<   2008年 01月 ( 8 )   > この月の画像一覧

ゴドウィンとマルサス

プルードンとマルクス以上に、思想史的な欠席裁判の事例として公平性に欠けていると思われるのがゴドウィンとマルサスとの関係だ。
ゴドウィンの《政治的正義》(Political justice, 1793年)などは、一部邦訳されたが今ではまったく手に入らないのではないだろうか?

a0024841_1748060.jpg

(英:William Godwin, 1756年3月3日-1836年4月7日)

マルサスの人口論は、人口が幾何級数的に増えれば(食料は算術級数的にしか増えないため)政府による管理、計画経済が必要になるといったたぐいの論理だ。マルサスは絶えずゴドウィンを批判しているが、誤読した上で批判しているのでマルクスがプルードンを批判している場合のように、後から検証できるたぐいの文章足り得ていない。

人口を変数に入れる場合には、宇野弘蔵やコンドラチェフのように結論を急がない態度が重要だが、マルサスには最初に結論があるのだ。

さて、そこまで危険視されたゴドウィンだが、僕の知る限り『政治的正義』は自殺論や美学も含んだ総合的な百科全書(フランス啓蒙思想の影響がある)のおもむきがある。
明らかにプルードンはゴドウィンを意識している(*)。特に『革命と教会における正義』などは題名からしてそうだ。1822年出版業を営んで破産したそうだがそうした点も似ている。

系列的な思考法もゴドウィンに学んだのではないだろうか?

ゴドウィンは女性人権家メアリ・ウォルストンクラフトを妻に持ち、シェリーなどとも間接的に関係があった(こうしたゴシップだけは資料が入手しやすい)。
彼のカルヴィニズム的決定論はスピノザとの親和性も高いと考えられる。
今後も研究を続けたい。
ウィリアム・ゴドウィンwikipedia


*教育におけるゴドウィンのルソー批判は、プルードンにおいては政治的なものに転化している(参照:住岡英毅『プルードンの教育思想』p229)。
[PR]
by yojisekimoto | 2008-01-26 17:48 | 歴史

ヴェネツィアのくじ引き

以前も書きましたが(くじ引き関連資料)、『ヴェネツィア歴史図鑑』(東洋書林、pp.32-33)によるとヴェネツィアではドージェ(Doge)と呼ばれる総督を決めるときに銅球と金の球を使ってくじ引き(+選挙)をしていたようです。
アリストテレス、スピノザ、モンテスキュー、ルソーも、ギリシアのアテネで確立し近代資本主義それ自体が「くじ引き的」に不安定化するまでは重宝されたこの方式に注目していました。
現代ではようやく柄谷行人がくじ引きを再発見(*)しましたが、日本でも始まる裁判員制度の実施に伴い、参加者の自覚を促す効用のあるこの方式は今後再評価されるべきでしょう。
(*参考:2002年NAM代表くじ引き選出

以下前出書より

総督の選出は最初は市民大集会に委ねられていたが、後に限られた人数の選挙人で行うようになった。選挙の仕組みは徐々に整えられ、1268年の法で明確に規定された。不正を防止するために、抽選と投票を交互に繰り返して総督選挙会議のメンバーとなる41人を指名したのである。まず、「バッロッティーノ(抽選係)」と呼ばれる少年が球を無作為に選んで、大評議会の30歳以上の議員に一つずつ手渡した。金色の球を受け取った30人は、抽選により9人にまで減らされ、この9人が40人の議員を推薦した。この時、9人は投票で40人を選んだが、7票以上を獲得しないと選出が承認されなかった。その後、抽選を行って40人を12人に減らし、この12人が新たに25人の選挙人を選んだ。再び抽選でこれを9人に減らし、この9人が投票で45人を選んだが、抽選でもうー度11人に減らした。この11人が総督の選挙人の選挙人となり、総督選挙会議の41人のメンバーを選出したのである。そして、最後に選ばれた41人が最終的に総督候補者を指名した。候補者の数だけ用意された投票箱に、深紅色の球を入れて投票するという方法をとった。この投票で25票以上を獲得した者が総督に選ばれた。

下:選挙の複雑な仕組みを象徴的に図解した版画。
a0024841_9521197.jpg

下:1709年の選挙で使用された投票用紙。この時はジョヴァンニ・コルネールが総督に選出されている。
a0024841_8382145.jpg

下:選挙の仕組みを解説した印刷物。参考:http://digilander.libero.it/venexian/ita/elezioni.htm
a0024841_1001020.jpg

「大評議会の間」の見取り図と投票の様子。↓
a0024841_9501794.jpg

最終投票で球を数える際に使用した木製の手。↓
a0024841_8362064.jpg

「バッロッティーノ(抽選係)」と呼ばれる少年の絵。↓
a0024841_839370.jpg

[PR]
by yojisekimoto | 2008-01-22 08:43 | くじ引き

「定本柄谷行人集総合索引(カラー版)」について

さて、ブログサイトは各会社ごとにそのシステム上の特色が違う。
長文が書けない場合が多いので、以下のコンテンツなどは掲載できるブログを見つけるのに苦労した。
文字をカラーに出来ることも最近わかったのでその機能を駆使してみました。
ただし、これだと、ブログでなくてHPをゼロからつくった方が早いかも知れない、、、


定本柄谷行人集(付『世界共和国へ』『NAM原理』)総合索引:着色決定版
http://nam-students.blogspot.com/2006/05/nam_31.html
NAMs出版プロジェクト、ブログサイトより
[PR]
by yojisekimoto | 2008-01-20 18:36

官製不況とRSIとSRI

官製不況という言葉を知ってはいたが、これほど実感できる時代が来るとは思わなかった。
建設業界、タクシー業界、ゆとり教育の撤回、(角を矯めて牛を殺した)NOVA、etc、現場を知らない人間が上から改革しようとすると最悪になるということの見本のようだ。
先日紹介した、セミラティスという概念は、官僚制を打破するためにどうしても必要な概念だ。
それは単なる一時的な感情に身を任せたアンチテーゼではなく、建設的な概念だからだ、、、

最近テレビで「ご近所の底力、限界集落」「クローズアップ現代、NPOバンク」など、知人が出演する番組を立て続けに見ると、不平不満を述べているだけでは不十分だということに気づかされる。。。。

話は変わるが、
最近、RSIとSRIという言葉が似ていて気になった、、、
RSIは精神分析家のラカンが現実界(R)、象徴界(S)、想像界(I)がそれぞれ相互に依存しつつ組み合わさって存在しているということを述べたものだ。
人間は幼年期から考えると想像界→象徴界→現実界と成長しつつ進むらしい、、、

SRIは社会的責任投資の略で、先のテレビ番組におけるオルタナティブな戦略にも関係する。
強引にいえば、こちらは企業、行政、市民の三角形のうち、市民と企業が手を結んだ姿を現している。
a0024841_1627535.jpg

参考サイト:
http://www.city.kawasaki.jp/30/30kokuse/home/gc/kch17.html


ラカンは象徴界を失った文学の典型として、ジョイスを挙げていたが、SRIは社会システムにおけるジョイス的なものということになるだろうか。
エイゼンシュテインはその『資本論』映画化のためのノートで、「形式面はジョイスに捧げられる」と述べていたのだった。
資本主義のただ中で、思考と行動を紡ぐという点で、RSIとSRIの三角形は相似かもしれない、、、、

無論パーソンズのようなレベルの違いを指摘する声も重要ではあるが、どちらも象徴界(社会システムでは官がこれにあたる)だけに依存していては現状を打破できないということを教えてくれている。


追記:
ちなみに「分析家の仕事は、

1. [S] 象徴的な自由連想を用いて、
2. [I] 自我の防衛と想像的転移を潜り抜けて、
3. [R] 無意識の欲望と思考にたどりつく

ということ」らしい、、、
http://d.hatena.ne.jp/lacanian/20070611
[PR]
by yojisekimoto | 2008-01-18 16:30 | 日記

都市はツリーではない?

クリストファー・アレグザンダーの「都市はツリーではない」(1965)は、邦訳は入手困難だったが、必読の論文だ。
アレグザンダーもそれを論じた柄谷行人や磯崎新もツリーとセミラティスを単純な二項対立にはしていない。
形式化の果に現れる不合理を明らかにしているのだし、直感的にしか把握されていなかったものを言語化したところに功績がある。

ただ、本物の「ツリー」はフィボナッチ数列が枝の分岐に当てはまるなどということを考えれば決して単純な、人間が考えるような「ツリー」ではないので、比喩として使用するには注意が必要だろう。

日本語翻訳版は以下で読める↓
http://nam-students.blogspot.com/2008/01/blog-post.html
a0024841_1834266.jpg

[PR]
by yojisekimoto | 2008-01-17 17:59

スロービジネス讃歌(改訂版)

ゆっくり村に日は昇り
残さず一膳の飯を食う
暮らしのなかの感謝の気持ち
感動をわかち合えばいい
命をつなぐ仕事をしよう
我らのスロービジネススクール

スロービジネススクールの中で
仲良く学びあう我ら
忘れた頃に風車は廻る
周りのみんなとハシ渡し
命をつなぐ仕事をしよう
我らのスロービジネススクール

(間奏)

ゆっくり歩く人がいる
夢をいつまでも捨てないで
日照りの夏でもヒントはあるさ
非電化製品広め歩く
暮らしを守る仕事がしたい
我らのスロービジネスカンパニー
命をつなぐ仕事をしよう
我らのスロービジネススクール

。。。。。。。。。。。。。。。。
http://yojisekimoto.yorozoo.com/music_detail/id=100005

http://www.slowbusiness.org/index.php

[PR]
by yojisekimoto | 2008-01-11 14:38 | 歌詞

晩年のパーソンズによるルーマン批判

タルコット・パーソンズはその実質的最終講議で、レベルの違うものを混同しているとして、かつて自らの弟子だったニコラス・ルーマンを批判している。普通ならルーマンは変数が多すぎると批判すると思うが、パーソンズの晩年のカントへの傾倒も宜なるかなと思わせる批判である。
以下引用です。

 <ここ数日、私は『社会科学における一般理論の探究』(Explorations in General Theory in Social Science)という論文集の中の非常に興味のある論文を繰返し読んでいます。それはドイツの社会学者ルーマン(N・Luhmann)という人の論文です。彼の業績は、近年、多くの人々の注目を集めていますので、業績は知らなくても、彼の名前は皆様のうち何人かは御承知のことと思います。さてルーマンは、交換の一般化された媒体に接近する問題を取り上げようと試みています。ここ数日間、これを読み返しながら、私はルーマンが行為の一般理論の異なったサブシステムの区分に失敗しているため、彼の説明には重大な困難がひそんでいると確信するように成りました。例えば、彼は一般化されたメディアの分類をしていますので、私は次の時間に、それについていくつかのことを述べるつもりですが、そのなかでも「貨幣」、「権力」等についてはすでに御存知のことと思います。彼はこれに属するものとして貨幣と権力を認めていますが、協同者と私が用いて来た他の二つのカテゴリーー「影響力」と「価値委託」ーの代わりに、彼は「愛」(love)と「真実」(truth)(図)を用います。
a0024841_1132538.jpg



ところで、他にもいろいろ難点がありますが、重要なことは、「愛」と「真実」は、一般行為システムのレベルに属するとしても、「貨幣」と「権力」は一般行為システムのレベルではなくて、社会システムに属しているというふうに思われます。私が考えていることを簡単に説明するに当ってまず述べたいことは、そこで言及しているシステムが何であるかを注意深く確認することの重要性であります。ルーマンはすべてのことを社会システムとして処理しており、文化システムを社会システムとは別個なものとして論じていません。>

(T・パーソンズ『社会システムの構造と変化』1984年、創文社p.34より)

参考:
やはり以前にも紹介した以下の図を参照するとわかりやすいかも知れない。
『人間の条件パラダイム—行為理論と人間の条件第四部 』(p264)富永健一作製の図↓
(AGILではなくLIGA図式になっている。)
a0024841_102315.jpg


追記:
先日書いたエルニーニョに関する記事↓と照らし合わせると生命システムの位置づけには実感としてうなづける。
http://yojiseki.exblog.jp/d2008-01-06


追記の追記:
パーソンズのシステム図は、インド生まれの思想家、サティシュ・クマールの以下の説と響き合う。
以下、ナマケモノ倶楽部MLより。

http://shop.slowbusiness.org/index.php?main_page=product_info&cPath=87_92_115&products_id=505

●つながりを取りもどす時代へ 持続可能な社会をめざす環境思想
http://shop.slowbusiness.org/index.php?main_page=product_info&cPath=87_92_118&products_id=556


■3つの“S”
――Soil(土)、Soul(心)、Society(社会)

エコロジーとは何か。土と心と社会という3つの言葉で説明できます。一体であるはずのこの3つが、バラバラだとどうなるでしょう?
例えば、社会運動家たちはこう考えるかもしれない。「環境どころじゃない。社会にまず正義を実現しなければ」と。また、環境運動家たちはこう言うかもしれない。「木や森、山に川、海や動物たちがあっての人間だ。人間だけの平和には興味がない」と。
さらに、自己啓発やスピリチュアルな世界、宗教などに救いを求める人たちは言うかもしれない。「地球は放っておいても大丈夫。必要なのは自己の成長と発展だけだ。自分が幸せなら、おのずと平和はついてくる」と。

新しい世界を目指す運動が、バラバラでは困るでしょう。それらを結びつける必要があります。なぜなら、これら3つの運動はどれも、ホリスティックで持続可能な世界を目指しているのだから。同様に、土と心と社会は、一体で切り離すことができません。
[PR]
by yojisekimoto | 2008-01-08 11:25 | パーソンズ

エルニーニョ

a0024841_223441.jpg


『地球ロマンチック』(NHK)の番組で、”エルニーニョ・地球規模の天候異変”(原題:The Life and Times of El Nino、制作はBBC,2005)再放送を見た。
地球温暖化によってここ50年ではエルニーニョの周期が乱れ多発及び拡大化し、熱帯雨林や氷山の消滅をまねきつつあるという指摘が衝撃的だった。

以下のブログがこの番組に関しては詳しい。

http://moonstar1003.blog.drecom.jp/archive/464

以下同ブログより

< エルニーニョ(→wiki)はスペイン語で「男の子」を意味し、南米ペルーの沖に数年に一度海水温が高まる現象をさしているんですね。今まで、何とな〜く・・・しかわかっていませんでした汗

ペルーでの海水温の高まりが、世界のいろんな地域に影響を及ぼすことが長年の研究でわかったようです。

100年前、イギリス人のギルバート・ウォーカーという科学者がいて、あらゆるものに数学的法則があると考えいたそうです。実際に、ブーメランの動きを示す方程式や鳥の飛行の方程式を見つけ、フルートに至っては、物理的特性の研究によりデザインの変更までしたそうです。

そんなウォーカーさんが、当時インドでモンスーンが弱まり飢饉が起きた原因を探り、全世界の気候のデータを解析して(一人では無理なので、インド人スタッフにやり方を教えてコンピュータ代わりにしたそうです)、気象の変化に数学的相関関係がないかを調べたそうです。そして、気圧が全てを左右していたことがわかったそうです。

通常、インドネシア付近の気圧が下がっていて、雨・嵐が多く、太平洋中部の気圧は高いそうなのですが、3〜5年でその気圧配置が逆転するそうで、その事は「南方振動」と名付けられました。しかし、当時は革新的考えで、50年後にやっと評価されることになったそうです。

エルニーニョの影響としては、次のような異常気象や災害が起こるそうです。。
・インドネシアの干ばつ
・ペルー沿岸の洪水と漁業被害
・カルフォルニアの大嵐
・モンスーンの弱体化
・アフリカ南部の干ばつ、南部以外での洪水
・ヨーロッパの洪水 など

また、古代文明もエルニーニョに打撃を受けたのではないか、という新学説も出てきて、その証拠となるようなものも既に見つかっているようです。>

以上、引用ここまで。

番組ではアイスコアと呼ばれる氷の層を調べることで歴史上の文明の衰亡とも関係づけられるとしていた。

(オハイオ州立大学の地質学者、ロニー・トンプソンが1980年代にアンデス山脈で発見したアイスコアに関しては以下のHP参照。画像も同HPより。)
http://www-es.s.chiba-u.ac.jp/~takeuchi/icecore_j.html
a0024841_22342273.jpg


1300年前のペルーのモチェ文化や、4000年前のメソポタミアのシュメール人の都市国家、ウル(現イラク領)の滅亡などもエルニーニョが原因らしい。

さて、後のビャークネスとともに気圧と天候の世界的連動=エルニーニョ現象の発見に寄与したギルバート・ウォーカー(写真)はラマヌジャンを援助した数学者でもあったそうだ。
a0024841_22333888.jpg

その辺は以下のHPに詳しい。
http://www.pol.geophys.tohoku.ac.jp/Exportable/hanawa/ori/005.html
# 地球環境物理学講座HP

以下引用。

<藤原正彦教授.「孤独な数学者」(新潮文庫,2001年)
藤原氏のこの本の中で,インドの港湾局事務員であったラマヌジャンが世に出るきっかけを作った一人に,ウォーカー卿が出てきたので驚いた.そう,インド気象台の長官で,モンスーンの予測の研究の過程で「南方振動」を発見したウォーカー卿(Sir Gilbert Walker, 1868-1958)である.今の言葉でいえば,「大気海洋相互作用」の先駆けの仕事を精力的行い,インド・モンスーンの研究の中から「南方振動」を発見した.そしてこれらの業績により,赤道域大気の東西循環に「ウォーカー循環」と冠を付けられたその人である.>

ウォーカーに関してはまったく資料が手元にないが、ものすごく興味深い。
[PR]
by yojisekimoto | 2008-01-06 22:37 | 環境問題