カテゴリ:仏教( 6 )

無有好醜

a0024841_22364195.jpg

無有好醜

柳宗悦 1950年代

「朝鮮の友に贈る書」の直筆原稿にも感銘を受けたが、柳宗悦展で一番気になった書

以下のサイトが詳しい
http://ameblo.jp/nibbaana/entry-11022202746.html

以下引用


『美の法門』は、『無量寿経』の「弥陀の48願」の第4願、通称「無有好醜の願」で始まる。民藝の根拠はこれだったんだ!と啓示を受けたのだという。

阿弥陀如来がまだ菩薩だったころ、
「この48個が実現しなければ私は如来になりませんように」という
願をかけたうちの、4つ目にあたる。


======無有好醜の願======================

(漢文)
設我得佛 國中人天 形色不同 有好醜者 不取正覺


(書き下し文)
たとい、われ仏となるをえんとき、国中の人・天、形色(ぎょうしき)同じからず、
好醜あらば、正覚を取らじ。


(梵文和訳)
世尊よ、かのわたくしの仏国土において、ただ世俗の言いならわしで
神々とか人間とかいう名称で呼んで仮に表示する場合を除いて、
もしも、神たちと人間たちとを区別するようなことがあるならば、
その間わたくしは<この上ない正しい覚り>を現に覚ることがありませんように。


『浄土三部経(上)』岩波文庫
==================================


阿弥陀のいる極楽浄土には好醜(美醜)の区別などない、ということ。


引用終わり

駒場の民芸館より展示が見易かった
[PR]
by yojisekimoto | 2011-12-02 22:38 | 仏教

弘明寺の両界曼荼羅:資料

横浜弘明寺(もとの名は求明寺)所蔵の両界曼荼羅(江戸時代作、幅三メートル以上)

a0024841_14354798.jpga0024841_14332371.jpg


金沢文庫刊行『曼荼羅』平成20年より



参考:

 _金剛界曼荼羅____西___________    _胎蔵界曼荼羅____東___________最
| ____________________文様帯  | __________ __________ 外
||      |       |      ||  ||  |______文殊菩薩_文殊院_|  |院
||      |   大日  |      ||  ||  |_釈迦院__釈迦如来_____|  ||
||      |   如来  |      ||  ||  |  |   遍智院   |  |  ||
||四印会___一印会_____|理趣会___||  ||  |  |____△____|  |  ||
||      |  阿弥陀  |      ||  ||地 |  |弥勒  宝幢 普賢|  |除 ||
||      |       |      ||  ||蔵 |蓮華|         |金剛|蓋 ||
南|      |宝生 大 不空|      |北  北 院 |部院| 天鼓 大 開敷 |手院|障  南
||      |   日 成就|      ||  ||  |  | 雷音 日 華王 |  |院 ||
||      |       |      ||  ||  |  中 台 八 葉 院 |  |  ||
||供養会___成身会_阿閦__|降三世会__||  ||  |  |観音_無量寿_文殊|  |  ||
||      |       |      ||  ||  |  |  持 明 院  |  |  ||
||      |       |      ||  ||  |__|_________|__|  ||
||      |       |降三世   ||  ||  |______虚空蔵院_____|  ||
||微細会___三昧耶会____|三昧耶会__||  ||__|______蘇悉地院_____|__||
|_______________________|  |___________ ___________|
            東                          西



         __本尊壇__
        |       |
        |   本   | 
        |   尊   |       
十       |_______|        十
二/|       _____        |\二
天\|      |     |       |/天
屏/|金     |  壇  |     胎 |\屏    
風\|剛     |_____|     蔵 |/風
   界       ___      (界)
   曼      | 阿 |      曼 
   荼      | 閦 |      荼
   羅      |_梨_|      羅


両界曼荼羅は本来上記(奉懸図)のように向かい合わせに掲げるが(合わせ鏡のようになる)。
 
[PR]
by yojisekimoto | 2011-10-27 14:18 | 仏教

両界曼荼羅とスピノザ



a0024841_1782378.jpga0024841_178292.jpg

両界(両部)曼荼羅、つまり胎蔵(界)曼荼羅及びそれと対になる金剛界曼荼羅はそれぞれ物質と精神に対応するとされるが(歴史的には中国における陰陽☯の影響が指摘される)、むしろ逆で、今日的には胎蔵が精神的で、金剛界が物質的に見える(西欧哲学の文脈と逆側へサブジェクトの意味合いが入れ替わっているのだ**)。 それは2つ合わせると、スピノザの思惟と延長という属性に対応し得る。これらは、柄谷のカントとマルクスに対応するかも知れない***。

胎蔵(界)曼荼羅に関しては以前カントと比較した事があるが(参考別サイト)、両界あわせると胎蔵界を理(物質)、金剛界を智(精神)となるところが(単純な一元論にはならない)、やはり延長と思惟の属性を分けたスピノザに似ている*(『空海曼荼羅』所収の藤巻一保の論考が図解入りでわかり易い)。

        大 日 如 来
           |
    ____六大=宇宙の実体_____
   |                 |
   |  地・水・火・風・空 ・識   |
   |  ア・バ・ラ・カ・キャ・ウン  |
   |  __________ __  |
   |   |         |   |
   |  物質         精神  |
   | 胎蔵界         金剛界 |
   |_______________|
            |
           ←|→
三蜜=宇宙の働き        四曼荼羅=宇宙の現れ
   用大                相大
                大曼荼羅   色彩 宇宙の具体像の現れ
身蜜 身体    印      三昧耶曼荼羅 象徴 宇宙の個別の象徴像の現れ
口蜜 言語/波動 真言     法曼荼羅   梵語 宇宙の波動像の現れ
意蜜 精神的   観想     羯磨曼荼羅  立体 全宇宙の姿そのもの
                

(『空海曼荼羅』49頁参照)

「悟る主体を智と呼び、悟られる対象を理と呼ぶ」(同64頁)

「真の観念はその対象(観念されたもの)と一致しなければならぬ。」(スピノザ「エチカ」第一部公理6


*注:

「エチカの『基本構成』」(工藤喜作『スピノザ』清水書院より)
原図は縦書き。参考
       __________________
能産的自然=|神=自己原因=実体=無限に多くの属性|……思惟の属性………延長の属性
      |__________________|
       _______________
      |        |直接無限様態|             |運動と静止
      |様 |無限様態<       |……………無限知性…………< 
所産的自然=|態 |     |関接無限様態|             |全宇宙の形貌
      |の<             | 
      |世 |            |                  |最単純物体      
      |界 |有限様態        |……………有限観念……………有限物体<
      |_______________|     ‖             |複合物体=個体
                           認識< 想像知       |  :  
                              |理 性       |無限に大きな個体
                              |直観知           ‖
                                           全自然

あるいは(改訂版)、

「エチカの『基本構成』」(工藤喜作『スピノザ』清水書院より)

 _____能産的自然________
|神=自己原因=実体=無限に多くの属性|__思惟の属性___延長の属性
|__________________|
 _____所産的自然_____
|        |直接無限様態|            |運動と静止
|様 |無限様態_|      |_____無限知性___|
|態 |     |関接無限様態|            |全宇宙の形貌 
|の_|            |     認識
|世 |            |      ‖                  
|界 |有限様態        |_____有限観念____有限物体
|_______________|      |        |    
                      想像知     最単純物体     
                      理 性     複合物体=個体 
                      直観知      : 
                              無限に大きな個体
                               ‖      
                              全自然

胎蔵(界)曼荼羅
 _______________________東_______________________
|那伊              日  天帝    天持 梵                 火|
|天舎 _____________天___釈__ __国_天_______________  天|
|天大| 賢|               文殊菩薩        文殊院     | 賢|最 |
| 黒|_瓶|_________________ _________________|_瓶|外 |
|天歓|  |               釈迦如来        釈迦院     |  |院 |
|・喜|  |_________________ _________________|__|・ |
|聖 |  |        |      遍 智 院  大 命普|        |  |外 |
|天 |  |◯  ◯  ◯ |仏准  仏仏  /\  菩勇 菩賢| ◯  ◯  ◯|  |金 |
|  |地 |        |母胝  母眼 /__\ 薩猛 薩延|__ __ __|除 |剛 |
|  |蔵 | 蓮華部院 至大|______一切如来智印_____|  金剛手院  |蓋 |部 |
|  |院 | (観音院) 勢|    中 台 八 葉 院    | ◯      |障 |院 |
|毘 |  |        |      _宝幢__      |__ __ __|院 |  |
|沙 |  |        |   弥勒|     |普賢   |        |  |増 |
|門 |  |      ◯ |   /_|_____|_\   | ◯      |  |長 |
|天 |地 |        |  |  |  大  |  |  |__ __ __|除 |天 |
北   蔵 |羂不 輪如 音聖|天鼓雷音 |  日  | 開敷華王|薩金      |蓋    南
|帝 |  |索空  意  観|  |  |  如  |  |  |埵剛 __ __|障 |焔 |
|釈 |  |        |  |__|__来__|__|  |        |  |摩 |
|天 |  |      多 |   観音|     |文殊   | ◯      |  |天 |
|・ |  |      羅 |    \|_無量寿_|/    |__ __ __|  |  |
|変 |  |        |      (阿弥陀)      |        |  |  |
|化 |  |      ◯ |_________________| ◯      |  |  |
|身 |  |        | 勝  大   般     隆 不|__ __ __|  |  |
|  |  |      馬 | 三  威   若 持明院 三 動|        |  |  |
|  |  |      頭 | 世  徳   菩     世  | ◯  ◯  ◯|  |  |
|  |  |________|________薩________|________|  |  |
|  |  |  千  |        虚空蔵菩薩 虚空蔵院     | 菩金  |  |  |
|  |__|  手  |_十_____________________| 薩剛  |__|  |
|  |賢 |  観  |観一 ◯ 明孔 ◯ 蘇悉地院 ◯ ◯ ◯ ◯ |  蔵  | 賢|  |
|  |瓶_|__音__|音面___王雀________________|__王__|_瓶| 羅|
|風        月   弁    水 天広 地                 在大 | 刹|
|天________天___才____天__目_天_________________天自_|_天|
              天         西       

               ___因__菩提心__中台八葉院___
   _______________根__大 悲__中台八葉院と最外院を除く全院______
 _________________究竟_方 便__外金剛部院(最外院)_____________
    
      宝幢C
            
天鼓雷音D 大日A  開敷華王B

      無量寿A
     (阿弥陀)

定印A、施無畏印B、与願印C、触地印D




金剛界曼荼羅
 _______________________西______________________
| __________________________________________文様帯|
||     /  \     | ____________ | ____________ ||
||    |    |    ||  /      \  |||  / /  \ \  |||
||    | 金剛法|    || /        \ ||| / | 愛金剛| \ |||
|| ___ \__/ ___ ||/     大    \|||/__ \__/ __\||| 
||/   \/  \/   \||      日     |||/  \/ 金\/  \|||
||金剛宝   大日  金剛業 ||      如     |||触金剛  薩剛  慢金剛|||
||\___/\__/\___/||      来     |||\__/\埵_/\_と/|||
||     /  \     ||\          /|||\   /  \/その妃|||
||    | 金剛 |    || \        / ||| \ |欲金剛 | / |||
||四印会 | 薩埵 |    |一印会\______/__||理趣会\_\__/_/__|||
||_____\__/_____|______________|______________||
|| ____________ |華_____鎖______灯| ____________ ||
|||  / /  \ \  |||水 / /  \ \ 風|||  / /  \ \  |||
||| / |    | \ ||| /鬘| 阿弥陀|歌\ ||| / |    | \ |||
|||/__ \__/ __\|||/__ (無量寿)__\|||/__ \__/ __\|||
|||/  \/  \/  \|||/  \/  \/不空\|||/  \/  \/  \|||
南||            ||索 宝生  大日  成就 鈴||            ||北
|||\__/\__/\__/|||\__/\__/\__/|||\__/\__/\__/|||
|||\   /  \/  /|||\ 嬉 /  \/舞 /|||\   /  \/  /|||
||| \ |    | / |||火\ | 阿閦 | /地||| \ |    | / |||
||供養会\_\__/_/__||成身会\_\__/_/__||降三世会_\__/_/__|||
||______________|香_____鉤______塗|______________||
|| ____________ | ____________ | ____________ ||
|||  / /  \ \  |||  / /  \ \  |||  / /  \ \  |||
||| / |    | \ ||| / |    | \ ||| / |    | \ |||
|||/__ \__/ __\|||/__ \__/ __\|||/__ \__/ __\|||
|||/  \/  \/  \|||/  \/  \/  \|||/  \/  \/  \|||
|||            |||            |||            |||
|||\__/\__/\__/|||\__/\__/\__/|||\__/\__/\__/|||
|||\   /  \/  /|||\   /  \/  /|||\   /  \/  /|||
||| \ |    | / ||| \ |    | / ||降三世 |    | / |||
||微細会\_\__/_/__||三昧耶会_\__/_/__||三昧耶会_\__/_/__|||
||______________|______________|______________||
|_______________________東______________________|

中央成身会:詳細

四摂智菩薩 非行人間を
金剛鉤菩薩(ひっかけて)
金剛索菩薩(たぐりよせ)
金剛鎖菩薩(動けなくして)
金剛鈴菩薩(警鐘を鳴らす)

(『「理趣経」入門』大栗道栄117ー8頁より)


    阿弥陀B
            
宝生C 大日E  不空成就A

    阿閦D

施無畏印A、定印B、与願印C、触地印D、智拳印E(胎蔵とはAとBが逆)
 


_五仏___九識____四方__五智_____五印______
不空成就  五識    北  成所作智   施無畏(せむい)印
阿弥陀   意識6   西  妙観察智   禅定印
宝生    末那識7  南  平等性智   与願(よがん)印
阿閦    阿羅耶識8 東  大円鏡智   触地(そくち)印
大日如来  阿摩羅識9 中央 法界体性智  智拳印

九識・五智・五仏の対応関係

http://www.sakai.zaq.ne.jp/piicats/gochigobutsu.htm
http://www.sakai.zaq.ne.jp/piicats/mandara2.htm

追記:
両界曼荼羅は本来以下(奉懸図)のように向かい合わせに掲げるが(合わせ鏡のようになる)、先日の上野の国立博物館ではそれが再現されていなかった。

         __本尊壇__
        |       |
        |   本   | 
        |   尊   |       
十       |_______|        十
二/|       _____        |\二
天\|      |     |       |/天
屏/|金     |  壇  |     胎 |\屏    
風\|剛     |_____|     蔵 |/風
   界       ___      (界)
   曼      | 阿 |      曼 
   荼      | 閦 |      荼
   羅      |_梨_|      羅
 

肝心の大日如来が東寺からのものではないから立体曼荼羅の再現とも言い難い。
東寺立体曼荼羅全体の8/21しか来ていないのだから仕方ないが。
やはり東寺へいくべきだ。
ただし、東寺では見られない仏像の裏側を見ることが出来、音声ガイド、物販は充実していた。

補記:

両曼荼羅をカント体系に位置づけるなら、それぞれ感性(及び悟性)と理性ということになろう。

http://yamatokoji.blog116.fc2.com/blog-entry-251.html
「胎蔵曼荼羅が真理を実践的な側面、現象世界のものとして捉えるのに対し、金剛界曼荼羅では真理を論理的な側面、精神世界のものとして捉えていると考えられる。」


**

    /\  精神
   /理性\→能動   カント以降、西洋の主体↑
  / 判断力\       
 /  悟性  \    今日における日本の主体↓
/___感性___\←受動
           物質

***写真↓は『トランスクリティーク』韓国語版(2005)の見開きより(左右逆にした)。

a0024841_16585095.jpga0024841_16583426.jpg






 _金剛界曼荼羅____西___________    _胎蔵界曼荼羅____東___________最
| ____________________文様帯  | __________ __________ 外
||      |       |      ||  ||  |______文殊菩薩_文殊院_|  |院
||      |   大日  |      ||  ||  |_釈迦院__釈迦如来_____|  ||
||      |   如来  |      ||  ||  |  |   遍智院   |  |  ||
||四印会___一印会_____|理趣会___||  ||  |  |____△____|  |  ||
||      |  阿弥陀  |      ||  ||地 |  |弥勒  宝幢 普賢|  |除 ||
||      |       |      ||  ||蔵 |蓮華|         |金剛|蓋 ||
南|      |宝生 大 不空|      |北  北 院 |部院| 天鼓 大 開敷 |手院|障  南
||      |   日 成就|      ||  ||  |  | 雷音 日 華王 |  |院 ||
||      |       |      ||  ||  |  中 台 八 葉 院 |  |  ||
||供養会___成身会_阿閦__|降三世会__||  ||  |  |観音_無量寿_文殊|  |  ||
||      |       |      ||  ||  |  |         |  |  ||
||      |       |      ||  ||  |__|____持明院__|__|  ||
||      |       |降三世   ||  ||  |______虚空蔵院_____|  ||
||微細会___三昧耶会____|三昧耶会__||  ||__|______蘇悉地院_____|__||
|_______________________|  |___________ ___________|
            東                          西
[PR]
by yojisekimoto | 2011-10-21 20:29 | 仏教

空海による「般若心経」読解(『般若心経秘鍵』):メモその3

空海(「般若心経秘鍵」角川文庫及び、ちくま文庫の空海コレクション2所収)によれば、大般若経(というより真言)の心髄を表した般若心経、全体は5つに分かれる。
空海の文章を読むと、教えの立場からの喜び、7つの宗派への分類☆☆☆☆、空の教義以上に真言を強調していることが印象に残り、全体的には、情熱的かつ緻密である。般若心経を読むものにとって必読書ではないか、と思う。
以下、前掲ちくま文庫345-6頁及び松長有慶著『空海、般若心経の秘密を読み解く』137-8頁より(一部改変)。


題目
   仏説摩訶般若波羅蜜多心経
        
          __因__ ___行____ _時_ ___証___ __入__
一 人法総通分___観自在菩薩 行深般若波羅蜜多  時、 照見五蘊*皆空、度一切苦厄。
        (人と法に関する総説。因・行・証・入・時)

二 分別諸乗分 (声聞と縁覚を含め、7つの宗派の教えが説かれているという。真言は四、五へ)
   |___健(華厳、普賢A)
   |      舎利子。色*不異空、空不異色、色即是空、空即是色。  ☆
   |      受想行識* 亦復如是。
   |___絶(三論、文殊B)                          |        
   |      舎利子。是諸法空相、不生不滅、不垢不浄、不増不減。       |
   |___相(法相、弥勒C)                        ☆☆|_______
   |      是故空中、無色、無受・想・行・識*、無眼・耳・鼻・舌・身・意 ||       |
   |      無色・声・香・味・触・法。無眼界、乃至、無意識界。      ||       |
   |___二(二乗、声聞と縁覚)                                |
   |      無無明@、亦無無明尽、乃至、無老死、亦無老死尽。(縁覚=独覚)_______  |
   |      無苦・集・滅・道。☆☆☆      (声聞=教えを受けた悟り)_____  | |
   |___一(天台、観自在菩薩D)                           | | |
          無智亦無得。以無所得故、                        | | |
                                              | | |
          _人__ __以下、法__ (修行の結果の説明)            | | |
               ___因と行__                       | | |
三 行人得徳分___菩提薩埵、依般若波羅蜜多故、           (因と行)      | | |
          __________入__________               | | |
          心無礙、無礙故、無有恐怖、遠離一切顛倒夢想、              | | |
          __________入_______                  | | |
          究竟涅槃。三世諸仏、依般若波羅蜜多故、      (涅槃に入ること)  | | |
          ____証_____                          | | |
          得阿耨多羅三藐三菩提。              (証)        | | |
                                              | | |
四 総帰持明分___故知、般若波羅蜜多、    (名体用、すべてが真言に帰することの説明) | | |
          是大神呪、  (声聞の真言)______________________| | |
          是大明呪、  (縁覚の真言)____________________|___| |
          是無上呪、  (大乗の真言)________________  | |     |
          是無等等呪、 (秘蔵の真言)(~以上、名)_______  | | |     |
          能除一切苦、            (用)       | | | |     |
          真実不虚。             (体)       | | | |     |
                                      | | | |     |
五 秘蔵真言分___故説、般若波羅蜜多呪。即説呪曰、            | | | |     |
        (真言~ここも5分割出来る~の解説)            | | | |     |
          羯諦          (1教えを聞いての悟り)____|_|_|_|     |
          羯諦          (2独自の悟り)________|_|_|       |
          波羅羯諦        (3法相、三論等修業の結果)__|_|_________|
          波羅僧羯諦       (4真言等修行の結果の結果)__|
          菩提薩婆訶       (5究極的悟りに入る意義)
          般若心経。


黒澤明『八月のラプソディー』にも般若心経が出て来る。
(三の行人得徳分から。五の冒頭までいったあと、三の途中までもどり、真言は7回繰り返す。単に時間合わせのサウンド処理の結果かも知れない。なお倶会一処という言葉が出て来るが、これは阿弥陀経の言葉で浄土真宗系のものである。)

参考:
 _________________        
|    中 台 八 葉 院    |
|      _宝幢__      |      
|  C弥勒|(与願印)|普賢A  |   
|   /_|__大__|_\   |   
|(触地印)|  日  |  |  |  
|天鼓雷音 |  如  | 開敷華王|   
|  |  |  来  |(施無畏印)      
|  |__|(禅定印)|__|  |
|  D観音|(阿弥陀)|文殊B  |
|    \|_無量寿_|/    |
|      (禅定印)      |
|_________________| 
      胎蔵曼荼羅中心部

普賢、文殊、弥勒、観音(観自在菩薩)は、胎蔵曼荼羅の中心部を占める。

 弥勒  (与願印)普賢          
(触地印)      (施無畏印)
  観自在(禅定印)  文殊
  

華厳宗はライプニッツに近いと言われる。
三論宗は龍樹の教えを集大成したもの。
法相宗は十二支因をもっとも意識づける。大乗の代表例。
二乗はそれぞれ小乗である。
天台宗は『法華経』を典拠とし、最澄が開祖である。


  ___    ___
 |   |  |   |
 | 色 |  | 空 | 
 |___|  |___|
   ___空
色_|_ 3|
| |2| |  
|1|_|_|
|___| 

三つの領域に区分される。
「色であり、かつ空でない」領域1、
「空であり、かつ色ではない」領域2、
「色であり、かつ空である」領域3の三者である。
この段階でさらに色と空は異ならないという規定を適用すると、前二者が否定されてしまい、
「色であり、かつ空である」だけが残る。
ここまでくると「色即是空 空即是色」と実質的に同じ意味になるだろう。
したがって、「色不異空 空不異色」は、ここまで両者を一体化させるために両者の観念を
重ね合わせようとする働きをしていたのである。

有の極端(=対象の実体化)でもなく無の極端(=虚無)でもない中道をゆくのが仏教である。

これまでの経文の意味を一括して図示すると以下のような図になるだろう。
         ___
        | 識 |
    ____|___|____
 __|_   |___|   _|__
|  | |         | |  |
| 色| |    空    | |行 |
|__|_|         |_|__|
   |  ___   ___  |
   |_|___|_|___|_|
     | 受 | | 想 |
     |___| |___|

あえて集合論的に表現するならば、「人間=空性∩(色∪受∪想∪行∪識)」と表記されるだろう。
http://kongou-koji.tea-nifty.com/blog/2008/02/9_7cc1.html
http://kongou-koji.tea-nifty.com/blog/2009/12/12-2f05.html


五蘊は次の5種である。
色蘊(しきうん) - 人間の肉体を意味したが、後にはすべての物質も含んで言われるようになった。
受蘊(じゅうん、vedanaa) - 感受作用  
想蘊(そううん、saMjJaa) - 表象作用
行蘊(ぎょううん、saMskaara) - 意志作用
識蘊(しきうん、vijJaana) - 認識作用  
(般若心経には、「五蘊皆空」と五蘊のうちの頭文字からなる「受想行識」という文言が含まれている。)

         識
        /\
    ___/行|\______
   /  / 想| \    /
  /  /__受___\  /
 /            /
/______色_____/
http://www.sets.ne.jp/~zenhomepage/gensi1.html

 ________________________
|色______受(想行)__識_______五蘊|
|色(しき) |眼(げん)|眼識(げんしき)|   ☆☆
|声(しょう)|耳(に) |耳識(にしき) |
|香(こう) |鼻(び) |鼻識(びしき) |
|味(み)  |舌(ぜつ)|舌識(ぜっしき)|
|触(そく) |身(しん)|身識(しんしき)|
|法(ほう)_|意(い)_|意識(いしき)_|
|六根____|六境、六処|六識______|
|____十二処_____|________|
|_________十八界_________|

度=克服する

      触______受_____愛
      /           /\  
     /       天   /  \
  六処/  阿        /    \取 
   /  修    ____/   人  \
  /  羅    /    \       \
名色_______/ 蛇  雄鶏\_______\有
 \       \   豚  /       /
  \   餓   \____/    畜  /
   \   鬼  /    \   生  /
   識\    /  地獄  \    /生   
     \  /        \  /
      \/__________\/
      行     無明     老死

    六道輪廻図(付:十二支縁起)

六道輪廻図(カラー)
http://www.thangka-iori.net/rokudou.html
http://www.thangka-iori.net/photo/rokudou3.jpg

円の上に阿修羅、天、人(この図では阿修羅と天はまとまって描かれている)という三善趣=幸福な転生が、
下に餓鬼、地獄、畜生という三悪趣=不幸な転生が描かれている。
上の図では欲望(雄鶏)、怒り(蛇)、愚かさ(豚)という三大煩悩=三毒が円の中心に描かれ、
外円には下から時計回りに十二支縁起(因果の系列)が描かれる。以下詳細。

最初は無知(無明)があり、
無知によって行為(行)が生じ、
行為によって意識(識)が生じ、
意識によって名称と色彩(名色)が生じ、
名称と色彩によって六つの感覚領域(六処)が生じ、
六つの感覚領域によって接触(触)が生じ、
接触によって感受作用(受)が生じ、
感受作用によって欲求(愛)が生じ、
欲求によって執着(取)が生じ、
執着によって生存と呼ばれる成熟した業(有)が生じ、
生存によって誕生(生)が生じ、
誕生によって老衰と死(老死)が生じる。

☆☆☆
        人生の課題(四諦)
問題は何か     苦
原因を分析する   集
原因を取り除こう  滅
問題解決の実践方法 道=八正道
            ↓↑
      正見、正思惟、正語、正業、
      正命、正精進、正念、正定


講談社新書『東洋の合理思想』では(華厳とライプニッツの類似性など)論理学的な背景がわかる。
なお、三論宗は中観派、法相宗は唯識派とも呼ぶが、前者は中国式、後者はインド式の呼び方である。


追記:
「色不異空、空不異色、色即是空、空即是色。 受想行識、亦復如是。」の解説。

   /\       /\
  /  \     /  \
 / 色  \   /  空 \
/      \ /      \
\      / \      /
 \    /   \    /
  \  /     \  /
   \/       \/

   色\  /空
  /  \/  \
 /   /\   \
/  1/2 \3  \
\   \  /   /
 \   \/   /
  \  /\  /
   \/  \/ 

三つの領域に区分される。
「色であり、かつ空でない」領域1、
「空であり、かつ色ではない」領域2、
「色であり、かつ空である」領域3の三者である。
この段階でさらに色と空は異ならないという規定を適用すると、前二者が否定されてしまい、
「色であり、かつ空である」だけが残る。
ここまでくると「色即是空 空即是色」と実質的に同じ意味になるだろう。
したがって、「色不異空 空不異色」は、ここまで両者を一体化させるために両者の観念を
重ね合わせようとする働きをしていたのである。


有の極端(=対象の実体化)でもなく無の極端(=虚無)でもない中道をゆくのが仏教である。

       ______
      |  識   |
      |  /\  |
      |_/__\_|
       /    \
  /\  /      \  /\
 /  \/        \/  \
/ 色 /\   空    /\ 行 \
\   \/        \/   /
 \  /\        /\  /
  \/ _\_    _/_ \/
    |  \|  |/  |
    | 受 \  / 想 |
    |   |\/|   |
    |___|  |___|


あえて集合論的に表現するならば、「人間=空性∩(色∪受∪想∪行∪識)」と表記されるだろう。
http://kongou-koji.tea-nifty.com/blog/2008/02/9_7cc1.html
http://kongou-koji.tea-nifty.com/blog/2009/12/12-2f05.html

☆☆☆☆
 ____7
|真言密教|_1
|  中 華厳|_6 
|  国   天台|_2 
|大乗 イン   三論|_3
|____ド_____法相|_4
|小乗          縁覚|_5
|______________声聞|_
|外道              道教|_
|                  儒教|_
|____空海『秘蔵法鑰』________野蛮|

空海『秘蔵法鑰』(角川文庫)参照

        空
 /\ 三論集/\天台宗 ||
 ||   / 理\   \/
  法相宗/    \華厳宗 
    /      \
倶舍宗/        \真言宗
  色、事       色、事

立川武蔵『空の思想史』313頁参照



因・行・証・入・時

__因__ ___行____ _時_ __証___ __入__
観自在菩薩 行深般若波羅蜜多  時、 照見五蘊皆空、度一切苦厄



題目
   仏説摩訶般若波羅蜜多心経
        
          __因__ ___行____ _時_ ___証___ __入__
一 人法総通分___観自在菩薩 行深般若波羅蜜多  時、 照見五蘊*皆空、度一切苦厄。
        (人と法に関する総説。因・行・証・入・時)

二 分別諸乗分 (声聞と縁覚を含め、7つの宗派の教えが説かれているという。真言は四、五へ)
   |___健(華厳、普賢A)
   |      舎利子。色*不異空、空不異色、色即是空、空即是色。  ☆
   |      受想行識* 亦復如是。
   |___絶(三論、文殊B)                          |        
   |      舎利子。是諸法空相、不生不滅、不垢不浄、不増不減。       |
   |___相(法相、弥勒C)                        ☆☆|_______
   |      是故空中、無色、無受・想・行・識*、無眼・耳・鼻・舌・身・意 ||       |
   |      無色・声・香・味・触・法。無眼界、乃至、無意識界。      ||       |
   |___二(二乗、声聞と縁覚)                                |
   |      無無明@、亦無無明尽、乃至、無老死、亦無老死尽。(縁覚=独覚)_______  |
   |      無苦・集・滅・道。☆☆☆      (声聞=教えを受けた悟り)_____  | |
   |___一(天台、観自在菩薩D)                           | | |
          無智亦無得。以無所得故、                        | | |
                                              | | |
          _人__ __以下、法__ (修行の結果の説明)            | | |
               ___因と行__                       | | |
三 行人得徳分___菩提薩埵、依般若波羅蜜多故、           (因と行)      | | |
          __________入__________               | | |
          心無礙、無礙故、無有恐怖、遠離一切顛倒夢想、              | | |
          __________入_______                  | | |
          究竟涅槃。三世諸仏、依般若波羅蜜多故、      (涅槃に入ること)  | | |
          ____証_____                          | | |
          得阿耨多羅三藐三菩提。              (証)        | | |
                                              | | |
四 総帰持明分___故知、般若波羅蜜多、    (名体用、すべてが真言に帰することの説明) | | |
          是大神呪、  (声聞の真言)______________________| | |
          是大明呪、  (縁覚の真言)____________________|___| |
          是無上呪、  (大乗の真言)________________  | |     |
          是無等等呪、 (秘蔵の真言)(~以上、名)_______  | | |     |
          能除一切苦、            (用)       | | | |     |
          真実不虚。             (体)       | | | |     |
                                      | | | |     |
五 秘蔵真言分___故説、般若波羅蜜多呪。即説呪曰、            | | | |     |
        (真言~ここも5分割出来る~の解説)            | | | |     |
          羯諦          (1教えを聞いての悟り)____|_|_|_|     |
          羯諦          (2独自の悟り)________|_|_|       |
          波羅羯諦        (3法相、三論等修業の結果)__|_|_________|
          波羅僧羯諦       (4真言等修行の結果の結果)__|
          菩提薩婆訶       (5究極的悟りに入る意義)
          般若心経。

[PR]
by yojisekimoto | 2011-10-08 17:00 | 仏教

般若心経:メモその2

般若心経:メモその2

a0024841_1705884.jpg


空海は般若心経は5つ(一〜五)に分けられるという。以下松長有慶著『空海、般若心経の秘密を読み解く』137-8頁を参照。

題 目 仏説摩訶般若波羅蜜多心経

一 人法総通分___観自在菩薩行深般若波羅蜜多時、照見五蘊皆空、度一切苦厄。(人と法に関する総説)

二 分別諸乗分     (声聞と縁覚を含め、7つの宗派の教えが説かれているという。真言は四、五へ)
   |______健(華厳、普賢)舎利子。色不異空、空不異色、色即是空、空即是色。受想行識 亦復如是。舎利子。
   |______絶(三論、文殊)是諸法空相、不生不滅、不垢不浄、不増不減。
   |______相(法相、弥勒)是故空中、 無色、無受・想・行・識、無眼・耳・鼻・舌・身・意、
   |        無色・声・香・味・触・法。無眼界、乃至、無意識界。   
   |______二(二乗、声聞と縁覚)無無明、 亦無無明尽、 乃至、無老死、 亦無老死尽。(縁覚=独覚)
   |        無苦・集・滅・道。                  (声聞=教えを受けた悟り)
   |______一(天台、観自在菩薩)無智亦無得。以無所得故、  

三 行人得徳分___菩提薩埵、依般若波羅蜜多故、  (修行の結果の説明)(因と行)
          心無罣礙、無罣礙故、無有恐怖、遠離一切顛倒夢想、
          究竟涅槃。三世諸仏、依般若波羅蜜多故、       (涅槃に入ること)
          得阿耨多羅三藐三菩提。               (証)

四 総帰持明分___故知、般若波羅蜜多、      (名体用、すべてが真言に帰することの説明)
          是大神呪、  (声聞の真言)
          是大明呪、  (縁覚の真言)
          是無上呪、  (大乗の真言)
          是無等等呪、 (秘蔵の真言)(〜以上、名)
          能除一切苦、            (用)
          真実不虚。             (体)

五 秘蔵真言分___故説、般若波羅蜜多呪。即説呪曰、  (真言〜ここも5分割出来る〜の解説)     
          羯諦          (1教えを聞いての悟り)
          羯諦          (2独自の悟り)
          波羅羯諦        (3法相、三論等終業の結果)
          波羅僧羯諦       (4真言等修行の結果の結果)
          菩提薩婆訶       (5究極的悟りに入る意義)
          般若心経。

///以下メモ////


空海は般若心経は5分割(一〜五)されるという。以下松長有慶著『空海、般若心経の秘密を読み解く』137-8頁を参照。

題 目 仏説摩訶般若波羅蜜多心経
一 人法総通分___観自在菩薩行深般若波羅蜜多時、照見五蘊皆空、度一切苦厄。
二 分別諸乗分(声聞と縁覚を含め、7つの宗派の教えが説かれているという。真言は四、五へ)
   |______健(華厳)舎利子。色不異空、空不異色、色即是空、空即是 色。受・想・行・識 亦復如是。舎利子。
   |______絶(三論)是諸法空相、不生不滅、不垢不浄、不増不減。
   |______相(法相)是故空中、 無色、無受・想・行・識、無眼・耳・鼻・舌・身・意、
   |        無色・声・香・味・触・法。無眼界、乃至、無意識界。   
   |______二(二乗、声聞と縁覚)無無明、 亦無無明尽、 乃至、無老死、 亦無老死尽。(縁覚=独覚)       
   |        無苦・集・滅・道。                  (声聞=教えを受けた悟り)
   |______一(天台、観自在菩薩)無智亦無得。以無所得故、  
三 行人得徳分___菩提薩埵、依般若波羅蜜多故、          (因と行)
          心無罣礙、無罣礙故、無有恐怖、遠離一切顛倒夢想、
          究竟涅槃。三世諸仏、依般若波羅蜜多故、     (涅槃に入ること)
          得阿耨多羅三藐三菩提。             (証)
四 総帰持明分___故知、般若波羅蜜多、(修行の結果が真言に帰するという説明)
          是大神呪、  (声聞の真言)
          是大明呪、  (縁覚の真言)
          是無上呪、  (大乗の真言)
          是無等等呪、 (秘蔵の真言)(〜以上、名)
          能除一切苦、            (用)
          真実不虚。             (体)
五 秘蔵真言分___故説、般若波羅蜜多呪。 即説呪曰、       (名体用、すべてが真言に帰することの説明)
          羯諦          (1教えを聞いての悟り)
          羯諦          (2独自の悟り)
          波羅羯諦        (3法相、三論等終業の結果)
          波羅僧羯諦       (4真言等修行の結果の結果)
          菩提薩婆訶       (5究極的悟りに入る意義)
          般若心経。



////以下、下書き///


空海(『般若心経秘健』ちくま文庫、空海コレクション2所収)によれば、大般若経(というより真言)の
心髄を表した般若心経、全体は5つに分かれる。
空海の文章を読むと、教えの立場からの喜び、7つの宗派への分類、空の教義以上に真言を強調していること
が印象に残り、全体的には、情熱的かつ緻密である。般若心経を読むものにとって必読書ではないか、と思う。
以下、『空海、般若心経の秘密を読み解く』(松長有慶著)より

題 目
仏説摩訶般若波羅蜜多心経

一 人法総通分___観自在菩薩行深般若波羅蜜多時、照見五蘊皆空、度一切苦厄。

二 分別諸乗分
   |______健(華厳)舎利子。色不異空、空不異色、色即是空、空即是 色。受・想・行・識 亦復如是。舎利子。
   |
   |______絶(三論)是諸法空相、不生不滅、不垢不浄、不増不減。
   |
   |______相(法相)是故空中、 無色、無受・想・行・識、無眼・耳・鼻・舌・身・意、
   |        無色・声・香・味・触・法。無眼界、乃至、無意識界。   
   |
   |______二(二乗、声聞と縁覚)無無明、 亦無無明尽、 乃至、無老死、 亦無老死尽。         
   |        無苦・集・滅・道。
   |      
   |______一(天台、観自在菩薩)無智亦無得。以無所得故、  

三 行人得徳分___菩提薩埵、依般若波羅蜜多故、           因と行
          心無罣礙、無罣礙故、無有恐怖、遠離一切顛倒夢想、
          究竟涅槃。三世諸仏、依般若波羅蜜多故、      涅槃に入ること
          得阿耨多羅三藐三菩提。              証

四 総帰持明分___故知、般若波羅蜜多、
          是大神呪、  声聞の真言
          是大明呪、  縁覚の真言
          是無上呪、  大乗の真言
          是無等等呪、 秘蔵の真言 以上、名
          能除一切苦、          用
          真実不虚。           体

五 秘蔵真言分___故説、般若波羅蜜多呪。 即説呪曰、
          羯諦          1教えを聞いての悟り
          羯諦          2独自の悟り
          波羅羯諦        3法相、三論等終業の結果
          波羅僧羯諦       4真言等修行の結果の結果
          菩提薩婆訶       5究極的悟りに入る意義
          般若心経。



////以下旧原稿///////


空海の解説(『般若心経秘健』ちくま文庫、空海コレクション2所収)より

空海によれば、大般若経の心髄を表した般若心経、全体は5つに分かれる。
空海の文章を読むと、教えの立場からの喜び、7つの宗派への分類、空の教義以上に真言を強調していることが印象に残り、全体的には、情熱的かつ緻密である。般若心経を読むものにとって必読書ではないか、と思う。

題 目
仏説摩訶般若波羅蜜多心経

一 人法総通分、人格的存在と非人格的存在=法に関する総説。
観自在菩薩行深般若波羅蜜多時、照見 五蘊☆ 皆空、度一切苦厄。

二 分別諸乗分、諸経の全体的分析。
 舎利子。

 健(華厳、普賢)
 色不異空、空不異色、色即是空、空即是 色。受・想・行・識 亦復如是。舎利子。

 絶(三論、文殊)
 是諸法空相、不生不滅、不垢不浄、不増不減。

 相(法相、弥勒) 
 是故空中、
 無色、無受・想・行・識、             (五蘊)
 無眼・耳・鼻・舌・身・意、           1
 無色・声・香・味・触・法。           2
          無眼界、乃至、無意識界。   3

 二(二乗、声聞と縁覚)
  無無明、
  亦無無明尽、
  乃至、無老死、
  亦無老死尽。         (十二支縁起(十二因縁) ) ☆☆ 縁覚(独覚)
  無苦・集・滅・道。      (四つの聖なる真理)☆☆☆    声聞(教えを受けた悟り)

 一(天台、観自在菩薩)
 無智亦無得。以無所得故、  (智慧ということも智慧を得るということもない。
                何故なら、所得ということもないからである。)

三 行人得徳分(人と法=内容〜原因、修業、証、涅槃に入ること〜)、修行の結果に関する説明。
菩提薩埵、依般若波羅蜜多故、           因と行
心無罣礙、無罣礙故、無有恐怖、遠離一切顛倒夢想、
究竟涅槃。三世諸仏、依般若波羅蜜多故、      涅槃に入ること
得阿耨多羅三藐三菩提。              証

四 総帰持明分、名体用、すべてが真言に帰することの説明。
故知、般若波羅蜜多、
是大神呪、  声聞の真言
是大明呪、  縁覚の真言
是無上呪、  大乗の真言
是無等等呪、 秘蔵の真言 以上、名
能除一切苦、          用
真実不虚。           体

五 秘蔵真言分、真言の解説。
故説、般若波羅蜜多呪。
即説呪曰、羯諦羯諦波羅羯諦波羅僧羯諦菩提薩婆訶。般若心経


 なお最後の部分の真言はさらに、5つにわかれる。


羯諦   教えを聞いての悟り
羯諦   独自の悟り
波羅羯諦  法相、三論等終業の結果
波羅僧羯諦 真言等修行の結果の結果
菩提薩婆訶 究極的悟りに入る意義



五蘊は次の5種である。
色蘊(しきうん) - 人間の肉体を意味したが、後にはすべての物質も含んで言われるようになった。2
受蘊(じゅうん、vedanaa) - 感受作用  1
想蘊(そううん、saMjJaa) - 表象作用
行蘊(ぎょううん、saMskaara) - 意志作用
識蘊(しきうん、vijJaana) - 認識作用  3
(般若心経には、「五蘊皆空」と五蘊のうち2.から4.の頭文字からなる「受想行識」という文言が含まれている。)

☆☆
十二支縁起(十二因縁)
(5)六処・・・眼・耳・鼻・舌・身・意の六根、つまり六つの感覚器官のこと。1
(7)受・・・・・三者和合して起こる感受であって、苦・楽・不苦不楽の三受のこと
(2)行・・・・・身・口・意の三つの行為であり、身・口・意の三業とほぼ同じ。
       ただ、実際に現れる行為だけでなく、その行為の余力として残る潜在的なものを含む。
(4)名色・・・認識の対象である色・声・香・味・触・法の六つの境のこと。 2
(3)識・・・・・認識主観そのもの。眼・耳・鼻・舌・身・意の六つのこと。3

十二支縁起の要素
無明(むみょう、巴: avijjā, 梵: avidyā) - 過去世の無始の煩悩。煩悩の根本が無明なので代表名とした。
行(ぎょう、巴:saṅkhāra, 梵: saṃskāra) - 志向作用。
識(しき、巴: viññāna, 梵: vijñāna) - 識別作用
名色(みょうしき、nāma-rūpa) - 物質現象(肉体)と精神現象(心)。
六処(ろくしょ、巴: saḷāyatana, 梵: ṣaḍāyatana) - 六つの感覚器官。
触(そく、巴: phassa, 梵: sparśa) - 六つの感覚器官に、それぞれの感受対象が触れること。
受(じゅ、vedanā) - 感受作用。
愛(あい、巴: taṇhā, 梵: tṛṣṇā) - 渇愛。
取(しゅ、upādāna) - 執着。
有(う、bhava) - 存在。
生(しょう、jāti) - 生まれること。
老死(ろうし、jarā-maraṇa) - 老いと死。    →参考:六道輪廻図胎蔵曼荼羅


☆☆☆
[四つの聖なる真理も空であること]無苦・集・滅・道。
(=苦の真理もなく、苦の原因の真理もなく、苦を滅するという真理もなく、苦を滅するための道という真理もない)


無智亦無得。以無所得故、:純粋意識(ye shes)もなく、獲得する(thob pa)ものでもなく、獲得するものでないこともないのである。
心無罣礙、無罣礙故、無有恐怖:心にとどこおりがなく、とどこおりがない故に、恐怖がない。
三世諸仏:現在・過去・未来(三時 dus gsum )におわします一切の仏。
縁起の因果論: われわれの迷いの現実、苦の自己がどうして成り立っていくかという原因根拠を追求していく因果関係 。
 因 (直接原因)
 縁 (間接原因)

a0024841_1704493.jpg


画像は集空海書 般若心経(天来書院より)

追記:
黒澤明『八月のラプソディ』にも般若心経が出て来る。
講談社新書『東洋の合理思想』では論理学的な背景がわかる。
[PR]
by yojisekimoto | 2011-09-29 16:50 | 仏教

般若心経:メモ

http://www006.upp.so-net.ne.jp/yfukuda/Tibet/shersnying.html
http://enlighten.fc2web.com/hannyashingyo.html
以下、上記サイトより

2      1     3
対象    感覚器官  主観
色____(受想)行___識_______五蘊  
色(gzugs) 眼(mig)  眼識(mig gi rnam par shes pa) *
声(sgra) 耳(rna)   耳識(rna ~) *
香(dri)  鼻(sna)   鼻識(sna ~) *
味(ro)  舌(lce)   舌識(lce ~) *
触(reg bya)身(lus)   身識(lus ~) *
法(chos) 意(yid)   意識(yid ~)
     <-六処->
<---十二処-ー->
<-----------十八界------------>

*省略 番号は記述順。
      感覚、 対象、 主観の順に否定される。
       |  |   |
(☆五蘊   受想行 色   識 )


 色 |受想 
___|__
 行 |識 

仏説摩訶般若波羅蜜多心経
観自在菩薩行深般若波羅蜜多時、照見 五蘊☆ 皆空、度一切苦厄。舎利子。色不異空、空不異色、色即是空、空即是 色。受・想・行・識 亦復如是。舎利子。是諸法空相、不生不滅、不垢不浄、不増不減。是故空中、
無色、無受・想・行・識、             (五蘊)
   無眼・耳・鼻・舌・身・意、         1
無色・声・香・味・触・法。            2
          無眼界、乃至、無意識界。   3
無無明、
亦無無明尽、
乃至、無老死、
亦無老死尽。          (十二支縁起(十二因縁) ) ☆☆
無苦・集・滅・道。        (四つの聖なる真理)☆☆☆
無智亦無得。以無所得故、菩提薩埵、依般若波羅蜜多故、心無罣礙、無罣礙故、無有恐怖、遠離一切顛倒夢想、究竟涅槃。三世諸仏、依般若波羅蜜多故、得阿耨多羅三藐三菩提。故知、般若波羅蜜多、是大神呪、是大明呪、是無上呪、是無等等呪、能除一切苦、真実不虚。故説、般若波羅蜜多呪。
即説呪曰、羯諦羯諦波羅羯諦波羅僧羯諦菩提薩婆訶。般若心経

観自在菩薩行深
般若波羅蜜多時照見五蘊皆空度一切苦厄舎利子
↓ 色不異空
 空  色
 色即是空
 空  色
 受想行識 
 亦復如是舎利子是諸法空相
 不生不滅
  垢 浄
  増 減是故空中   
 無色受想行識
 ↓
  眼耳鼻舌身意    1
  色声香味触法   2          
  眼界乃至    
  意識界             
  無明亦       3
    尽乃至
  老死亦
    尽     
  苦集滅道        
  智亦
  得以
  所得故菩提薩埵依
↓     心
  罣礙
  罣礙故 
↓ 有恐怖遠離一切顛倒夢想究竟涅槃三世諸仏依
      故得阿耨多羅三藐三菩提故知
      是大神呪是大明呪是
  上呪是
  等等呪能除一切苦真実不虚故説
      呪即説呪曰
羯諦
↓ 波羅
    僧
  菩提薩婆訶般若心経



http://www.asahi-net.or.jp/~YI9H-URYU/tera/bodh/3202.htm
以下、上記サイトより


五蘊は次の5種である。
色蘊(しきうん) - 人間の肉体を意味したが、後にはすべての物質も含んで言われるようになった。2
受蘊(じゅうん、vedanaa) - 感受作用  1
想蘊(そううん、saMjJaa) - 表象作用
行蘊(ぎょううん、saMskaara) - 意志作用
識蘊(しきうん、vijJaana) - 認識作用  3
(般若心経には、「五蘊皆空」と五蘊のうち2.から4.の頭文字からなる「受想行識」という文言が含まれている。)

☆☆
十二支縁起(十二因縁)
(5)六処・・・眼・耳・鼻・舌・身・意の六根、つまり六つの感覚器官のこと。1
(7)受・・・・・三者和合して起こる感受であって、苦・楽・不苦不楽の三受のこと
(2)行・・・・・身・口・意の三つの行為であり、身・口・意の三業とほぼ同じ。
       ただ、実際に現れる行為だけでなく、その行為の余力として残る潜在的なものを含む。
(4)名色・・・認識の対象である色・声・香・味・触・法の六つの境のこと。 2
(3)識・・・・・認識主観そのもの。眼・耳・鼻・舌・身・意の六つのこと。3

☆☆☆
[四つの聖なる真理も空であること]無苦・集・滅・道。
(=苦の真理もなく、苦の原因の真理もなく、苦を滅するという真理もなく、苦を滅するための道という真理もない)


無智亦無得。以無所得故、:純粋意識(ye shes)もなく、獲得する(thob pa)ものでもなく、獲得するものでないこともないのである。
心無罣礙、無罣礙故、無有恐怖:心にとどこおりがなく、とどこおりがない故に、恐怖がなく
三世諸仏:現在・過去・未来(三時 dus gsum )におわします一切の仏

縁起の因果論: われわれの迷いの現実、苦の自己がどうして成り立っていくかという
原因根拠を追求していく因果関係
 因 (直接原因)
 縁 (間接原因)


以下、補記。
空海の解説(『般若心経秘健』)より

空海によれば、大般若経の心髄を表した般若心経、全体は5つに分かれる。

題 目
仏説摩訶般若波羅蜜多心経

一 人法総通分、人格的存在と非人格的存在=法に関する総説。
観自在菩薩行深般若波羅蜜多時、照見 五蘊☆ 皆空、度一切苦厄。

二 分別諸乗分、諸経の全体的分析。
 舎利子。

 健(華厳、普賢)
 色不異空、空不異色、色即是空、空即是 色。受・想・行・識 亦復如是。舎利子。

 絶(三論、文殊)
 是諸法空相、不生不滅、不垢不浄、不増不減。

 相(法相、弥勒) 
 是故空中、
 無色、無受・想・行・識、             (五蘊)
   無眼・耳・鼻・舌・身・意、         1
 無色・声・香・味・触・法。           2
          無眼界、乃至、無意識界。   3

 二(二乗、声聞と縁覚)
  無無明、
  亦無無明尽、
  乃至、無老死、
  亦無老死尽。          (十二支縁起(十二因縁) ) ☆☆
  無苦・集・滅・道。        (四つの聖なる真理)☆☆☆

 一(天台、観自在菩薩)
 無智亦無得。以無所得故、

三 行人得徳分(人と法=内容〜原因、修業、証、涅槃に入ること〜)、修行の結果に関する説明。
菩提薩埵、依般若波羅蜜多故、           因と行
心無罣礙、無罣礙故、無有恐怖、遠離一切顛倒夢想、
究竟涅槃。三世諸仏、依般若波羅蜜多故、      涅槃に入ること
得阿耨多羅三藐三菩提。              証

四 総帰持明分、名体用、すべてが真言に帰することの説明。
故知、般若波羅蜜多、
是大神呪、  声聞の真言
是大明呪、  縁覚の真言
是無上呪、  大乗の真言
是無等等呪、 秘蔵の真言 以上、名
能除一切苦、          用
真実不虚。           体

五 秘蔵真言分、真言の解説。
故説、般若波羅蜜多呪。
即説呪曰、羯諦羯諦波羅羯諦波羅僧羯諦菩提薩婆訶。般若心経


 なお最後の部分の真言はさらに、5つにわかれる。


羯諦   教えを聞いての悟り
羯諦   独自の悟り
波羅羯諦  法相、三論等終業の結果
波羅僧羯諦 真言等修行の結果の結果
菩提薩婆訶 究極的悟りに入る意義
[PR]
by yojisekimoto | 2010-11-05 06:30 | 仏教