |          
|___________|___________|

逆に言うと、以下のように考えられる。

 _______________________
|           |           |          
|           |           |          
|           |           |           
|   国家      | ネーション     |          
|   B       | A         |          
|   関係      | 様相        |          
|  *一般的等価形態3|*貨幣4       |          
|___________|___________|
|           |           |          
|           |           |            
|           |           |           
|   資本      | アソシエーション  |           
|   C       | D   X     |           
|   量       | 質         |                    
|*拡大された価値形態2|*単純な価値形態1  |           
|___________|___________|

参照: 「近代の社会構成体」の図示(p.15)

*は価値形態論と合わせた場合。

感性
|\
| \ 
| /想像力
|/
悟性

資本_アソシエーション 
|\ |
| \| 
| /ネーション
|/
国家

量__質
|\ |
| \| 
| /様相
|/
関係


以下、

C D
B A 、バージョン。

 _______________________________________________
|           |     3経済革命と|           |  4カントとヘーゲル|
|7アダム・スミス   |       政治革命|4ネグリ&ハート   |     5贈与による|
|           |第4章   プルードン|           |      永遠平和 |
|  第2章産業資本  |アソシエーショニズム |第1章世界資本主義の | 第2章世界共和国へ |
|           |           |   段階と反復   |           |
|           |9福祉国家主義    |           |           |
|           |    ロールズ   |           |           |
|____第三部 近代世界システム(C)____|_____ホ第四部 現在と未来________|
|ニ序論 世界=帝国と世界=経済 ウォーラーステイン         (D)          |
| ドップ、スウィージー、ブローデル、ポランニー|           |           |
|           |           |           |           |
|  第1章近代国家  |第3章ネーション   |           |           |
|           |           |           |           |
|3カール・シュミット |    2アンダーソン|           |           |
|4マルクスの国家論  |    4バウムガルテン           |           |
|___________|___________|___________|4交通概念______|
|           |  1呪術から宗教へ |           (商品交換)| (X) |
|ホッブズ、マルクス  | ウェーバー、ニーチェ|           | C資本 |D X  |
|           |2帝国と一神教    |           |  (交換様式)モーゼス・へス
|  第2章世界貨幣  |  第4章普遍宗教  | 第2章贈与と呪術  |_*イ序説 交換様式論|
|3『リヴァイアサン』と|3模範的、4倫理的預言者  モース、クラストル|  近代の社会構成体 |
| 『資本論』     |     6キリスト教|           |(再分配)|(互酬) |
|           |8イスラム教・仏教・道教           | B国家 |Aネーション
|_______第二部 世界=帝国_______|____第一部 ミニ世界システム_|_____|
|ハ序論 国家の起源 (B)    |5封建制 |ロ序論 氏族社会への移行 (A)       |
|     |     |3ギリシア|2周辺と亜周辺          |           |
|     |     |     |ウィットフォーゲル        |           |
|___第1章国家___|__第3章世界帝国__|       第1章定住革命         |
|     |     |     |     |        サーリンズ、モーガン     |
|     |2ルソー |4ローマ |1アジア |           |           |
|6官僚制 | ホッブズ|(亜周辺)(中心、中核)           |           |
|_____|_____|_____|_____|___________|___________|


参考→『世界共和国へ』索引
[PR]
by yojisekimoto | 2010-06-25 16:10 | 柄谷行人


<< 『世界史の構造』参考文献表 タマシイレボリューション >>