<   2007年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧

ミンコフスキー空間とカント哲学

a0024841_17453645.jpg
a0024841_1746413.jpg


ミンコフ(ウ)スキーの四次元時空間は厳密には円錐形である。ただ、二次元の方がわかりやすい。

カントと同じケーニヒスベルクで学業に励んだこともあるミンコフスキーの時空間は、相対性理論や量子力学と並んでカント哲学との近接性を示している。
ニュートン物理学では空間的(スペースライク)は存在しないが、現代物理学では同時性が拡大する。
もちろんここでも時間と空間は明確に区別される。
ただしあえて言えば、倫理は目的(時間)と手段(空間)の相克である。

カント哲学における、質、量、関係、様相、は、
ミンコフスキー的には、点、帯、空間的、時間的、と置き換えられる。
ここにカント哲学は明確な図式を得ることができた。

世界線といった双曲線による概念はタイムマシーンなどの原理を説明するだろう。

参考:湯川秀樹「物理講義」(講談社)
[PR]
by yojisekimoto | 2007-04-27 17:48 | カント

煙突の貸し出し計画

a0024841_101495.jpg


遅ればせながら、アースデイ東京お疲れ様でした。

天候にも恵まれ、充実した2日間でした。

工場建設に関して言えば、怪我がなかったことが何よりでした。

さて、ミニ工場の煙突部分は本日23日分解したあと25日の共同
代表者会議まで廃棄を保留することにしました。

(ほとんど一日がかりで運送業者探しに奔走していただいた永沼さんと
みなみさんに感謝します。)

永沼さんからは各地のアースデイに貸し出すという案も出ましたし、使
い捨てはよくないというみなみさんのご意見もごもっと
もなので、横浜の関本の実家にとりあえず保管させていただきます。

4/22という日付にこだわらず各地でアースデイをされる方には実費
でお貸しできたらと思います。
次の別の地域のアースデイイベントまでタライ回しにしていく形がベス
トではないかと個人的には考えています。
輸送費は都内でも2万円ぐらいかかりますが、、、
[PR]
by yojisekimoto | 2007-04-24 10:04 | 日記

LOVEorDIEブース展示案

a0024841_9211693.jpg


4/21,22アースデイ東京における、LOVE or DIEブースの展示案です。
(暫定的な案なので15日に話しあって調整できればと思います。)

てんつくマンさんチームによる省エネ電球販売、募金集め、プチ号外配布、
アースデイ六ヶ所(6/22)チームによる山芋昆布販売、
花とハーブの里のチューリップ展示(YAMさんによる写真も展示)、
ヒラプレス+さんらによる写真展示(外側)、
井上ヤスミチさんによる壁絵など(外側)、など、
盛りだくさんの内容です。
[PR]
by yojisekimoto | 2007-04-12 09:28

「プルトニウムとチューリップ」(改訂版)

「プルトニウムとチューリップ」(ニッキーとペコちゃんのために)

彼の名前はブルトニウム
沢山の恐怖を産む
誰も彼を止められない
三万年はねむらない
核兵器だって造れちゃう
平和のためとちょっとちゃう
サマープールで泳ぎたい
サマータイムで眠りたい
プルサーマルであばれだす
アースデイでおどりだす

ラブ×6,六ヶ所
ストップ再処理はストップ
チューリップにラブ

彼女の名前はチューリップ
可憐な花がいつか咲く
彼女は願う再処理ストップ
季節をこえて命をつなぐ
アースデイでは山芋を売る
青森産の昆布を売る
綺麗な海を残したい
豊かな大地を伝えたい

ラブ×6,六ヶ所
ストップ再処理はストップ
チューリップにラブ

彼の名前は原燃くん
残念ながら立場が違う
就職先がそこしかなかった
わかった、しまったわかってしまった
これはやっぱり雇用の問題
社会の仕組みを変えるしかない

ラブ×6,六ヶ所
ストップ再処理はストップ

俺の名前はスティーブ関本
何にも知らない最初はもともと
六ヶ所のことを調べている
探している本当のスタイル
六ヶ所に問題があると言われているが
ホントはところはまったく違う
無感動で無関心で無関係な顔した
無駄遣いする都会のツケを払わされている

ラブ×6,六ヶ所
ストップ再処理はストップ
全世界にラブ&ピース

追記:
先日のコメント欄にも書きましたが、
mioさん、mizueさん、とのさん、コメントありがとうございます。
調子に乗って、もう一曲つくりました(笑)。
2コードのファンクです。
[PR]
by yojisekimoto | 2007-04-09 17:14

六ヶ所村へ行ってきました。

報告が遅れましたが、3月の下旬に青森県六ヶ所村へ行ってきました。花とハーブの里でチューリップの苗のポッドを買ってきました。
a0024841_1752720.jpg

今、六ヶ所村の歌↓を何曲か作っています。
。。。。。。。。。。。

 六ヶ所村のバラッド(作詞作曲スティーブ)

お役人は数字をはじくだけ
政治家は責任を取らない
子ども達に放射能はいらない
六ヶ所を俺は愛しはじめてる


だから(ならば)俺たちで手をつなごう
自分の未来を切り開こう
俺はもう一度ギターをかき鳴らす

人びとは不安を隠している
顔色をうかがい暮らしてる
大企業は真実を語らない
カモメ達は銃で撃たれ続けてる


俺はもう一度ギターをかき鳴らす

。。。。。。。。。。。。。。。

 (六ヶ所村)チューリップカフェのテーマ

チューリップの中に
六ヶ所村の未来が輝く
エレキとテンダーが
つくったカフェで語り明かそう


君と僕で恋をしよう
未来の種をここで蒔こう
今ここで


矛盾に満ちている
世界の中に真実が宿る
チューリップのように
寒い冬を乗り越えていこう


今ここで
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


ダイインのテーマ(作詞早川義夫)

僕らは何かをしはじめようと
生きてるふりをしたくないために
時には死んだふりをしてみせるのだ
時には死んだふりをしてみせるのだ

LOVE generation, LOVE generation,
love or die,love or die, love and die or love or die.

愛し合ってるかい?それとも殺しあってるのかい?
[PR]
by yojisekimoto | 2007-04-05 17:07