<   2008年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧

『芸術作品の起源』

ハイデガー、『芸術作品の起源』。
a0024841_2195634.jpg

この論文はゴッホの絵*を論じていることで著名であり、

1、物と作品、
2、作品と真理、
3、真理と芸術という三章から成り立っている。

そしてこれらは(物と芸術を同じく「現実界」にあるものと解釈すると)以下のようにラカンのボロメオの環的循環構成になっていると解釈できる。

     1、物(芸術、現実界)

2、作品(想像界)     3、真理(象徴界)

ハイデガーは、まず1では、道具的性格は想像界の芸術が明らかにし、
そして2では、芸術は(本質存在ではなく事実存在が優位であるという)真理が核となるとし、
さらに3では、その真理は空間的(大地,世界)である以上に、歴史的に現実化するべきだ、とする。

さて、ここで仮説だが、木田元によって強調される、本質存在、事実存在の差異は、それぞれマルクスのいう使用価値、交換価値に対応し得るのではないだろうか?
その解釈を援用し読み直すなら、

1、ゴッホの絵が明確にした本質存在=使用価値は、
2、事実存在=交換価値によって初めてその真理を明らかとされ、そこではまたプロレタリアート=大地とブルジョア=世界の対立が背景としており、
3、また最終的にはそうした階級闘争は空間的というよりも歴史的に捉えられなければならないとする、
ということになろうか。

ちなみに詩作による詩人の投企は命がけの飛躍ということになるであろう。

ハイデッガーはラカンのように循環論法を構造化して示していないので、論理学の一歩手前で立ち止まることを強いる。そして同時にヘーゲルほどではないが、歴史観の強要と決断を強いる。

ただ、木田元も解説するように、ハイデガーはニーチェのように芸術作品の受容者側や制作者側からではなく作品そのものを主体的に論じている点で、唯物論的でありなおかつ(明確な中心を措定しないことからも)十分構造論的なのである。

その際、制作というギリシア的概念が重要になるが、これも制作者を措定するというよりも自然生成に近い概念、つまり事実存在をそのつど更新するものとしてである。

もちろんそのギリシア賛美とその詩的決断は反時代的で不可能なことなので、結果的に決定不能ということになる。

ここで指摘したかったのは、ハイデガーをその循環論法と非論理性から全否定するということではなく、ハイデガーが批判するマルクス主義とハイデガー哲学は相似だということである。

そして木田元が言うように事実存在がカントいうカテゴリーの様相、本質存在がカントいうカテゴリーの質に相当するなら、カントに立ち返る必要性をも指し示していると言えようし、マルクスとカントがハイデガーを介在することで有機的に繋がる可能性があるということでもある。



左足用?の靴(ゴッホが蚤の市で購入したものだと言う)が2つ描かれたこの絵は、最近の研究では、ゴッホの弟テオとの二人三脚を宣言したものと解釈され得る。もちろんこの解釈は作者側の視点によるもので、ハイデガーには不可能だったというよりも、ハイデガーが意図的に避けた解釈ではある。
[PR]
by yojisekimoto | 2008-11-25 21:01 | ハイデガー

世界-内-存在

木田元(『ハイデガー「存在と時間」の構築』)によれば、ハイデガーの「世界内存在」には生物学的背景があるという。それはユクスキュルの環境世界への考察で、動物がそれぞれ独自の世界を持っているというものであるが、今日では一般的となった考え方といっていいだろう。
以下のアニメはフライシャー兄弟の『バッタくん町へ行く』のラストだが、バッタが独自の環境世界を持っていることを描いている。

http://jp.youtube.com/watch?v=ZmymUWrtN5Q
それでも、モーゼのようなバッタの描き方は環境世界理論的に充分ではない。
宮崎駿の短編映画(特に『水クモもんもん』)での試みはより環境世界論的にみて興味深いものである。



ハイデガーの考察はそこからさらに普遍的な考察を人間のみが行い得るというものだが(ここで世界を開くという新たな用語が使われる)、それは生物学やマルクス主義に対する哲学の優位を説くハイデガーの独自の論法へと転化することになる。また人間中心の世界観をハイデガーが脱することができなかったということでもある。

追記:
世界内存在なる用語には岡倉天心の『茶の本』内の荘子の処世のドイツ語訳が影響を与えていると言う説がある(木田元『ハイデガー拾い読み』他参照)。ギリシア的な生成の理念がアジアの非物質主義的、非還元的な世界観と繋がることは十分考えられる。
このことに関しては今後また考えたいと思う。

またユクスキュルに関しては『生物から見た世界』ではカントの空間論に、『生命の劇場』ではプラトン及びアリストテレスに触れており、経験主義的考察から見た哲学の効用を明らかにしていて、ハイデガーの言及したような功績を大幅に上回る功績をあげた存在であることが言えよう。
[PR]
by yojisekimoto | 2008-11-22 11:52 | ハイデガー

ハイデガーの「脱自」

エクスタシーという言葉はギリシャ語のエクスタシスが語源で、神との合一、魂の現象界への離脱といった意味合いがあるという。
ハイデガー研究者のあいだでは多くの場合「脱自」と訳される。
「脱自」という訳語はそれ自体はエクスタシーという本来の語が指し示すような意味においてはまったく官能的ではない。これらは言語及び翻訳の問題でもあるだろう。そもそも(多和田葉子『エクソフォニー』の説では)官能的という語そのものが「官」と「能」というまったく官能的でない言葉同士を合わせた言葉であって、言語というものの不可思議さをよく示していると思う。

さて、ここからが本題だが、(ハイデガー自身は『現象学の根本問題講義』でその官能性を否定しているが)この「脱自」を「エクスタシー」として読めば、ハイデガーはじつに官能性について語っているかのような様相を呈する。

以下邦訳全集26巻より。

(図は『ハイデガー=存在神秘の哲学 』講談社現代新書、古東 哲明 、p174より孫引き)

/////////////


期待することは、必ずしも望むか恐れることではなく、それ自体さらに様々な変様、すなわち張りつめた不寛容、無関心な成り行き-まかせを示しうる。
(略)われわれが予期作用と名付けたものはそれらの態度の根底にある、そのとき的なもののなカへの脱出以外の何ものでもない。それは、われわれがそれについて、そのときそれはそうなるだろう、と言うことができ、また言わなければならないようなあらゆる可能なあるものを、あらかじめすでにこれに先立って跳び超えてしまっているのだ。
(p280)

予期作用は、われわれが言うように、脱自的[ekstatisch]である。
(略)
a0024841_1532338.jpg

自己へ向かってということが、将来ということの第一次的で脱自的な概念である(略、図1上)。
(p281)
過去はもう一本の軸の上に自己を巻き込んでいく(略、図2下)。
脱自態([Ekstase])は、直接的に、中断なくそして第一次的に、既に有ったことのうちへ伸張していくのだ。
(p282)

(略)それらの有はまさに自由な脱自的な振動のうちに存する。
(p283)

脱自は、或る限定された可能的なものを自ら産出するのではないが、しかしおそらく、その内部で或る限定された可能的なものが何か期待されうるような可能性一般の地平というものを産出する。(略)地平はエクスタシスの[脱自]のエクステーマ[脱自域]である。
(略)このエクステーマ的なものは、振幅運動しつつ、世界することとして時熟する。脱自的な振幅運動のようなものがそのつど或る時性として時熟するかぎりにおいてのみ、世界への進入が起きる。
(p285)

////////


ハイデガーは自らの存在論がライプニッツのモナド(*)と呼応することを認めつつも、モナドがデカルト的な自我を未だに基礎としていると批判している。デカルト的自我に対してハイデガーが打ち出すのが脱自=エクスタシスである。これよって自我から脱するわけだから、エクスタシスは重要な概念ということになる。(『個体性の解釈学』四日谷敬子)。

またその脱自の仕方も(あえて言うなら)男性的な直線的原理というわけではない。
ベルグソン的な図解(図1)に対抗して提出した図(図2)は、(古東哲明が「暫時」を「刹那」と訳しているため)一見神秘主義的だが、一般的なイメージと違ったハイデガーの(あえて言うなら)女性原理的な特質を指し示しており重要だと思う。



以下、試しに普遍論争の見取り図を描いてみた。ホッブズやルソーの近代的アトミズムも含めアトミズムは本来唯名論に分類される。
ライプニッツ的モナドはそこに「(叡智者や天使の)すべての個体は最低種である」というトマス・アクィナス的種の原理(『形而上学序説』第9節参照)を導入することで、実体論的に改良したものと言える。
以下、参考までに普遍論争を図式化し、ライプニッツとハイデガーを位置づけてみた(object-subjectの逆転に近いことがこの論争に当てはまるので位置づけは恣意的に変わり得る)。

           神          
           |
           |
プラトン       |      オッカム
トマス・アクィナス  |
           |
           |カント
           |
実       アリストテレス        唯
在__________|__________ 名
論          |   アトミズム   論
     ライプニッツ|スアレス
 ドゥンス・スコトゥス|ハイデガー  ホッブズ
 スピノザ      |デカルト   ジョン・ロック
           |
           |     
           |
          人間的
           

さらにアラベール等の概念論を実在論と唯名論の両者を止揚したものと考える人もいる。
(ドゥンス・スコトゥスから出発した)ハイデガーは実体論から唯名論へ、(スアレスの個体的定義から出発した)ライプニッツは唯名論から実体論へ移行したとも解釈できる。
ハイデガーの脱自(あるいは脱自域)という言葉はそうした移行をも説明するものかもしれない。
[PR]
by yojisekimoto | 2008-11-16 15:28 | ハイデガー

SBSカリキュラム

一般の人には何のことかわからないと思いますが、スロービジネススクールの坂田さんがつくったカリキュラムを図解してみました。
a0024841_9371477.jpg

自分を「自己」に直し、原点回帰という意味で常にゼロにとります(1,5,9,13)。
知識はX軸、表現はY軸、スロービジネスづくりはその総合ということで斜め上の面積を表す座標上に伸びていきます。
自己(ゼロ)+知識×表現=実践、ということになります。

参考:
sbs

sbsC

■E組課題カリキュラム 2008.10.28

           〜初級(はじまり)〜
      <課題>              <意図>
 
1(1-A)
自   課題への感想          自分のことを知ることと考えを外に出す    
    自分へのインタビュー       
分    ・スローとの出会い
     ・自分と仕事(くらし)

2(1-B)
知   取り組みの紹介         身の回りにあるスローを発見        
     ・広めたいもの
識    ・減らしたいもの

3(1-C)
表   ブックレビュー         そこにある情報を人に伝える
   (知識を深める)
現   くらしの紹介
    地域の紹介

4(1-D)
ス   イベントに参加         既にある取り組みを知る  
ロ                   体験・応援
|   イベントの感想
ビ 

ネづ
スく
 り  

         〜中級(練習)〜
5(2-A)
自  ・習慣を変えてみる       ・望む自分に
   ・理想の暮らしを         変われる自信をつける
分   デザインする         ・なりたい自分を
                    イメージする             
6(2-B)
知   代わりを探す          そこにあるものを深く知り
     インタビュー          自分でも考える


7(2-C)
表   お互いに質問しあう      ・相手のためになる話し方
                   ・話を引き出す


8(2-D)
SB   イベントの改善点を提案     スロービジネスの実践に          
づ                   関わってみる
く   イベント主催側に参加  


           〜上級(計画)〜
9(3-A)
自  理想の暮らしの           なりたい自分に向けて
   実現に向けて            今できることを考える
分  バックキャスト

10(3-B)
知  紹介記事               広い視点から
   (広い視野をもつ)          対象について考える


11(3-C)
表   初級への感想           人を元気づける話し方

現   

12(3-D)
SB  ・イベント主催           自分で責任を負ってみる
づ  ・スロービジネスの提案
く  ・ファシリテートをつとめる


           〜卒業生(実践者)〜


13(4-A)
自   実践のふり返りと見直し       目標に向かって
                      進んでいる自分を
分                     チェックする


14(4-B)
知  ・自分の経験、ノウハウの        自分の経験を他の人に
    概念化とその共有           共有できるよう体系化する


15(4-C)
表   中級以上に             人を育てる表現方法
    コメント・アドバイス・質問
現   

16(4-D)
SB  ↑インタビューに答える         実践
づ 



ちなみに通し番号ではなくAからDへの反復だと考えれば以下になります、

                                実  (スロービジネス
表|                               践      づくり)
現|
 |
 |4C                          4D
 |
 |
 |
 |
 |3C                  3D                
 |
 |
 |
 |
 |2C          2D 
 |
 |
 |
 |1C    1D
 |______
 |3A,4A |
 |1A,2A | 1B      2B      3B        4B
 |___ __|_____________________________
自                               知識
 己
[PR]
by yojisekimoto | 2008-11-01 09:37 | SBS