文庫版『柳田国男全集』柄谷行人言及箇所:メモ

             (リンク::::::::::民俗学柳田国男文庫版目次作業用目次=本頁柄谷行人

文庫版柳田国男全集において、柄谷行人が文春文庫『遊動論 柳田国男と山人』(頁数)で言及したもの。@は引用。
『遊動論』付録年譜参照。


第1巻 
海上の道(28,87)……………………………………… 7
 「鼠の浄土」(131@)
海南小記(27)…………………………………… 297
島の人生…………………………………… 525
 「島々の話 その四」(89?=第27巻「島の話」の間違い?)
*解説(福田アジオ)(28)…………………… 689


第2巻 
雪国の春(94)……………………………………… 7
豆の葉と太陽……………………………… 345
 「民俗学の話」(24@)

第3巻 
ジュネーブの思い出(92-3@)……………………… 389

第4巻 
遠野物語(31,32,33,35,46,52,67,72@,76)……………………………………… 7
山の人生(70,89@@,116-7@)………………………………………77
 「山人考」(41@,85@@)
 「山に埋もれたる人生のある事」(61@)
山人外伝資料(85-6@)……………………………… 385

第5巻 
後狩詞記(35,52,67.69)……………………………………… 7
山民の生活(99)………………………………… 529


第6巻
妖怪談義……………………………………… 7
 「九州南部地方の民風」(68@,70-1@)
 「天狗の話」(72)

第7巻 
第8巻 
第9巻 
第10巻 
第11巻 
 

第12巻 
婚姻の話……………………………………… 7
 「聟入考」(146)
家閑談(154@,154-5@)……………………………………… 273
親方子方(151)…………………………………… 499


第13巻 
先祖の話(21-,22@,23,25,43,134@@@@@,136-7@,137-8@,140@,150@,167@168(@),174)……………… 7
日本の祭(123@,129@,132-3@,153-4@,169@)…………………………………… 211
神道と民俗学(55@,121-2@,128-9@,129@,134-5@)……………………………… 431
祭礼と世間(135@@)………………………………… 543
神道私見(49@@,129@,170@)…………………………………… 587


第14巻 
山宮考(24)……………………………………… 389

第15巻 
山宮考?

第16巻 
第17巻 
第18巻 


第19巻 
蝸牛考(111@)………………………………………… 7


第20巻 
家の話(152@)……………………………………… 419

第21巻

第22巻
小さき者の声(125@)……………………………… 335

第23巻
こども風土記(124-5@)………………………………… 7

第24巻
狼のゆくえ?(117)
山宮考?

第25巻

第26巻
明治大正史 世相篇(62@@,101-2@,102@,110)………………………… 7


第27巻
青年と学問………………………………… 115
 「青年と学問」(97@,98(@),)
 「南島研究の現状」(90@)
 「東北研究者に望む」(94@)
 「郷土研究ということ」(108-9@)
 「島の話」(89@)
東北と郷土研究(114@)…………………………… 486
実験の史学(11@,37,37,81@@,108,112@,112-3@,115)………………………………… 518

第28巻 
郷土生活の研究法(110@,118,130@@,151)…………………………… 7
民間伝承論(81-2@,110@「重出立証法」,112@@,113@,115@)………………………………… 245

第29巻
時代ト農政(59-60@,62-3@,63-4@)…………………………………… 7
日本農民史(103)………………………………… 229
都市と農村(15@)………………………………… 333

第30巻 
第31巻 

第32巻 
炭焼日記(13)………………………………… 163
野辺の小草(叙情詩)
 「夕づゝ 」
 かのたそがれの国にこそ/こひしき皆はいますなれ/うしと此世を見るならば/我をいざなへゆふづゝよ..(73-4@)...50
 (定本柄谷行人集第一巻172頁参照)


文庫未収録:
「故郷七十年」(46-7@,48@)
「故郷七十年拾遺」(53-4@)
『近世奇談全集』序言(50-1@)
「世界苦と孤島苦」(27?,90@,91-2@)
「国際労働問題の一面」(95-6@)
「南方氏の書簡について」(107-8@)
「折口信夫対話集」(170,171@)

[PR]
by yojisekimoto | 2014-01-20 09:17 | 柄谷行人


<< 『資本論』冒頭翻訳各種:(価値... 堺利彦「社会主義鳥瞰図」 >>