Bienvenido Mr Marshall trailer

先日(2010年11月13日)亡くなったスペインの映画監督ルイス・ガルシア・ベルランガ(Luis Garcia Berlanga、1921-2010)の代表作、「Bienvenido Mr Marshall (ようこそ、マーシャルさん!)」


内容はアメリカのマーシャルプランを皮肉ったものらしい。
スペイン内戦の余波で戦後も苦労した人物のようだ。スペイン内戦に関してはケン・ローチなどが描いているがもっと知られていい。
(マーシャルプランに関してはイタリアのボローニャが持ち前の自立精神からそれを拒絶したと聞いたことがある。乾英一郎著『スペイン映画史』140頁〜によればスペインにマーシャルプランは適用されなかったので、これはまったくのフィクションであると言う。)

[PR]
by yojisekimoto | 2010-11-18 12:40 | 映画


<< イスラエル、レスリング、大相撲 「危機の時代のキリスト教」佐藤... >>