カテゴリ:科学( 7 )

動物の進化と系統:メモ

    動   物   の   進   化   と   系   統

魚類は古生代に、爬虫類・両生類は中生代に、哺乳類はおもに新生代に多種多様に進化した
と考えられています(『動物進化図鑑』より)。

   |古生代      |中生代      |新生代 
   |5億4300万年前|2億5000万年前|6500万年前
☆  |         |         | 
┏━━|━━━━━━━━カイメンの仲間━━━━|━━━━━━━━━海綿動物
┃  |         |         |
┃┏━|━━━━━━━━クラゲ、イソギンチャクなど━━━━━━━━刺胞動物
┫┃ |         |         |
┃┃ ┏━━━━━━━━━|━━━二枚貝、巻貝など━━━━━━━━━━━軟
┃┃┏┫┏━━━━━━━━|━━━オウムガイの仲間━━━━━━━━━━━体
┗┫┃┗┫┏━━━━━━━|アンモナイトの仲間|            |
 ┃┃|┗┫       |         |            動
 ┃┃| ┗━━━━━━━|━━━タコ、イカの仲間━━━━━━━━━━━物
 ┃┃|         |         |
 ┃┃|┏━━━━━━━━|━━━鋏角類(サソリ、クモなど)━━━━━━節
 ┗┫┏┫┏━━━━━━━|━━━多足類(ムカデ、ヤスデなど)━━━━━足
  ┃┃┗┫┏━━━━━━|━━━甲殻類(エビ、カニなど)━━━━━━━|
  ┣┫ ┗┫      |         |            動
  ┃┃  ┗━━━━━━|━━━━━━━━━|━━━━━━━━昆虫━━物
  ┃┗━━━━━三葉虫━|         |
  ┃|         |         |
  ┃┏━━━━━━━━━|━━━━━━━━━|━━━━━━━━━棘皮動物
  ┗┫         |         |
   脊 椎 動 物   |         |
   ┗┳━━━━━━━━|━━━━━━━━━|━━━━━━━━無顎類 魚
   |┣━━━━━━━━|━━━━━━━━━|━━━━━━━軟骨魚類 |
   |┃┏━━━━━━━|━━━━━━━━━|━━━━━━━条鰭魚類 |
   |┗┫┏━━━━━━|━━━━━━━━━|━━━━━━━肉鰭魚類 類
   | ┃┃┏┳迷歯類━|━━━━━━━━ |
   | ┃┃┃┃  ┏━|━━━━━━━━━|━━━━━━━━無尾類 両
   | ┗┫┃┃ ┏┫ |         |            |
   |  ┃┃┗━┫┗━|━━━━━━━━━|━━━━━━━━有尾類 生
   |  ┃┃  ┃  |         |            |
   |  ┗┫  ┗━━|━━━━━━━━━|━━━━━━━━無足類 類
   |   ┃     |         |
   |   ┃   ┏━|━━━━━━┳━━|━━━━━━━トカゲ類 爬
   |   ┃   ┃ |      ┗━━|━━━━━━━━ヘビ類 |
   |   ┃┏━━┫┏|━━━━━━━━━|━━━━━━━━カメ類 虫
   |   ┃┃  ┗┫|┏━━━━━━━━|━━━━━━━━ワニ類 |
   |   ┃┃   ┗|┫        |            類
   |   ┗┫    |┗━━┳恐竜━━━|
   |    ┃    |   ┗━━━━━|━━━━━━━━━━鳥類
   |    ┃┏盤竜類|         |
   |    ┗┫┏━━獣弓類━━━━━━ |     
   |     ┗┫  |  ┏━━━━━━|━━━━━━━━単孔類 哺
   |      ┃  |  ┃ ┏━━━━|━━━━━━━━有袋類 |
   |      ┗━━|━━┫ ┃    | ┏━━━━━━海牛類 |
   |         |  ┃ ┃ ┏━━|━┫          |
   |         |  ┗━┫ ┃  | ┗━━━━━━長鼻類 |
   |         |    ┃ ┣━━|━━━━━━━━異節類 |
   |         |    ┃ ┃  | ┏━━━━━げっ歯類 |
   |         |    ┃ ┃ ┏|━┫          |
   |         |    ┗━╋━┫| ┗━━━━━ウサギ類 乳
   |         |      ┃ ┗|━━━━━━━━霊長類 |
   |         |      ┃  |┏━━━━━━━翼手類 |
   |         |      ┃  |┣━━━━━━━食肉類 |
   |         |      ┗━━|┫           |
   |         |         |┣━━━━━━━奇蹄類 |
   |         |         |┃┏━━━━━━偶蹄類 |
   |         |         |┗┫          |
   |         |         | ┗━━━━━クジラ類 類


http://2.bp.blogspot.com/-gRSlZL3m65A/UVERTcsedsI/AAAAAAAAUWQ/x_uP390Iaf8/s1600/scan-001b.jpg


参考:

約40億年前
原子生命
     ┏真正細菌━━━━━━━━━
 共通祖先┫ (原核生物)
     ┃┏古細菌━━━━━━━━━
     ┗┫     ┏原生動物界━
      ┗━真核生物┫
            ┗┳植物界━━
             ┗┳菌界━━
              ┗動物界━☆

a0024841_347013.jpg
http://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/0/02/Tree_of_life_ja.svg
「真性」細菌ではなく「真正」細菌(=古細菌/アーキアと共に原核生物のひとつ)が正しい。
また、古細菌の位置づけは最新の研究では少し違うかも知れない。




             ☆  古細菌
人類(=猿、原、旧、新人) ☆ |   真正細菌       ☆
         霊長類   ☆|(原核  / 原生動物  ☆
    鳥類   哺乳類\   | 生物)/ /     ☆
      \    \_\  |   / /(真核生物)  
      /    _\   |  / /   ____蘚(せん)類
    (恐竜)  /     | / /   /\________苔類 
 爬虫類  \  /      | \ \  /  \
   \  / /\      |_|\/\ \   \  <植物>  
    \/\/ /       |    \/|   |
<脊椎動物>  /      共通祖先     |   |___シダ植物門
       |_        |      |   |\  
両生類____| |_    原始生命  __/_   | \_裸子植物
    _____| |_      _|_   | /   
   /      _| \   _|_  |  | \___被子植物
 魚類      /    \_|_  | |   \    
   ☆    /   /\/   | | |    \  ☆ ☆ ☆ 
  ☆    / /\/  \   | |  \    \  
 ☆ 棘皮動物 / /   /   | |   \  ☆ <菌類>
       昆虫/   /    | |    \  ☆  
       節足動物 /     | |  海綿動物  ☆  
           線形動物   |刺胞動物
   <無脊椎動物>     軟体動物

         http://www.timetree.org/poster/timetree_lg.jpg
         http://nam21.sakura.ne.jp/13.jpg
http://2.bp.blogspot.com/-gRSlZL3m65A/UVERTcsedsI/AAAAAAAAUWQ/x_uP390Iaf8/s1600/scan-001b.jpg

参考別ブログ:http://nam-students.blogspot.jp/2013/03/blog-post_2476.html



http://www.biological-j.net/blog/2011/01/001076.html
[PR]
by yojisekimoto | 2013-04-29 22:03 | 科学

北海道大学 森谷武男博士 凄すぎる地震予知(2008年十勝沖地震)


http://www.youtube.com/watch?v=uD6bHcNTD7Q
[PR]
by yojisekimoto | 2012-03-20 02:05 | 科学

大陸移動説

リンク::::::::
Continental Drift

..


The number in the lower right represents millions of years ago.



Cenozoic 新生代 ほぼこの6300万年から
Mesozoic 中生代 2億3000万年前から6300万年前まで
Paleozoic 古生代 5億4200万から2億5100万年前まで
Precambrian 先カンブリア時代 5 億4,200万年前以前の期間(約40億年)

http://www.ucmp.berkeley.edu/geology/anim4.html


参考:
恐竜のいたMesozoic、中生代(三畳紀→ジュラ紀→白亜紀)








講談社moveより

泳ぐことのできないと思われるリストロサウルス↓(中生代三畳紀前期)の化石がアフリカと南米から出土することがヴェーゲナーの大陸移動説の根拠のひとつとなった。





『動物進化図鑑』より(刺皮ではなく棘皮動物が正しい)

__________

旧バージョン:



cenzonic 新生代
mesozoic 中生代 
paleozoic 古生代 

precambrian カンブリアン紀以前(5億5千万年以上前)
http://www.ucmp.berkeley.edu/geology/anim4.html
[PR]
by yojisekimoto | 2012-03-01 19:45 | 科学

四元素論、五行説、ひも理論

「…エンペドクレスの四元素論は、原始論からみると不徹底に見えるが、逆に、原子論に解消できない性質をとらえようとしているともいえる。
 このことはむしろ、原子論を自然哲学としてではなく、社会哲学としてみるときに重要となる。」(『新潮』2011年10月)


柄谷行人が『哲学の起源』連載第5回目でエンペドクレスの四元素論を擁護している。
素粒子など最小単位に眼を向けるよりも、質的な問題を解決するようなバランスを仮象としてでも提示する方がより有効だということだろう。

それは五行説*から現代のひも理論にいたるまで共通する考え方かも知れない。

a0024841_22562889.jpg



(M理論はMという文字が5つの点をつなぐことからの命名だろう)

もっとも柄谷が着目するのは社会哲学への応用であって、上記の動画で言えば、そこで紹介される研究チームのトランスナショナルなあり方こそ重要なのかも知れない。



五行説の構成アイテム (五元素)

   水

金  土  木

   火

(董仲舒 〜とうちゅうじょ B.C.179?-B.C.104?〜の五行説はひとつが真ん中に位置するので四元素論と極めて似ている)
http://zipangu.cocolog-nifty.com/blog/2008/11/198-2b67.html

 五行は、センターを 「土」 とし、
上から時計回りに、「水」⇒「木」⇒「火」⇒「金」の順。
[PR]
by yojisekimoto | 2011-12-23 22:58 | 科学

SCALE for SPACE ~ASADA'S SCALE~


建築家、浅田孝のスケール図(『環境開発論』)に触発された映像作品。
浅田彰の伯父の浅田孝(1921-1990)はメタボリズム=新陳代謝主義?の代表的な建築家だった( 浅田彰「メタボリズムをめぐって」『Anyhow』より)。
似たような作品は他にもあるかも知れないが、元ネタとなる情報、方法論を開示してゆく姿勢が素晴らしい。知識を共有し、どうぞ使ってくださいというわけだ。近代的な知のあり方だと思う。

映像そのものは孝のお孫さん?である女性映像作家、浅田真理氏の制作らしい、、、
彰氏との関係はどうなるかというと、、、

スケール図より家系図が必要かも。。。
[PR]
by yojisekimoto | 2011-10-02 22:15 | 科学

バーチャルリアリティー

キネクトを購入してみたが以下のようにいろいろな使い方があるようだ。
これらはバーチャルリアリティーではなく拡張現実(Augmented Reality / オーグメンテッド・リアリティ)と呼ばれる。



MMD?をつかったソフトの制作はCGM?の典型かも知れない。
あるいは、

参考:


シネフッェックスNo.16を読むと『アバター』ではフェイシャル・キャプチャー(モーションキャプチャーの表情版で改良必要な点が多々ある)とバーチャル・カメラ(様々な縮尺の背景に対応)が画期的だったことがわかる(3Dカメラ等は周知ということで少ししか触れられていない)。
サイマルカムというリアルタイムの合成システムが両者を統合するものとして位置づけられる。

こうした技術(「現実の演算」が基礎になる)の進歩が一本の映画製作とともに進行するケースは珍しいし、何よりも世界観のようなものが新たにつくられて行く様子が面白い。

キネクトとCGMによるソフト制作は『アバター』を一般化するものだが(ただしキネクトは『マイノリティリポート』の世界に近いと言った方がわかりやすいかも知れない)、サイマルカムはまだハードルが高い。
[PR]
by yojisekimoto | 2010-12-24 03:18 | 科学

Music On Voyager Record



【宇宙】ボイジャー1号、33年かけ太陽系の果てへ/太陽風の速度がゼロに…NASA

 【ワシントン=山田哲朗】米航空宇宙局(NASA)は13日、
1977年に打ち上げた探査機「ボイジャー1号」が観測している太陽風の速度が
ゼロになったと発表した。

 太陽から吹き出す太陽風が届く範囲「太陽圏」の端に近づいていることを示しているという。

 同機は現在、太陽から約170億キロ・メートル離れた場所を
秒速約17キロ・メートルで飛行中。
あと4年で「へリオポーズ」と呼ばれる太陽圏の境界を脱出、
太陽系外探査へ踏み出す見通しだ。

 やはり1977年に打ち上げられた「ボイジャー2号」はやや遅れて
別の方向へ向かっている。
両機には、地球外の知的生命体に遭遇することを考え、
様々な音楽や言語を録音したレコードが搭載されている。

YOMIURI ONLINE
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20101214-OYT1T00906.htm
http://www.nasa.gov/images/content/154735main_voyager-20060815b-browse.jpg
NASA Probe Sees Solar Wind Decline
http://www.nasa.gov/mission_pages/voyager/voyager20101213.html

惑星探査機ボイジャーに乗せられているボイジャーレコードには世界中の音楽が収録されており、作詞家・作曲家・編曲家「交響曲第5番 運命」、作詞家・作曲家・編曲家「魔笛」、「ジョニー・B・グッド」、日本から伝統芸能・演芸による尺八の演奏を収録。






Music On Voyager Record
http://voyager.jpl.nasa.gov/spacecraft/music.html

Bach, Brandenburg Concerto No. 2 in F. First Movement, Munich Bach Orchestra, Karl Richter, conductor. 4:40
Java, court gamelan, "Kinds of Flowers," recorded by Robert Brown. 4:43
Senegal, percussion, recorded by Charles Duvelle. 2:08
Zaire, Pygmy girls' initiation song, recorded by Colin Turnbull. 0:56
Australia, Aborigine songs, "Morning Star" and "Devil Bird," recorded by Sandra LeBrun Holmes. 1:26
Mexico, "El Cascabel," performed by Lorenzo Barcelata and the Mariachi M騙ico. 3:14
"Johnny B. Goode," written and performed by Chuck Berry. 2:38
New Guinea, men's house song, recorded by Robert MacLennan. 1:20
Japan, shakuhachi, "Tsuru No Sugomori" ("Crane's Nest,") performed by Goro Yamaguchi. 4:51
Bach, "Gavotte en rondeaux" from the Partita No. 3 in E major for Violin, performed by Arthur Grumiaux. 2:55
Mozart, The Magic Flute, Queen of the Night aria, no. 14. Edda Moser, soprano. Bavarian State Opera, Munich, Wolfgang Sawallisch, conductor. 2:55
Georgian S.S.R., chorus, "Tchakrulo," collected by Radio Moscow. 2:18
Peru, panpipes and drum, collected by Casa de la Cultura, Lima. 0:52
"Melancholy Blues," performed by Louis Armstrong and his Hot Seven. 3:05
Azerbaijan S.S.R., bagpipes, recorded by Radio Moscow. 2:30
Stravinsky, Rite of Spring, Sacrificial Dance, Columbia Symphony Orchestra, Igor Stravinsky, conductor. 4:35
Bach, The Well-Tempered Clavier, Book 2, Prelude and Fugue in C, No.1. Glenn Gould, piano. 4:48
Beethoven, Fifth Symphony, First Movement, the Philharmonia Orchestra, Otto Klemperer, conductor. 7:20
Bulgaria, "Izlel je Delyo Hagdutin," sung by Valya Balkanska. 4:59
Navajo Indians, Night Chant, recorded by Willard Rhodes. 0:57
Holborne, Paueans, Galliards, Almains and Other Short Aeirs, "The Fairie Round," performed by David Munrow and the Early Music Consort of London. 1:17
Solomon Islands, panpipes, collected by the Solomon Islands Broadcasting Service. 1:12
Peru, wedding song, recorded by John Cohen. 0:38
China, ch'in, "Flowing Streams," performed by Kuan P'ing-hu. 7:37
India, raga, "Jaat Kahan Ho," sung by Surshri Kesar Bai Kerkar. 3:30
"Dark Was the Night," written and performed by Blind Willie Johnson. 3:15
Beethoven, String Quartet No. 13 in B flat, Opus 130, Cavatina, performed by Budapest String Quartet. 6:37
[PR]
by yojisekimoto | 2010-12-15 01:10 | 科学