<   2006年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧

ガンジーの遺言

a0024841_22511783.jpg今から58年前の1948年1月30日午後5時、ガンジーは対イスラム強行派のヒンズー教徒の青年に暗殺された。ガンジーの遺稿詩として知られるものもあるが(※)、あまり知られていないものとして、ガンジーが死の前日に提出した新たなインドの組織案がある。


ガンジーは国民会議派を協会(サンガ)に移行させようとしていたのだ。
それは具体的には70万ある農村に成人男女5人ずつのパンチャーヤト(語意は五人会議というインド農村の昔ながらのグループ)を作り、さらに二つのパンチャーヤトは指導者を一人互選する。そして選ばれた50人の指導者からさらに指導者が選ばれ、200のパンチャーヤトは100づつの平行するグループとなり、このようなグループがインド全土をおおうことになる。各指導者たちはそれぞれ手紡ぎ綿布着用義務をもち、名簿管理などを行う。さらに全体としての協会は、手紡ぎ綿布、農業、教育、人権、動物愛護といった5つの支部を持つ、というものだ(みすず書房『わたしの非暴力2』)。

こうしたガンジーの案はその後、必ずしも現実化されたわけではないが、この案から小さな単位を大事にするガンジーの理念はよく伝わる。
特に出発点に二つの5人会議から互選で指導者を選ぶあたりが、ガンジーはイスラム教とヒンズー教といった政治レベルの対立をミクロレベルで解決するモデルを作ろうとしていたのではないかと思わせて興味深い。
(興味深いのは活動家は村民と「個人的な接触を持つこと」=「顔見知りになること」が求められていることだ! 上記書籍『わたしの非暴力2』p328、あるいはレグルス文庫『非暴力の精神と対話』74頁参照。後者ではその活動家は「平和部隊(シャンティ・ダール)」と呼ばれている。)

ガンジーが実践した手紡ぎ車(チャルカ)などは、自立分散的生産システムによる対抗手段だったし(地湧社『ガンジー自立の思想』)、聖人視されるか逆に軽視される傾向にあるガンジーは実に経済的にも政治的にも現実的な視点を持った人だったのだ(塩の行進も必需品を自国で生産したいという経済的根拠を持っていた)。また、今日的にガンジーの考えを応用するならば、コンピューターなども自立分散的に活用可能なものだと思う。

このように、ガンジーの遺志は私たちに託され、その実現へ向けた試みは今現在もまだ続いていると考えた方がいいだろう。

追記:

「わたし自身の体験から集約したいくつかの規約」

(一) 隊員はいかなる武器も所持してはならない。
(二) 平和部隊の隊員は容易に見分けがつくよう配慮すること。
(三) 全隊員が応急処置にあたれるよう、包帯・はさみ・針と糸・外科用ナイフ等を所持すること。
(四) 隊員は負傷者の運搬や移動の方法を知っておくこと。
(五) 隊員は、消火の方法ならびに、火傷を負わずに火事場に入る方法、また、荷物のあるなしに関係なく救出作業のために高い塀をよじ登り、無事に降りる方法を知っておくこと。
(六) 隊員は受け持ち地区のすべての住民と顔見知りになること。このこと自体、一つの奉仕である。
(七) 隊員はたえず心に神の御名(ラーマヤーナ)をとなえ、信仰をいだく多の人びとにもそうするよう勧めること。

一九四六年四月二十六日 ニューデリーにて (「非暴力の義勇隊」『ハリジャン(神の子)』一九四六年五月五日号)
(『非暴力の精神と対話』73−4頁)


ガンジーの死の3ヶ月前に書かれた詩として知られているものに以下がある。

 束縛があるからこそ
 私は飛べるのだ
 悲しみがあるからこそ
 高く舞い上がれるのだ
 逆境があるからこそ
 私は走れるのだ
 涙があるからこそ
 私は前に進めるのだ

   マハトマ・ガンジー 〔遺言詩〕
[PR]
by yojisekimoto | 2006-01-30 17:00 | 研究

「アリエルのために」

登戸のアリエルダイナーが今年1月一杯で閉店になる。
理由は経済的なものばかりではないようだが、とても残念だ。
以下、1月20日に開かれたポエトリーリーディングのイベントで僕が歌った歌の歌詞を掲載させていただきます(このイベント自体も引き続きどこかで継続してほしいものです・・・)。
この日はイベントの告知もさせていただきました。
重ねてありがとうございました。

(写真は小さくてよく見えませんが、店長の安部さんが挨拶しているところです。)

a0024841_1144159.jpg

「アリエルのために」

※アリエル、お前がいなければ登戸に陽は昇らない
アリエル、お前がいなければ川崎にデートコースはありえない

俺達を引き裂く資本主義のルール
俺達を繋ぎ止めるマレニーのゴールデンルール
忘れられないお前のご機嫌なストーリー
忘れられないお前のオーガニックな料理
どんな時も
どんな時も

アリエル、さよならは嘘だと言っとくれ
アリエル、またいつか会えると言ておくれ

俺達を引き裂く資本主義のルール
俺達を繋ぎ止めるマレニーのゴールデンルール
俺達に魔法をかけた月夜のラブソング
俺達にアーチをかけるレインボーリング
どんな時も
どんな時も

忘れられないお前のご機嫌なストーリー
忘れられないお前のオーガニックな料理
俺たちに魔法をかける月夜のラブソング
俺達にアーチをかけるレインボーリング
どんな時も
どんな時も
ありがとう
アリエル
[PR]
by yojisekimoto | 2006-01-21 01:22 | 日記

「君に告白するよ」(プルードン141周忌)

今日1月19日はプルードン(1809-1865)が亡くなってから141年目になる。

<一八六五年になって、かれの健康はもはやかれの精神を支えきれなくなった。一月一九日の早朝二時、かれは妻と、友人のラングロワに看とられて、二人の腕にかかえられたまま息をひきとった。五六歳であった。死の直前、司祭を呼ぶかどうかを尋ねられたが、かれはそれを断った。そして妻のユーフラジーをふりかって言った。「君に告白するよ。」 宗教批判の態度を最後まで変えなかったのである。プルードンの棺には、その大部分が無名の労働者である六〇〇〇人がつき従って行進したといわれる。>
河野健二※『プルードン』(平凡社)より
a0024841_93118.jpg

↑クールベ作「死の床のプルードン」

彼の時代から現在がどれだけ進歩したかは疑問だが、彼が主張した国家間及びその他の連合の原理に関してはその重要性は明らかに増しつつある。

(※同著者による『もう一つの社会主義』(世界書院)では最後の言葉は「君にざんげするよ。」になっている。ちなみに同書は状況出版に問い合わせれば在庫があるはずである。)
[PR]
by yojisekimoto | 2006-01-19 02:00 | プルードン

「踊り続けろpart2」

さまよい続ける人達の安らぎはどこにある
さからい続ける人達の行き場所はどこにある

※砕けては散る人々の思いを受けとめて

敵対する人がいなければ自分も分からないと日蓮は言う
南無阿弥陀仏南無阿弥陀仏と一遍は言う
※繰り返し

私は悪人だ、悪人は往生すると親鸞は言う
言葉はいらない、ただ座禅しろと道元は言う


私は救われるんでしょうかとエタ非人が聞く
あなたはもう救われているのだと法然が言う


南無阿弥陀仏南無阿弥陀仏
踊り続けろ踊り続けろと一遍は言う


[PR]
by yojisekimoto | 2006-01-01 00:00 | 歌詞