<   2007年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧

「肉でも魚でもない」

日本サッカー代表監督オシムが発言したことで有名になった「肉でも魚でもない」という言葉は、ことわざかもしれないが、『精神現象学』の序文の終わり近くにある言葉でもある(平凡社ライブラリー版上p90)。

ヘーゲルは「詩でも哲学でもない」という言葉をならべて、どっちつかずという否定的意味をこの言葉に込めている。

オシムは旧ユーゴ出身で、一部ではマルクス(=ヘーゲル左派)主義者だと思われているが、あえて言えばへーゲリアンなのではないだろうか?これは同じユーゴ出身のへーゲリアン、ジジェクを思い出す。

ユーゴスラビアの自主管理には実はプルードン(*)が援用されたという間接的な証言があるが、一般的にはマルクスからヘーゲルに遡行することでソ連主導のマルクス主義による息苦しさを免れた部分があるかもしれない。

ヘーゲルにはもちろん後年の国家主義への傾斜など欺瞞的な部分もあるが、解釈によっては自由な読みが可能なのだ。

*ちなみに、サッカーにプルードンの相互主義を援用するなら、味方同士の一対一のコンビネーションを組み合わせていくことによる、個人と集団という二元論の回避ということになると思う。
また、工場ではすべての作業(全系列)を個人が体験するべきだというプルードンの労働作業論は、トータルフットボール(自主管理だから監督もいらない?)ということになると思う。
[PR]
by yojisekimoto | 2007-08-25 11:22

ヘーゲルの未来図?

先の日記にも書いたが、カトリーヌ・マラブー『ヘーゲルの未来』(未来社)の冒頭で紹介されていたヘーゲル自身による素描↓は『自然哲学』(素描はこの草稿に描かれたという*)よりも『精神現象学』(左上から、意識、自己意識、理性)を説明するものと解釈できる。

a0024841_17322374.jpg



(以下の画像はわかり難いが、上のヘーゲルの素描を自分の解釈で書き直したもの。)
a0024841_18221849.jpg


まず中央上部の楕円にある記号は「U」と読める。
これはUnendlichkeit(無限性)の頭文字と解釈できる。「自己意識が他者としてむきあいたいのは(略)無限の否定力をもつ存在としての他者なのである(p133以後長谷川宏訳より引用)」とヘーゲルは述べている。さらに『エンチクロペディー』111節には「他者のうちで自己に出あうという真の無限」(岩波文庫『小論理学(上)』p331)とあり、線によってつながった自己意識内の人間内(後述)にもうひとつの「U」とあることも説明できる。

左の円から中央に延びる線は明らかに視覚を表している。これは意識から延びるものと解釈できる。

対象は「まっさきにわたしたちの目に飛びこんでくる知」(p66)である。眼球は人型にも解釈できるが大差はない。その左は耳を表すだろう。これはすぐ下の「自己意識」の中の楕円と相似になっているのがわかる。
大きな人間の内部に人間を抱える「自己意識」と目される円の中には小さな人間がおり、これがさらに複雑化した耳とつながっている。これは内面的なものが聴覚とつながっているという『エンチクロペディー』第358節の記述と重なる。
自己意識の章でも述べられたように「内面的承認」(p157)は聴覚だけではそのままにとどまるのだ。
その右の自己意識内の人間は視覚であり外面である。内部に「無限性」を抱えた外面的自己意識は視覚とともに触覚を持って無限(U)に、むかって手を伸ばす。 ちなもに『精神哲学』の人間学では胎児と未覚醒の自己意識がパラレルで語られており、関連づけられるかもしれない。

一番右にある三角形(その中の左上にも三角形がある)がさまざまな解釈が可能であり問題だが、これは上部を上位概念と見たい。上の巻き物のようなものから無限者に線が引かれているからだ。この巻き物は「世界史」(p202)あるいは「掟の吟味」と解釈できよう。
そうなるとこの素描全体は意識、自己意識、理性、さらに精神をも図示したものと言える。

そもそもなぜ「無限」が頭文字として採用されるほど重要かといえば、『精神現象学』の末尾の言葉(p549)にもあるように無限性の解釈が自己形成の軌跡そのものだからだ。これは『大論理学』の第1篇でも強調されている。真無限と悪無限の差異は、ヘーゲルがスピノザを曲解したものでもあるが、絶対者というタームを過大視(絶対視)するよりもヘーゲルを神秘主義から救うだろう。

視覚と聴覚に関してはデリダが『哲学の余白』(p173)で語っているし、無限に関しても同書(p52)で語っている。マラブーはその師を越えていないと言わなければならない(同書でデリダはハイデッガーを引用しヘーゲルをいちはやくペンローズ的人工知能の問題につなげており秀逸だ)。


自己意識内の外面と内面に関しては理性の章でも語られるが(p191)、自然宗教の節でも語られることからわかるように(p474)、ヘーゲルの重要なテーマだったと言える。

この素描の描かれた1805-6年は、ちょうど『精神現象学』(1807年刊行)の書かれた時期だったこともあり、ここに説明したような恣意的な解釈も可能だと思う。

少なくともジジェクの様にラカンとつなげる前に、スピノザとカントを捨象してしまったヘーゲルをそれ自身によって読み直すことはできるだろう。


追記:
なお『現象学』のオーソドックスな読みをする上で、ネット上で言及されている佐野正晴氏作成の、ヘーゲル『精神現象学』マッピングが参考になる。興味のある方は下記HP製作者に問い合わせていただきたい。
http://homepage3.nifty.com/luna-sy/re09.html

またヘーゲルの素描は『ヘーゲルの未来』の英語版では表紙に採用されており、アマゾンでは大きなイメージで見ることができ、内部も少し読むことができる。
http://www.amazon.com/Future-Hegel-Plasticity-Temporality-Dialectic/dp/0415287219/ref=pd_bbs_sr_1/102-4651908-1276956?ie=UTF8&s=books&qid=1187426933&sr=8-1


参考:
ヘーゲルの場合、主体が対象に関与している点が違うが、ヘーゲルにはデカルトの『人間論』("Traite de l Homme、"1664年、邦訳『デカルト著作集4』p271)掲載の以下の図が頭にあったのかもしれない。
この図を援用すると耳よりも脳が重要な要素であるということになる。
ちなみにデカルトは脳の中にある精気を出すという器官(腺)をUではなくH(腺H、腺は松果腺=Glandula pinealis; Corpus pinealeのこと)と表記している。
http://www.hyperkommunikation.ch/personen/descartes.htm

a0024841_15461527.jpg


訂正:
Uは非有機物(Unorganischen)のことかも知れない。
a0024841_17245861.jpg

「直接的な類それ自体は、プロセスに入り込み、現実的となっている」『自然哲学(下)』(未来社p221)より

a0024841_17244968.jpg

「この推理はそこに在る-形成作用はそれの生成、自己自らによる生産-(a)根、茎、および葉は、(b)プロセスとしての個別であり、(C)生きた木である。」(同p229)より

よって素描読解図は以下のようになる。
a0024841_17471766.jpg


追記の追記:
もう少し見やすい「ヘーゲルの自然哲学草稿の素描」(英語版『ヘーゲルの未来(The Future of Hegel)』表紙より。アマゾンの中見検索は、サファリを使うと構成ファイル一覧からコピーできる。)
a0024841_13504597.jpg
a0024841_145138.jpg

Naturphilosophie und Philosophie des Geistes.Felix Meiner Verlag, Philosophische Bibliothek, Bd 333, page 113

*以下、『ヘーゲルの未来』p20より

「有機的なものの推論」
類はここでは有機的なものの側に立つ/ーー結論は、類は非有機的なものと直接に合一されるということである。ーー個体は自分自身を食い尽くす。排除することのない分裂。有機的なもののそれ自身との関係。/個体は自らの無機性を止揚し、自分自身から栄養を摂取し、自らを自分自身へと分岐させ、自分の普遍を自分の諸職別へと分裂させる。これが個体自身における過程の推移である。

訳注
☆1『自然哲学(下)ーーヘーゲル哲学体系初期草稿(三)』本田修郎、未来社、1984年、212頁。なお、同様の表現は『自然哲学(下)』、第342節補論、476頁にみられる。

補足説明:
http://yojiseki.exblog.jp/7080038/
Uを否定性としてとらえた解釈をあらたに考えたが↑、上記の無限性としての解釈が無駄だとは思えない。
「この無限がそのものとして意識の対象になる時、その意識は自己意識になっているのである」(牧野紀之訳『精神現象学』p308)
[PR]
by yojisekimoto | 2007-08-18 17:30 | ヘーゲル

ペンローズとヘーゲルの三角形(メモ)

ペンローズの三角形は、ラカンのボロメオの環を連想させるが、ラカンのそれよりもより厳密だと思う。
量子力学やゲーデルの不完全性定理をそれぞれ物理的世界とプラトン的世界の核に位置づけているためだ。
実はヘーゲルの三角形もペンローズの三角形と相似だと思う。
この場合、論理学はプラトン的世界に、自然哲学は物理的世界に、精神哲学は精神的世界にそれぞれ相当する。以下の図の色分けはペンローズの指示によるものだ。理由はわからないが的確だと思う。
a0024841_16394921.jpg

参照:http://gitanez.seesaa.net/article/29287123.html

ちなみにラカンの場合、上記の三区分は象徴界、現実界、想像界に相当する。

追記:
ちなみにラカンの『encore』掲載の図は以下。
ジジェクがヘーゲル論で引用している(ヘーゲル哲学体系との対応は指摘していない)。ジジェクによると絶対知はSAで表せる。
a0024841_1132737.gif

http://reconstruction.eserver.org/041/malsky.htm

参考:
『ヘーゲルの未来』(カトリ-ヌ・マラブー、Catherine Malabou)の冒頭に以下のヘーゲルの素描が紹介されている(英語版では表紙に採用されている)。
「自然哲学」の草稿に描かれ、内容的にもそれに関係したものだというが、『精神現象学』における意識、自己意識、理性と解釈するとわかりやすい。
神的三角形と違いヘーゲル自身の試行錯誤をうまく表していると思う。

a0024841_20304589.jpg

[PR]
by yojisekimoto | 2007-08-07 16:42

『野いちご』と『太陽はひとりぼっち』

映画監督のベルイマンとアントニオーニがあいついで亡くなった。
ベルイマンはつい最近『サラバンド』のメーキングオブを見たばかりだったし、アントニオーニは『太陽はひとりぼっち』を見返したばかりだった。
ベルイマンは『野いちご』が忘れがたいし、アントニオーニは『愛のめぐりあい』の最後のエピソードが忘れがたい。
それぞれ、キリスト教に対して独自のスタンスを取っていたと思う。
アントニオーニは「私は腹で映画をとっている」とどこかで語っていた。
彼の作品は観念的ではなく、存在論的かつ唯物論的なのだ。
ベルイマンは『サラバンド』のメーキングオブで若い俳優と対等にやりとりしていて好感を持った。
近年は二人とも現場から遠ざかっていたが、なぜか思い出すことの多い映画作家だ。
そういえば一度面識のあった小田実さんも亡くなったばかりだ。
冥福をお祈りする。
[PR]
by yojisekimoto | 2007-08-01 15:04