ヨハン・クライフ(1947~2016) その可能性の複数の中心

ヨハン・クライフ(1947~2016)
その可能性の複数の中心



クライフターン、トータルフットボール

その可能性は複数の中心を持つ



クライフのすごいところはポジショニングだ。

1974年のブラジル戦、西ドイツ戦のビデオで見たとき、動いて欲しいところにクライフが動いていて驚いた。ゲームで自分が動かしているかのようだった。

つまらない試合もクライフの手にかかると面白くなる。

ユーロで優勝したギリシアを攻撃的に再解釈したのもその一例だ。

今日のバルサもクライフがいなければ至高の存在足り得なかった。

バルセロナやバイエルン、自治と自主管理の伝統とサッカーはともにある。

自分にとってクライフは21世紀最大のアナーキズムの思想家だ。
[PR]
by yojisekimoto | 2016-03-31 22:36 | スポーツ


<< フェルガナ運河 経済表=フロー循環図:再考 >>