パスサッカーの陥穽

なでしこジャパンも、ザックジャパンも同じ間違いを犯している。
それはポストプレイヤーの軽視である。
日本人に大型FWがいないのは認めるが、それは機能としてのポストプレイヤーを放棄する理由にならない。
ポスト役を使わないのは、日本に優秀なゴールキーパーがいないという理由からゴールキーパーを置かないようなものだ。
ポスト役がいない、つまり楔のボールが中央に入らなければ、結果的に裏狙いもサイド攻撃も活きないし、なによりゴールキックのターゲットがなくなるからキーパーに迷いが生じる。

なでしこだったら、永里か高瀬は絶対に前線に必要なのだ。
ザックジャパンであったら、本田がいなければ前田が必要なのだ。

先日の男子対北朝鮮戦ではハーフナーマイクが最後に出場したし、なでしこだったら対韓国戦に永里が最後に出場した。

これらはもっと早く出場すべきだった選手だ。

こうした事態が意味するのは、機能を構造的に把握出来ていないということだと思うし、FWに似たタイプの速攻専用選手を2人並べるのは人間の個性に対する無理解を暴露しているとさえ思う。

一人一人の個性が如何に大事かを理解するためには、『七人の侍』あたりを選手スタッフ全員で見るべきだろう。

a0024841_1524478.jpg



a0024841_15284360.jpg


追記:
監督がパス練習を見てその巧さに酔ってしまうのだろうが、サッカーは円陣のなかでボールを回す競技ではない。
むしろ円の外に出てゆく競技である。それには反転、ターンする能力が不可欠だ(ちなみにスペインの中盤には全員この能力があり、ドリブルも出来るからプレーの選択肢が無限に広がる)。
敵を背負う能力のない選手でもポスト役に一度ボールを当てることで外に出て行ける。





(図:スピノザ『エチカ』二補助定理3のあとの公理2より)

単純な物理である。
[PR]
by yojisekimoto | 2011-09-04 15:08 | スポーツ


<< DASH村、ひまわり栽培 The Beatles - T... >>