イニエスタ

先のウエンブリーで行われた欧州チャンピオンズリーグ決勝、イニエスタの活躍は見事だった。





『ゴダール・ソシアリズム』のバルセロナを描いた部分で引用された、ファウルを受けるイニエスタ。相手はマンUではなくマンチェスターシティ。↓

http://pds.exblog.jp/pds/1/201012/23/41/a0024841_4312170.jpg



『アワーミュージック』では「共産主義はウェンブレーでブダペスト・ホンヴェードがイギリスを打ち負かした2×45分間だけ、真に存在した」(大意)というコメントがあった
http://d.hatena.ne.jp/tricheur/20101218/1292630220
http://www.sofoot.com/godard-est-un-socio-126453-article.html

ゴダールが絶賛したハンガリーのサッカー

ゴダールはブダペストのホンヴェド(1950年代のハンガリー サッカー、マジックマジャールとも呼ばれる)を「共産主義が本当に存在したなら、共産主義をもっともよく体現した」と述べている(「ユリイカ」2002.5)

「共産主義が一度だけ存在した。あのときだけだ」「ウエンブリー・サッカー・スタジアム1953年ハンガリーがイングランドに6-3で勝った。英国の個人プレーに対し、ハンガリーは全員で戦った。」(『アワーミュージック』)
http://homepage3.nifty.com/net1896/space131.html
50年以上前のウエンブリー

[PR]
by yojisekimoto | 2011-05-30 23:03 | スポーツ


<< 宮沢賢治とディラン 国民、国家、資本の揚棄が、国家... >>