<   2008年 12月 ( 19 )   > この月の画像一覧

カント構造図目次&『純粋理性批判』図解別バージョン

 (以下の目次はこの前書いたものと同じ。カテゴリーの記載順は最初に書いたものと違いカント自身のもの。結果として左端にカテゴリー、右端にアンチノミーが位置する。第一批判の図解、その1その2、は別バージョン。 図解その1の重要な部分は中間の帯状の論理学の部分。)

 
関係
 
様相

     三批判書
        
 
『純粋理性批判』『実践理性批判』
     
『判断力批判』

                      三 批 判 書
                          
      『純粋理性批判』           ◇         『実践理性批判』
         感性論                           
分析論(カテゴリー) ◇'  弁証論(アンチノミー)  分析論(カテゴリー)  ◇'  弁証論(アンチノミー)              
          方法論                        方法論         
                     『判断力批判』
                         
                  美学      ◇’     目的論
                               
                分 ◇''            ◇'' 
                                




図解:
                               /\
                              緒 言\
                             /    \
                            /      \
                           /        \
                          /          \
                         /            \
  原         理           論              \
                       /\     空  間     /\
                      /  \            /  \
                     /    \          /    \
                    /      \        /      \
                   /        \      /        \
                  /   時  間   \    /          \
                 /            \  /            \
                /先  験  的  感  性  論              \
               /\              /\              /\
              /  \            /  \            /  \
             /    \          /    \          /    \
            /      \        /      \        /      \
           /(空虚/盲目) \      /        \      /        \  
          /          \    /          \    /          \
         /            \  /            \  /            \
        /     緒  言     \/              \/              \
       /\              /\              /\              /\
 論   理   学            /  \            /  \            /  \
     /    \          /    \          /緒  言\          /    \
    /      分   析    論      \        /  \/\/弁   証    論      \
   /\      /\      /\      /\      /\  /\/\/\      /\   0  /\
  /  概 念 分 析 \    / 原 則 分 析  \    /  \/  \/  \   (主観X)    /0 \
 /手 引 き  演   繹\  /    \  /\0 /\  /   理 性 概 念  \  /\  弁 証 的 推 理\   
論理的\判断表\/演繹\/先験的/ 図式論  \/原則の体系 \/ 理念一般 \/ 先験的理念\/ 誤謬推理 \/宇宙\アンチ\
使用一般\  /\一般/\演繹/\      /\分析/\総合/\      /\      /\霊魂/\心理学\理念/ノミー/
 \/  \/  \/  \/  \    /  \/体系\/  \    /  \    /  \/  \/  体系  \/↓拡大
  \範疇表    \  /    \  /   (1〜4)    \  / 先験的\  /    宇宙論へ\  /\  /
   \/      \/      \/現象と可想 \/      \/ 理念の体系\/      \/ 理 想  \/
    \      /        \      /        \      /        \一般/先験的/
     \    /      付録、ライプニッツ/          \    /          \/根拠\/
      \  /            \反省/            \  /          三〜七 神学
       \/              \/     訓  練     \/           付録、目的
        \              /\              /\              /
         \            /  \            /  \            /
          \          /    \          /    \          /
           \        /      方   法    論      \        /
            \      /\      /\      /        \      /
             \    /  規    準  \    /          \    /
              \  /    \  /    \  /            \  /
               \/ 究極目的 \/  最高善 \/    建 築 術     \/    
                \      /\      /\              /
                 \    /  \    /  \            /
                  \  /    \  /    \          /  
                   \/   信  \/      \        / 
                    \      /\      /\      /     
                     \    /  歴    史  \    /
                      \  /    \  /    \  /
                       \/ (対象) \/ (起源) \/      
  方          法          論      /\      /          
                         \    /  \    /  
                          \  /    \  /
                           \/ (方法) \/
                            \      /      
                             \    /      
                              \  /
                               \/  
                      
 ↓ 
アンチノミー解説:
宇宙的理念体系より
               /\                                       
              /  \            
             /    \          
            /      \        
           /\      /\     
          /  \    /  \    
         /    \  /    \  
        /      \/      \
       /\   1  /\   2  /\             
      /  \    /  \    /  \            
     /    \  /起源  \  /    \         
    /      \/  合成  \/      \       
   /\      /\ (量3) /\      /\      
  /  \    /  \ 総体性/  \    /  \    
 /合成  \  /    \  /    \  /自由  \ 
/  分割  \/      \/      \/  発生  \
\ (質1) /\   2  /\  1   /\ (関係2)/
 \実在性 /  \    /  \    /  \原因性 /  
  \  /    \  /    \  /    \  /   
   \/      \/      \/      \/      
    \  3   /\      /\   3  /        
     \    /  \    /  \    /          
      \  /    \  /    \  /            
       \/      \/      \/              
        \  1   /\   2  /
         \    /  \    /  
          \  /必然  \  /    
           \/  必然性 \/      
            \ (様相3)/       
             \完全性 /          
              \  /            
               \/ 

               /\                                       
              /  \            
             /    \          
            /      \        
           /\      /\     
          /  \    /  \    
         /    \  /    \  
        /     「量」      \
       /\(1単一性)/\(2多数性)/\             
      /  \    /  \    /  \            
     /    \  /起源  \  /    \         
    /      \/  合成  \/      \       
   /\      /\  量3  /\      /\      
  /  \    /  全体、総体性  \    /  \    
 /合成  \  /    \  /    \  /自由  \ 
/  分割 「質」      \/    「関 係」 発生  \
\  質1  /\(2否定性)/\(1実体性)/\  関係2 /
 \実在性 /  \    /  \    /  \原因性 /  
  \  /    \  /    \  /    \因果性     
   \/      \/      \/(3相互性)\/      
    \(3限界性)/\      /\      /        
     \    /  \    /  \    /          
      \  /    \  /    \  /            
       \/    「様 相」     \/              
        (1可能性) /\(2現実存在)
         \    /  \    /  
          \  /必然  \  /    
           \/  必然性 \/      
            \  様相3 /       
             \完全性 /          
              \  /            
               \/ 

カテゴリー表
量(単一性、多数性、全体性)
質(実在性、否定性、限界性)
関係(実体性、因果性、相互性)
様態(可能性、現実存在、必然性)

判断表
 量 →全称的(すべての〜は−である)
    特称的(幾つかの〜は−である)
    単称的(一つの〜は−である)
 質 →肯定的(〜である)
    否定的(〜でない)
    無限的(〜は非−である→註)
 関係→定言的(〜である)
    仮言的(〜ならば、−である)
    選言的(〜か−である)
 様相→蓋然的(〜かもしれない)
    実全的(〜である)
    確定的(〜であるに違いない)


 追記:

        
_________純_____粋_____理_____性_____批_____判_________
|           |           |           |  |  |0 |一般|
|           |           |  (空虚/盲目)  |__|__|_手引き_|
|           |           |           |  |  |判断|範疇|
|   空間      |  時間       |    緒言     |__|__|表_|表_|
|           |           |           |  概念分析  |  |
|           |           |           |__|演繹一般_|__|
|           |           |           先験的演繹 |  |  |
|_________感 性 論_________|________論 理 学 |__|__|__|
|           |           |     |   分 析 論         | 
|           |           |     |     |           |
|           |           |     |図式論  |           |
|           |           |____原則分析___|           |  
|           |           |原則の体系|現象と  |           |   
|           |           |0_分析_| 可想  |           |    
|           |           |  |  |付録:ライプニッツ/無      |    
原___理___論(感性論と論理学)______|総合|体系|_____|___________|
|           |  |  |     |           |     |     |  
|           |_緒言__|理念一般 |           |     |究極目的 |
|           |12|  |     |           |     |     |
|           |34|理性概念____|    訓練     |____規準_____|
|           |     |     |           |     |     |
|           |先験的理念|先験的  |           | 最高善 | 信   |
|           |     |理念の体系|           |     |     |
|________論 理 学 ___|_____|________方__法__論__|_____|
|    (主観X)弁 証 論         |           |     |     |
|  0  誤謬推理 霊魂           |           |     |(対象) | 
|     心理学|宇宙|           |           |     |     | 
|__弁証的推理_|_論へ           |    建築術    |____歴史_____| 
|0 |宇宙的  |一般|           |           |     |     | 
|__|理念|_理想__|           |           |(起源) |(方法) | 
アンチ|  |先験|根拠|           |           |     |     | 
|ノミー__|的_|_付録:目的論_______|___________|_____|_____|


アンチノミー
_____________________
|    |    |    |1   |    
|    |    |    |実在性 |       
|    |    |    |分割合成|    
|___「量」___|___「質」___|
|    |3総体、|    |    |    
|    |全体性 |    |    |   
|    |  起源|    |    |    
|____|____|____|____|
|    |    |    |    |    
|    |    |    |    |   
|    |    |    |    |   
|___「関係」__|___「様相」__|
|2原因、|    |    |3   |   
|因果性 |    |    |完全性 |    
| 発生 |    |    | 必然性|   
|__自由|____|____|____|

カテゴリー
_____________________
|    |1   |    |1   |    
|    |単一性 |    |実在性 |       
|    |    |    |分割合成|    
|___「量」___|___「質」___|
|2   |3総体、|2   |3   |    
|多数性 |全体性 |否定性 |限界性 |   
|    |  起源|    |    |    
|____|____|____|____|
|    |1   |    |1   |    
|    |実体性 |    |可能性 |   
|    |    |    |    |   
|___「関係」__|___「様相」__|
|2原因、|3   |2   |3   |   
|因果性 |相互性 |現実存在|完全性 |    
| 発生 |    |    | 必然性|   
|____|____|____|____|
[PR]
by yojisekimoto | 2008-12-31 00:38 | カント

カント三批判書:図解別バージョン

 以下のカテゴリーの記載順は以前書いたものと違いカント自身のもの。

 
関係
 
様相


                      
三 批 判 書
                          
      『純粋理性批判』           ◇         『実践理性批判』
         感性論                           
分析論(カテゴリー) ◇'  弁証論(アンチノミー)  分析論(カテゴリー)  ◇'  弁証論(アンチノミー)              
          方法論                        方法論         
                     『判断力批判』
                         
                  美学      ◇’     目的論
                               
                分 ◇''            ◇'' 
                                
          
『 純 粋 理 性 批 判 』  
              
先 験 的 原 理 論    
|                        <量>先験的感性論
                            a空間
|                         b時間◇'×
                             ÷
|先験的論理学
||   <質>分 析 論                ◇          <関係>弁 証 論 
||           +(緒言,空虚/盲目)                       
||    概念分析   ◇'     原則分析              理性概念   ◇'      弁証的推理
||           ÷                                ÷         
||  a(範疇論)◇''b(演繹)   a(図式論) ◇''b(分析/総合,-体系)               a(誤謬推理,主観X)◇''b(アンチノミー),
||       ÷                   a'                          c(理想)
||                         b'◇'''c'      |____________________________|
||                          d'                    
||                 c(現象/可想,物自体)                     |拡大
||                  付録(/反省):無(4範疇)                 |
||                                              
                                                |
                        <様相>先 験 的 方 法 論         |
                             a(訓練)                 |
                      b(規準,#2最高善)◇'c(建築術)             |
                             d(歴史)                  |
                              +                   |
                           a'(対象)◇''b'(起源)               |
                               c'(方法)                 |  
                                                |
________________________________________________↓___________
|                                                          |
        先  験  的  弁  証  論 <関係>
               
理 性 概 念 <質'>    ◇'          弁 証 的 推 理<関係'>
                          +
a理念一般◇’’b先験的理念        a誤謬推理<質''>◇''    bアンチノミー,宇宙論的理念#1-9 <関係''>
    c体系             +(緒言,主観X)          #2 a,起源
                a'(霊魂)◇'''b'(心理学)        b,合成◇''' c,自由
                     c'(宇宙論へ)            d,必然
                                 #9(理念解決#1',
                                    2'◇''''3'
                                      4'
                          c理想<様相''>
                            +
                      a'(理想一般)◇'''b'(先験的理想)
                           c'(#3-7)
                           付録:(目的) 


『 実 践 理 性 批 判 』
                     
先 験 的 原 理 論    
|                                      
|   <質>分 析 論           ◇             <関係>弁 証 論 
|          a(原則)                           
b(善悪の概念)範疇論 ◇' c(1動機, 2 解明)          a理性一般の-(純理の弁証論) ◇' b最高善の概念規定#1-9
|     a'量     ÷                                     
|  ,b'質◇'' c'関係,                                      ◇'' a'#1-3(二律背反, 徳と幸福)
    d'様相                                         b'#4-6(不死,神,自由の要請),         
                                                #7(自然学/道徳学)  
                    方 法 論
                    (結び:宇宙/道徳法則) <様相> 


『 判 断 力 批 判 』  
                                              +(序言,序論)  
                     美 学#1-60<質>                目 的 論<関係>
                                             ÷ ↓
         分析論#1-54<質'>   ◇'       <関係'> 弁証論 #55-60       |                    
          b崇高#23-9                                  |
          
(+)                                    |
   (数学的#25-7)(−)◇'''(×)(力学的#28-9 )              +             |
           (÷)                                    |
   a美#1-22   ◇'' c演繹#30-54_d共通感覚#40        ◇''二律背反(概念/)#56-7 |                 
   b'(量''')#6-9 ,  ÷                        ÷            |
a'(質''')#1-5◇'''c'(関係''')#10-17,                                 |
     d'(様相''')#18-22                                    |             
                    付録:方法論(なし)#60                   | 
                                                |        
                       _________________________ |

                       ↓
                      目 的 論#61-91 <関係>
                       

分析論#62-68                ◇'       弁証論#69-78
実質   ,内的                              +
/形式#62,/相対的#63,規定/反省#65,68,有機体#65         ◇''a'二律背反(機械論/)#69-73
                             
b'(体系etc)#72-78,#総注(「関係」''') 
             
                  
スピノザ#73,80,85,87_ヒューム#80_道徳神学#86
                  付録:方法論#79(体系)-91,最高の善=自由#91
[PR]
by yojisekimoto | 2008-12-30 13:06 | カント

スピノザ『エチカ』見取り図:試作


「神あるいは自然(Deus seu Natura)」(第四部序文、及び定理四証明)

1神について
2精神の本性および起源について
3感情の起源および本性について
4人間の隷属あるいは感情の力について
5知性の能力あるいは人間の自由について

              2b様態
               /\
              /無限\
             /    \
 悲しみ________/_2a属性__\________喜び
    \ 憎しみ  /   /\   \   愛  /
     \   悪/___1実体\___\善   /  
      \  /\  知_/\_至福 /\  /    
       \/  \/ \  / \/  \/
       /\  /\/_\/_\ /\  / \
   所産的自然 \/ 神\__徳__自然(能産的) \
     /  延長\個体 5自由/ 認識/思惟  \  
  物体/_____身体___\/___精神_____\観念
            \ 4理性  /      
             \    /
              \努力/
               \/
               欲望
              3感情


1神について(実体)
 1:1「その本性からみれば、実体は変様に先だっている。」
 1:18「神はあらゆるものの内在的原因であって超越的原因ではない。」
 1:25「神は(略)物の本質の起成原因でもある。」
 1:29注解「われわれは能産的自然を、それ自身において存在しそれ自身によって考えられるもの、(略)と理解しなければならない。(略)これに反して所産的自然とは神の諸属性のすべての様態のことである。」
2精神の本性および起源について(物体と観念、精神と身体)
 2:1「思惟は神の属性である。(略)」
 2:2「延長は神の属性である。(略)」
 2:7「観念の秩序および連結はものの秩序および連結と同一である。」
 2:8「存在しない個物あるいは様態の観念は、(略)神の無限の観念の中に包容されていなければならない。」
 2:13「人間精神を構成する観念の対象は身体である。(略)」


              2b様態
               /\
              /無限\
             /    \
            / 2a属性  \
           /   /\   \  
          /   1実体\   \  
         /   / /\ \   \     
        /   / /  \ \   \
       /   / /____\ \   \
   所産的自然  /_神_____自然(能産的)  \
     /  延長 個体     認識 思惟   \  
  物体/_____身体_______精神______\観念



3感情の起源および本性について(感情)    
 3:2注解「身体は何をなしうるのかを今日まで明確にしたものはいなかった。」
 3:7「おのおのの物が自己の有に固執しようと努める努力はその物の現実的本質にほかならない。」
 3:54「精神は自己の活動能力を定立することのみを表象しようと努める。」
 3:56「喜び、悲しみ、そして欲望、したがってまたこれらから形成されている(略)感情には、われわれが動かされる対象の種類に匹敵するほど多くの種類が存在する。」
 3:57「各個人の各感情は他の個人の感情と、ちょうど一方の人間の本質が他方の人間の本質と異なるだけ異なっている。」
 3:感情の定義6「愛とは外部の原因の観念を伴った喜びである。」
 3:感情の定義7「憎しみとは外部の原因の観念を伴った悲しみである。」
4人間の隷属あるいは感情の力について(道徳、理性)
 4:8「善と悪についての認識は、喜びあるいは悲しみの感情にほかならない。ただしそれは、その感情についてわれわれが自覚しているときに限る。」
 4:26「われわれが理性に従って努力することは、すべて認識するということである。精神が理性を用いるかぎり、精神は認識に役立つもの以外は自分にとって有益であると判断しない。」
 4:65「われわれが二つの善を比較してより善いものを、また二つの悪を比較してより悪くないものを追究するのは,理性の導きによる。」
 4:73「理性に導かれる人は、(略)むしろ共同の決定に従って生活する国家のなかにあってこそ、はるかに自由である。」
5知性の能力あるいは人間の自由について(自由)
 5:15「自分自身や自分の感情を明瞭・判明に認識する人は、神を愛する。そして自分自身や自分の感情をより多く認識するにつれて、それだけ多く神を愛する。」
 5:19「神を愛する人は,神が自分を愛をかえすようにつとめることができない。」
 5:24「われわれは個物をより多く認識するにつれて,神をそれだけ多く認識する。(略)」
 5:29「精神は永遠の相のもとに認識するすべてのものを、身体の現実の現実的存在を考えることによって認識するのではなくて、身体の本質を永遠の相のもとに考えることによって認識する。」
 5:36「神にたいする精神の知的愛は、神が自分自身を愛する神の愛そのものである。(略)」
 5:42「至福は徳の報酬ではなく、徳そのものである。(略)」

 悲しみ________________________喜び
    \ 憎しみ               愛  /
     \   悪____________善   /  
      \   \  知____至福 /   /    
       \   \  \  /  /   /
        \   \  \/  /    /
         \   \  徳  /   /
          \個体 5自由/ 認識/
          身体   \/   精神
            \ 4理性  /      
             \    /
              \努力/
               \/
               欲望
              3感情

                      ________     
               /\     \      / ______        
       /\     /  \     \    /  \    /  ____
 /\   /  \   /    \     \  /    \  /   \  / 
/__\ /____\ /______\     \/      \/     \/
1実体 →  2a属性 →   2b様態    →  3感情 → 4道徳(理性)   → 5自由

スピノザ(1632-77)は生前ユダヤ教から破門されたユダヤ系オランダ人(あるいは「ポルトガル出のユダヤ人」byコレルス)。

追記:
スピノザの紋章 「CAUTE(=注意)」
心なしか上記図もユダヤの紋章(ダビデの星)ではなく花びらのように見える。
a0024841_16332292.jpg


拡大改訂版:
                         2の2様態
                           /\
                          /無限\
                         /    \
                        /      \
                       /        \  
                   有限様態          \
                     /            \  
 悲しみ________________/____2の1属性_____\________________喜び
    \        恐れ    /       /\       \希望            /
     \    憎しみ     /間接無限様態 /  \       \    愛       /
      \ 絶望    受動的/       /絶対無限\       \      完全性(小←→大)
       \       悪/__直接無限様態_1実体__\_______\善       /
        \ 怒り   /\      /   /\   \    本性/\      /
         \    /  \   知/_知的愛__\___\至福  /  \    /
          \  /    \  /\  /    \  /\  /    \  /
           \/      \/  \/      第三種認識(直観知)  \/      
           /\  第二種の個体  /\      /   /\      /\
          /  \ (複合個体)\/__\____/__\/  第二種認識/  \
         /第一種の個体 /  神(永遠、必然) /(能産的)自然 \  /第一種認識    
        /(単純個体)\/______\___\/___/______\/ (想像知)\   
       /      延長\       \  徳   /       /思惟      \ 
      /          \       \5自由 /       /          \
   (個物) 所産的自然     \       \  /    努力 /            \  
  物体/______________\_______\/_______/_驚き___________\観念
 2の3              身体\    4道徳、理性    /精神             2の5
                2の4  \            /   2の6
                      \   (努力)   / 
                       \        /(無際限)
                        \      /     
                         \ 3  / 
                          \感情/
                           \/
                           欲望

追記:
パーソンズの機能図式をあてはめると、、、

4)潜在機能(Latency)またはパタン維持機能
3)統合機能(Integration)--------- 内部の部分間を調整する。
2)目標達成機能(Goal attainment)--全体に共通の目標に向かって指導する
1)適応機能(Adaptation) --------外部との関係で必要な資源を調達
--全体の基本的なプログラムを維持する。普段は目に見えないので「潜在」と呼ばれる。

パーソンズは、国民国家から家族まで、あらゆる社会関係をこうした4つの機能によって説明できると考えた。
この4機能による分析図式は、AGIL図式と呼ばれる。

LIGAの順に制御作用が働く    ------------→
                   L  I  G  A
AGILの順に条件づけ作用が働く ←------------
http://www7.ocn.ne.jp/~ooguro/css06.htm

(制御↓)
L価値/規範 : ルール
I集合体/役割: 行動パターン
G地位:ルール上の位置 (例)ゴールキーパー
A役割:ルール上の行動の仕方(例)味方のゴールに入るボールを止める。
(条件づけ↑)


              2b様態              A
               /\
              /無限\              G
             /    \
 悲しみ________/_2a属性__\________喜び  I
    \ 憎しみ  /   /\   \   愛  /
     \   悪/___1実体\___\善   /  
      \  /\  知_/\_至福 /\  /      L
       \/  \/ \  / \/  \/
       /\  /\/_\/_\ /\  / \
   所産的自然 \/ 神\__徳__自然(能産的) \       I
     /  延長\個体 5自由/ 認識/思惟  \  
  物体/_____身体___\/___精神_____\観念  G
            \ 4理性  /      
             \    /
              \努力/
               \/
               欲望                A
              3感情               

1神について              L
2精神の本性および起源について     I-G
3感情の起源および本性について     A
4人間の隷属あるいは感情の力について  G
5知性の能力あるいは人間の自由について  I-L

                      ________     
               /\     \      / ______        
       /\     /  \     \    /  \    /  ____
 /\   /  \   /    \     \  /    \  /   \  / 
/__\ /____\ /______\     \/      \/     \/
1実体L →  2a属性I →  2b様態G   →  3感情A → 4道徳(理性)G  → 5自由I-L



付記(改訂新版2009.09.29):
                         2の2様態
                           /\
                          /  \
                         /  無限\
                        /      \
                    有限様態       直接無限様態 
                      /        間接無限様態 
                     /            \
 悲しみ________________/____2の1属性_____\________________喜び
    \        恐れ    /       /\       \希望            /
     \    憎しみ     / 全宇宙の形貌/  \ 無限知性  \    愛       /
      \ 絶望    受動的/  運動と静止/    \       \      完全性(小←→大)
       \       悪/_______/_1実体__\_______\善       /
        \ 怒り   /\      /   /\   \    本性/\      /
         \    /  \  至福/___/__知的愛_\知   /  \    /
          \  /    \  /\  /    \  /\  /    \  /
           \/      \/  \/      第三種認識(直観知)  \/      
           /\  第二種の個体  /\      /   /\      /\
          /  \ (複合個体)\/__\____/__\/  第二種認識/  \
    所産的自然/第一種の個体 /  神(永遠、必然) /(能産的)自然 \  /第一種認識    
        /(単純個体)\/______\___\/___/______\/ (想像知)\   
       /      延長\       \  徳   /       /思惟      \ 
      /   有限物体   \       \5自由 /       /   有限観念   \
   (個物)           \       \  /    努力 /            \  
  物体/______________\_______\/_______/_驚き___________\観念
 2の3   (無際限)      身体\    4道徳、理性    /精神             2の5
                2の4  \            /   2の6
                      \    (努力)  / 
                       \  表象    /
                        \      /     
                         \ 3  / 
                          \感情/
                           \/
                           欲望


       __________________
能産的自然=|神=自己原因=実体=無限に多くの属性|……思惟の属性………延長の属性
      |__________________|
       _______________
      |        |直接無限様態|             |運動と静止
      |様 |無限様態<       |……………無限知性…………< 
所産的自然=|態 |     |関接無限様態|             |全宇宙の形貌
      |の<             | 
      |世 |            |                  |最単純物体      
      |界 |有限様態        |……………有限観念……………有限物体<
      |_______________|      ‖            |複合物体=個体
                            認識< 想像知      |  :  
                               |理 性      |無限に大きな個体
                               |直観知          ‖
                                           全自然
[PR]
by yojisekimoto | 2008-12-28 13:31 | スピノザ

ヘーゲル『エンチクロペディー』図解:改訂版

以前のブログ記事の改訂版です(Firefox,Safari推奨、Explorerは文字化けします)。
精神哲学絶対的精神映画版
                               /\
                              /__\
                             /\哲学/\
                            /__\/__\
                           /\<絶対的精神>\
                          /__\     /__\    
                         /\芸術/\   /\宗教/\
                        /__\/__\ /__\/__\
                       /\               /(世界史)
                      /__\    『精神哲学』 (国内)国家(国際法)
                     /\心理学\           /\人倫/\
                    /__\/__\         /家族\/市民\
                   /\<主観的精神>\       /\ <客観的精神>\
                  /__\    /__\     /__\     /__\
                 /人間学/\  /\現象学\   /\法 /\   /\道徳/\
                /__\/__\/__\/__\ /__\/__\ /__\/__\
               /\                              /\
            (絶対理念)\                            /__\
           (生命) 理念 (認識)                          /\動物/\
            /______\       『エンチクロペディ』       /__\/__\
           /\       /\                      /\<有機体学> /\
          /推論\ 概念論 /__\                    /__\     /__\
         / 主観的\   /客観  \                  /地質学/\   /\植物/\
        /[概念]_判断_\ /______\                /__\/__\ /__\/__\
       /\               /\              /\               /\
      /  \             /   \            /__\    『自然哲学』   /化学\
     /限度  \   『論理学』   /現実性 \          /絶対力学\           /\個別的個体
    /______\         /______\        /__\/__\         /形態\/_特殊化
   /\ <有論> /\       /\  <本質論>/\      /\ <力学> /\       /\ <物理学> /\
  /  \    /  \     /  \     /  \    /__\    /__\    元素の過程     /(音)(熱)
 / 質  \  / 量  \   /存在本質\   / 現象 \  空間と時間\  /有限力学\   一般的個体\   /\特殊個体  
/______\/______\ /______\ /______\/__\/__\/__\/__\ /天体\/元素\ /重力\/凝集力

  


                                /CフィヒテDシェリング
                               /__\
                              /\近代/Bカント
                             /Aヤコービ__ \
                            /\       /復興
                       新プラトン派_\  哲学 /__\    
                     タレスから/ギリシア\   /\中世/スコラ
                    アリストテレス_独断,懐疑\/アラビア__\
                       /詩               教団
                      絵_音楽   <絶対的精神>   父_表象_子
                     /\個別/\           /\完成/\
                    /建築\/彫刻\         /定義\/移行\
                   /\      /\       /\       /\
                  /__\ 芸術 /__\     /祭祀\  宗教 /自由\
                 /\理念/\  /\形態/\   /\概念/\   /\規定/\
                /__\/__\/__\/__\ [概念]\/_知\ /直接\/分裂\
               /\                              /世界史
              /__\                            /__\
             /\自由/\           『精神哲学』         /\国家/国際法
            /__\/__\                         国内法\/__\
           /\       /\                       /<倫理=共同世界>
          /__\ 心理学 /幸福\                    教育と解体   福祉行政と職業団体  
         /\理論/\   /\実践/\                  /\家族/\   /\市民/\
        /__\/__\ /感情\/衝動と恣意              /婚姻\/資産\ /欲求\/司法\ 
       /\               /\              /\               /\ 
      /__\   <主観的精神>   /__\            /__\   <客観的精神>   /__\
     /現実的な心           /\理性/\         不法に対する法           /\善と良心
    /__\/__\         /__\/__\        /__\/__\         /__\/__\
   /\      /\       /\       /\      /\ <法>  /\       /\  <道徳> /\
  /感覚\人間学 /習慣\     /悟性\ 現象学 /一般\    /__\    /__\     /__\     /__\
 /自然な心\  /\感ずる心   /\意識/\   /\自己意識  /\所有/\  /\契約/\   /企図と責任   /\意図と福祉 
/性質\/変化\直接態\自己感情 /感性\/知覚\ /欲望\/承認\/__\/__\/__\/__\ /__\/__\ /__\/__\


                               /\
                              /_CフィヒテDシェリング
                            Aヤコービ Bカント
                            /__\/__\
                           /\  <近代> /\
                         ベーコン\     /__\    
                         /とベーメ\   /知性の時代  
                        /__\/__\ /__\/__\
                       /\               /\
                      /__\             /__\
                     新プラトン派    『哲学』   /\復興/\
                    /__\/__\         /__\/__\
                   /\<ギリシア〜>\       /\  <中世> /\
                  タレスから   独断主義     /__\     /__\
                 アリストテレス /と懐疑主義   /アラビア\  /\ スコラ\ 
                /__\/__\/__\/__\ /__\/__\ /__\/__\
               /\                              /教団
              /_詩\                            /__\
             /\  /音楽                         /\表象/\
            /絵_\/__\         <絶対的精神>        /父_\/_子\
           /\       /\                      /\  <完成> /\
          /__\ <個別>/__\                     /__\     /__\  
         /\建築/\   /\彫刻/\                  /\定義/\   /\移行/\
        /__\/__\ /__\/__\                /__\/__\ /__\/__\
       /\               /\              /\               /\
      /__\             /__\            /__\     『宗教』    /(1ペルシア,ユダヤ,
     /\芸術/\    『芸術』   /ロマン的\          /\祭祀/\           /\C自由\エジプト,
    /__\/__\         /__\/__\        /__\/__\         /__ 2ギリシア,3ローマ)
   /\      /\       /\       /\      /\ <概念> /\       /\  <規定> /(中国,
  /__\<理念>/__\     /__\ <形態>/__\    /__\    /__\     /__\     /_印度,仏教,
 /\美 /\  /\自然/\   /象徴的/\   /\古典的\  /\[概念] \  /\知 /\   /A直接的自然   /\B分裂 \
/__\/__\/__\/__\ /__\/__\ /__\/__\/__\/__\/__\/__\ /__\/__\ /__\/_ラマ教)


 『法の哲学』


               /世界史
              /__\
             /\国家/国際法
            国内法\/__\
           /<倫理=共同世界>       
         教育と解体   福祉行政と職業団体    
         /\家族/\   /\市民/\
        /婚姻\/資産\ /欲求\/司法\
       /\               /\
      /__\   <客観的精神>   /__\
     不法に対する           /\善と良心 
    /__\/__\         /__\/__\
   /\ <法>  /\       /\  <道徳> /\
  /__\    /__\     /__\     /__\
 /\所有/\  /\契約/\   /企図と責任   /\意図と福祉 
/__\/__\/__\/__\ /__\/__\ /__\/__\
             

『歴史哲学講義』
               /啓蒙と革命
              /__\
             /\近世/国家形成
           宗教改革\/__\
           /\ <キリスト教/\
          /__\  世界>/_ルネッサンス    
         /\古代/\   /\中世/\
        /__\/__\ /__\/__\
       /\               /\
      /__\             /__\
     /ペルシア\   <世界史>   /\  /\
    /__\/__\         /__\/__\
   /\<東洋世界>/\       /\ <古典的世界>\
  /__\    /__\     /__\     /__\
 /\中国/\  /\インド\   /ギリシア\   /\ローマ\
/__\/__\/__\/__\ /__\/__\ /__\/__\

              <人倫>

『エンチクロペディー』
               /\
              /_哲学
             /\絶対的\
            芸術_\/_宗教
           /\<精神哲学> /\
          /__\     /__\    
         /\主観的\   /\客観的\
        /__\/__\ /__\/__\
       /\               /\
      /__\  『エンチクロペディー』/__\
     /\概念論\           /有機体学\
    /__\/__\         /__\/__\
   /\ <論理学>/\       /\ <自然哲学>/\
  /__\    /__\     /__\     /__\
 /\有論/\  /\本質論\   /\力学/\   /\物理学\
/__\/__\/__\/__\ /__\/__\ /__\/__\



               /CフィヒテDシェリング
              /__\
             /\近代/Bカント
            /Aヤコービ__ \
           /\       /復興
      新プラトン派_\  哲学 /__\    
    タレスから/ギリシア\   /\中世/スコラ
   アリストテレス_独断,懐疑\/アラビア__\
       /詩               教団
      絵_音楽   <絶対的精神>   父_表象_子
     /\個別/\           /\完成/\
    /建築\/彫刻\         /定義\/移行\
   /\      /\       /\       /\
  /__\ 芸術 /__\     /祭祀\  宗教 /自由\
 /\理念/\  /\形態/\   /\概念/\   /\規定/\
/__\/__\/__\/__\ [概念]\/_知\ /直接\/分裂\


 
               /\
              /__\
             /\自由/\
            /__\/__\
           /\       /\
          /__\ 心理学 /幸福\    
         /\理論/\   /\実践/\
        /__\/__\ /感情\/衝動と恣意
       /\               /\
      /__\   <主観的精神>   /__\
     /現実的な心           /\理性/\
    /__\/__\         /__\/__\
   /\      /\       /\       /\
  /感覚\人間学 /習慣\     /悟性\ 現象学 /一般\
 /自然な心\  /\感ずる心   /\意識/\   /\自己意識 
/性質\/変化\直接態\自己感情 /感性\/知覚\ /欲望\/承認\
             
                             

追記:
『ヘーゲル現象学の理念』( 2002 創文社 細川 亮一)における説の図解。

意識
感覚=パルメニデスからヘラクレイトス1:1:1
知覚=レウキッポス1:1:1
悟性=プラトン「ソピステス」1:1:2

自己意識
生命=アリストテレス「霊魂論」1:1:3:3a
主従=アリストテレス「政治学」1:1:3:3bβ

(ストア主義1:2A、
懐疑主義1:2D)

不幸な意識=新プラトン派1:3

『哲学史講義』より、ギリシア哲学
             /\
            /  \ 
           /    \
          /<新プラトン派>
         /\       /\       <哲学史>
        /  \      /  \
       /_____\  /____\
   アリストテレス政治学 /     / \
アリストテレス霊魂論<ギリシア哲学> /   \
    /    \         /     \
   /<タレスから>\      /<ソフィストからソクラテス派まで> 
パルメニデスから  / \    / ストア主義  /懐疑主義
ヘラクレイトス  /「ソピステス」       /   \
レウキッポス__/_____\ /______/_____\


『精神現象学』より(その後の哲学史と大分違う)
            /\
           /  \
          /<理性>\
         /      \        
        /       /\
       /_______/__\
      / 悟性=   /    /不幸な意識=新プラトン派
  プラトン「ソピステス」<精神現象学>  ___
    /            /ストア主義/懐疑主義
   /<意識>   /    /  <自己意識> 
  /    知覚=レウキッポス       /主従=アリストテレス「政治学」
感覚=パルメニデスから   生命=アリストテレス「霊魂論」         
ヘラクレイトス_/____/_______/________

哲学史講義の方はアリストテレスまでのギリシア哲学を圧縮して第一篇に収めている。

『精神哲学』と『精神現象学』との対応(改訂版):
               
               /F絶対知
              /__\
             /\  /\
            /__\/__\
           /\<絶対的精神>\
          /__\     /__\    
         /E2芸術宗教   /\E1,3宗教   
        /__\/__\ /__\/__\
       /\               /\
      /__\             /_D1人倫
     /C1心理学\  『精神哲学』  /\  /\
    /__\/__\         /__\/__\
   /\<主観的精神>\        /<客観的精神>/\
  /__\    /_C理性    /__\     /__\
 /\  /\  /\現象学\   /\D2法/\   /\D3道徳   
/__\/__\/A意識,B自己意識/__\/__\ /__\/__\

           <エンチクロペディー>
            
『精神現象学』:
A意識/B自己意識/C理性(C1心理学)/
D精神(章の順序が違う)/E宗教(E2芸術宗教)/F絶対知
(章の番号は恣意的なもの。意識から理性までは哲学史と対応しているという説がある。)

参考:wikipedia『エンチクロペディー』
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%83%B3%E3%83%81%E3%82%AF%E3%83%AD%E3%83%9A%E3%83%87%E3%82%A3%E3%83%BC
[PR]
by yojisekimoto | 2008-12-27 22:06 | ヘーゲル

11月27日@早稲田講演

2008年11月27日の早稲田柄谷講演は、以前の朝日センター及び札幌講演を反復したものだが、「なぜデモをしないのか」というタイトルに相応しい盛り上がりを見せた。
といっても政治演説ではなく、学術的に丸山真男などをつかって、4交換図を日本の近代史に適応させ展開したものだった。
(デモがないのは)政治的敗北とそのトラウマによるものだから、社会学的分析は間違っている、という発言には衝撃を受けた。

ただし、感想として中間団体の重要性とアソシエーションの重要性は一義的には直結しないと思った(その点、個別団体という言い方の方が重要な気がする。個別化の根拠はライプニッツが探したものでもある*)。

全体として、モンテスキュー(選挙は貴族制であってくじ引きこそ民主制)をくじ引きの提唱者として例証する等、歴史家としての柄谷氏は成熟しつつあるのではないか(デモなどがなければ民主制ではないという意見は貴重だ)。

気になったのは、4交換図と丸山の図↓(「個人析出のさまざまなパターン」1968丸山真男集9巻所収)が相似であることを多くの観衆(100人以上)が理解していないのではないかということだ※。

I自立化   D民主化

P私化   Aアトム化

この図はDIPAと進むが、IとAをひっくり返せば4交換図そのものだ。
中間団体はあくまで一元化への抵抗だから、Iをそのままになうわけではないだろう。
中間団体を外へ開く新たなアソシエーションのありかたが、内と外両面から必要なのだ。その意味で講演の主査者はこの講演内容によって自らの課題を明確に出来たことを喜ぶべきだろう。

柄谷は、独裁者も専制君主もいないが現在の日本は専制主義だと言う。
テレビや新聞の統計調査や支持率(という名の専制君主)が一人歩きする社会で、代表制が空転している。デモやくじ引きを排除し、民主主義=選挙だと思ってしまっているかぎりそれは当然の帰結だ。
同時にネット上の匿名による中傷も相手にする必要がないと言う。
立場や発言の場が変わればどうせ意見を変えるだろうからだ。

結論として、 状況を変えるには中間団体を大事にするしか無い、それには顔見知りになる必要があると言う。
顔も知らないでアソシエーションなど不可能だと言う。
その発言のせいもあってか、ママキムチという韓国料理店で開かれたオフ会は盛況だった。 

※追記:

丸山の図は外周が円になっており、回転による移行を表現しやすくなっている。また原論文では矩形の変化で4つの要素の割合が個人個人で変わることを表現している。

(丸山が原論文で様々な可能性を示唆しているとはいえ、丸山が示した一般的順序とは逆回りに歴史は動いていると思う。明治維新及び民権運動D→強権による運動挫折A→私小説P→文芸協会や新しき村I。全共闘D→強権発動D→消費社会A→?と動いているからだ。むろん丸山の議論は単純ではない。大衆運動退潮期にはPへ、高揚期にはDへ移行するが、軸の位置は個人差があるという。さらに石川啄木をIの代表に挙げたのは卓見だし、Pに私小説と「成功青年」の2タイプを挙げたのは今日的でもある。)

さて、私見では4交換図はカントのカテゴリー論やマルクスの交換価値論にも対応する。


量  質

関係 様相


拡大された形態    縮小された価値形態


一般的等価形態      貨幣形態

あるいは、マルクス自身の章分けとは少し違うが、以下の解釈がわかりやすい。

等価形態         相対的価値形態
量=Y   Yb = xA    質=A
(※Y量の商品bと等価)  (x量の商品AはY量の‥※)

一般的価値形態  貨幣形態
関係       様相
L=a,        a,=G
b,        b,
c,        c,
d,,,       d,,,      

参照:武市健人(『大論理学』下解説)。

問題は貨幣形態にあたる部分だが、これはさらにパーソンズ流に分節化する必要があるだろう。カントが人間の義務とする、他者の幸福及び自己の完全生の検証には、カテゴリーの一部にすぎない(=不完全性)のか、それともカテゴリーに閉じ込められているのか(=不幸、これらはカテゴリーを越境し合う概念だ)が見分けられなければならないからだ。

また、ゲゼルの減価式への視界は貨幣形態の(技術的な部分での)分節化によって開ける。

カント自身は、理性的心理学(岩波文中p75)の命題を様相から量へ逆流させて考えている。
(あくまで量を起点にカントは考えている。**)

性質は内容量なのだから当然なのだが、価値形態論の場合は質による交換、量をはかった等価交換と進むので、質から量へと進む。

また以下のような哲学史見取り図も可能だ。

量            質
ヘーゲル        スピノザ
ライプニッツ      ニーチェ 
プラトン

関係           様相
デカルト        カント
マルクス        ハイデガー

主に実在論者が量質、唯名論者が関係様相に位置づけられる。
ドゥルーズは同時に質に位置づけられるが、フーコーとともに様相の思想家だと思う。


ライプニッツはスアレスの以下の原理を採用した。「全ての個体は、その存在全体によって個体化される Omne individuum sua tota entitate individuatur 」 

**「直観はすべて外延量である」(岩波文庫上p237)というのはカントの視覚中心主義を証明するものでしかないから、カント自身が『判断力批判』でおこなっているように質を直観を最初に置いても間違いではないと思う。
[PR]
by yojisekimoto | 2008-12-27 13:13 | 柄谷行人

SBSカリキュラム・ツリー状図解

(これまた一般の方には何のことだか判らないと思いますが、、、、)
以前、SBSの坂田さんが作成したカリキュラムをツリー状にしてみました。

          
          ||4D
     4A〜卒業生(実践者)〜4C   
        4B|| 
          ||
          ||
          || 3D
    3A  〜上級(計画)〜  3C   
       3B ||
          ||
          ||
          ||2D
   2A   〜中級(練習)〜   2C    
      2B  ||
          ||
          ||
          ||1D
 1A    〜初級(はじまり)〜   1C 
    1B     ||
          ||
          ||    
          ||
_________/  L________

A,自分
B,知識
C,表現
D,スロービジネスづくり,etc 

上記図に、課題提出した方は☆を追加して下さい(以下参考図)。

           ☆ ☆
            ☆
         ☆  ☆  ☆
          ☆☆ ☆☆
         ☆  ☆  ☆
            ☆ 
           ☆ ☆   
           ||         
           ||☆☆
      ★★    |4D☆☆   ★ ☆
    4A☆ ★__★ ★ |___ 4C☆☆
        4B☆☆|_______ 
         __||
           || ☆☆
      ★ ★     ||3D☆☆    ★ ☆
    3A☆ ★   ★ ★| |___   3C☆☆
    ___3B☆☆  |__________
       ____| |
           | | ☆☆
    ★★     | |2D☆☆      ★ ☆
  2A☆★      |  |_____   2C☆☆
______2B☆☆ |  |_____________
       _____|  |
           |  |  ☆☆
   ★★          |  | 1D☆☆      ★ ☆
 1A☆★ ★★     |  |_____    1C☆☆
____1B☆☆  |   |_______________
    ______|   |
          |   |
 ________/     L__________    

というわけでメリークリスマス&ハッピーニューイヤー。
今年もお世話になりました。
皆様の健康とご多幸をお祈り申し上げます。


///////////////////////////

以下、参考:
■E組課題カリキュラム(案) 

           〜初級(はじまり)〜
      <手段>              <目的>
(1A)
自   課題への感想          自分のことを知ることと考えを外に出す    
    自分へのインタビュー       
分    ・スローとの出会い
     ・自分と仕事(くらし)

(1B)
知   取り組みの紹介         身の回りにあるスローを発見        
     ・広めたいもの
識    ・減らしたいもの


(1C)
表   ブックレビュー         そこにある情報を人に伝える
   (知識を深める)
現   くらしの紹介
    地域の紹介

(1D)
ス   イベントに参加         既にある取り組みを知る  
ロ                   体験・応援
|   イベントの感想
ビ 

ネづ
スく
 り


           〜中級(練習)〜
      <手段>              <目的>
(2A)
自  ・習慣を変えてみる       ・望む自分に
   ・理想の暮らしを         変われる自信をつける
分   デザインする         ・なりたい自分を
                    イメージする             
(2B)
知   代わりを探す          そこにあるものを深く知り
     インタビュー          自分でも考える


(2C)
表   お互いに質問しあう      ・相手のためになる話し方
                   ・話を引き出す


(2D)
SB   イベントの改善点を提案     スロービジネスの実践に          
づ                   関わってみる
く   イベント主催側に参加  





           〜上級(計画)〜
      <手段>              <目的>
(3A)
自  理想の暮らしの           なりたい自分に向けて
   実現に向けて            今できることを考える
分  バックキャスト

(3B)
知  紹介記事               広い視点から
   (広い視野をもつ)          対象について考える


(3C)
表   初級への感想           人を元気づける話し方

現   

(3D)
SB  ・イベント主催           自分で責任を負ってみる
づ  ・スロービジネスの提案
く  ・ファシリテートをつとめる


           〜卒業生(実践者)〜
(4A)      <手段>              <目的>
自   実践のふり返りと見直し       目標に向かって
                      進んでいる自分を
分                     チェックする

(4B)
知  ・自分の経験、ノウハウの        自分の経験を他の人に
    概念化とその共有           共有できるよう体系化する


(4C)
表   中級以上に             人を育てる表現方法
    コメント・アドバイス・質問
現   

(4D)
SB  ↑インタビューに答える         実践
づ 


[PR]
by yojisekimoto | 2008-12-25 00:38 | SBS

フロイト超自我・図解

フロイトによる無意識の図解。

基本的に、
意識Bw
前意識Vbw
無意識Ubw
と並んで、斜めに抑圧が入る。

「自我とエス」(1923)より、エスの図 ↓(超自我はまだ入っておらず、「聴覚帽」が自我の上に斜めにのっている。最新の脳科学を取り入れた結果かもしれない)。
a0024841_0454778.jpg

『続精神分析入門』(1933)より 超自我が入った図↓(横向きに掲載されることもあるがフロイト原典は未確認。Ichを強調しているから本来は横向きだろうが上図との比較の便宜上、縦にした)。
エスの下が開いているのは身体領域の本能エネルギー(リビドー)が取り込まれるためらしい。
参考:http://www.kbc.gr.jp/concerto/study/seisinbunseki.html
a0024841_0561055.jpg


超自我が加わることでフロイト理論は難解さが増した。実際超自我の位置づけはフロイト自身の中でも変化している(ちなみにフロイトは図よりも実際は意識の部分が大きいと注意している*)。

下記サイトより日本語訳バージョン。
http://www.2px.jp/psycho/p3.htm

a0024841_11931100.gif

http://filmplus.org/thr/2004.html
フロイト自身の図解ではないが、超自我の位置づけに関しては上記サイトの図↓がわかりやすい。超自我が無意識・前意識・意識と広範囲を横断することがよく明示されている。
a0024841_0461676.gif

以下は集団の理想が外部にある状態を説明したもの(自我理想)。ラカンの記載法だとi(a)。超自我(理想自我)とは直接関係ないが、再び内部から外部へ超自我=理想が移行した場合と似ていなくもない。
「集団心理学と自我の分析」(1921)より自我理想の図↓
a0024841_0463075.jpg


ちなみにエスはドイツ語で非人称の主語、「それ」のこと。諸説*あるがフロイトがグロデック経由でニーチェから借りた言葉と言われる**。邦訳『エスとの対話』解説(p284)で詳しく引用されている。

「論理学者たちの迷信に関して言えば、私はこれらの迷信家たちが承認したがらないひとつの小さな簡短な事実を何度でも繰り返し強調しようーーひとつの思想というものは「それ es」が欲するときにやって来るもので、「われ ich」が欲するときにやって来るのではない、と。」(『善悪の彼岸』第17節より)

注*
これはマルクスが最初に経済表の交換される部分の割合を制限していたのと似ている。どちらもその制限はその後無効化され理論の刺激的な部分が拡大されたのも似ている。これは元々両者の実在的体系、カント***が示そうとしたような観念論的フィードバック装置を欠いた体系それ自体に不備があると考えるべきかも知れない。フロイトは二元論を維持したが臨床は捨ててしまったのでその文明論に反証可能性は極端に少なくなった。

注**
フロイトはインタビューでニーチェへの親近感を語っている(下記の他に記憶がなければ永劫回帰に意味はない、とも語っているが)。

「ニーチェは最初の精神分析者の一人です。彼の直感がどれほどわれわれの発見を先取りしていたかは驚異的です。それまで誰も人間行動の二重の動機と,終わりのない支配に執着する快感原則を彼以上に深く認識していませんでした。ツァラトゥストラは言います。//苦しみは/泣き叫ぶ、なくなれ、と/だが、快楽は永遠を求める/消えない,永遠を」(文芸春秋『インタヴューズ1』p382より)

しかし、学説の優先権争いに関しては複雑なものがあり必ずしも率直に語ってはいない。
たとえば『ヒステリー研究』はピエール・ジャネ(Pierre Janet、1859年5月30日 - 1947年2月24日)との争いだったし(フロイド選集版に詳しい)、それだけでなく、例えば、「マゾヒズムの経済的問題」(1924)に関しては、ジャネの『心理学的医療』 (1919)や『心理学的医学』(1923,邦訳あり)に似た発想(心理的経済)が既にある。また、後期フロイトはリビドーに代表される生理学から離れ、心理学を社会的に位置づけるようになるが、これもジャネがすでに行っていたことだ。しかもフロイトは『モーゼと一神教』で心的外傷モデルというジャネの理論を援用している。


追記(2010.1.12):

第一   第 二 局 所 論
局所論    
     __   _____
 意識_|__|_|_____|_
前意識_|超_|_|_自我__|_
無意識 |  | |_____|  
    |  |  _____
    |自 | |     |
    |  | |     |
    |  | | イド  |
    |我 | |     |
    |__| |_____|

***参考:
フロイトによるカントへの言及は以下がある。

「空間性とは、心的装置の広がりの投射であるのかもしれない。他の[かたちでの]派生は在りそうもない。カントの言う、われわれの心的装置のアプリオリな条件の代わりに。心(プシュケ)とは延長しており、そのことについては何も知らない。」(邦訳『フロイト全集22』p.285)

さらに柄谷行人(「死とナショナリズム」定本第四巻p95)によって論考された、

「それゆえカントの定言命法は、エディプス・コンプレクスの直接の相続人である」[Freud: Studienausgabe 3, S.351] 。(「マゾヒズムの経済的問題」1924『著作集6』p306、ちくま『自我論集』p287。<フロイト曰く「子供の頃両親に従うよう強制されたように、自我はその超自我(Über-Ich)の定言命法に服従する」[Freud: Studienausgabe 3, S.315]。「それゆえカントの定言命法は、エディプス・コンプレクスの直接の相続人である」[Freud: Studienausgabe 3, S.351] 。>)

などがある。

参考サイト:http://http-server.carleton.ca/~abrook/KTFRDJAP.htm


追記の追記:

さらに、フロイトが著作集第9巻.304頁で引用した文章に、カントの乳搾りの比喩というものがある。

「一人が雄山羊の乳をしぼり、もうひとりが篩でそれをうけている」(カント純理平凡社上199頁)

元々は昔話らしいが、これによって合理的に問うことそのものの重要性をカントは説き、それをフロイトはシュレーバーの症例研究上の方法論にあてはめ、精神分析の重要性を指摘している。

カントの原文は以下、

Kritik der reinen Vernunft - 2. Auflage B83

http://gutenberg.spiegel.de/?id=5&xid=1369&kapitel=24&cHash=e1996c376b2#gb_found

Es ist schon ein großer und nötiger Beweis der Klugheit oder Einsicht, zu wissen, was man vernünftigerweise fragen solle. Denn, wenn die Frage an sich ungereimt ist, und unnötige Antworten verlangt, so hat sie, außer der Beschämung dessen, der sie aufwirft, bisweilen noch den Nachteil, den unbehutsamen Anhörer derselben zu ungereimten Antworten zu verleiten, und den belachenswerten Anblick zu geben, daß einer (wie die Alten sagten) den Bock melkt, der andere ein Sieb unterhält.
[PR]
by yojisekimoto | 2008-12-24 00:44 | フロイト

11月23日(日) :「批評を批評する—美術と思想」

11月23日(日) :「批評を批評する—美術と思想」
岡崎乾二郎、針生一郎、光田由里、柄谷行人
東京国立近代美術館地下1階講堂

/////////////////

まず、針生氏による50年代の回想があり、(光田氏作成の年譜を参照しながら)柄谷氏がそこに批評の全体性があった時代と補足した。その全体性は共産党が権威を持つ60年代まで続くが、それ以後は資本に対する免疫が欠け惨憺たる有様であるとする。
全体性の回復は柄谷氏の交換図に収斂する印象があった。といっても互酬性に話はかなり集中し、アソシエーションの事例を積極的に打ち出すまでにはいたらない。その全体性は数々のマイナスの事象から逆に浮き彫りになったと思う。岡崎氏による、公的なものは共有できないものから生まれる、美術館は価値判断せずあらゆるものを集め、名前を言ってから(図書館の閉棚式?)公開する等のアイデアが出て、美術のあり方自体に意識的であるべきことが確認できた。
最後に、村上隆に柄谷氏が触れ、普通のことをやっているだけで、外国から指摘されて大騒ぎするのはおかしいとした。
日本人は真善美の善の代わりに、手仕事を大事にしてきたが、村上氏もそれと同じように普通のことをやっているにすぎないのだと。

日本では「善の代わり」に美術があるという柄谷氏の指摘は面白く、(ハチソンと違い)スミスが経済的な事象の研究から道徳を説いたのに、いつのまにか美学に吸収実体化されたという定本第4巻冒頭(*)の指摘を連想させた。

真善美は意識化されないと日本化(=針生氏が指摘したようになんでもあるが特色も無い)する。世界は日本化しつつある。ただしこの状況は好ましくなく、美術は裏付けもなく存在するべきではない。共産党のようなものではもちろんだめだが、抑圧(抑圧が無ければ自由も無い、、、)する批評が必要だとした。

パネリストの年齢がそれぞれずれているので日本戦後美術史が立体的に理解できるきっかけが与えられたと思う。

ただ、たとえば 50年代は日本映画の黄金時代であり、こうした視点が加わると公-私の問題、前衛化-大衆化の問題等はもっと生産的なものであり得たと思う。


*定本第4集冒頭メモ:

真(国家)ー 美(ネーション)
    /    
善(市民社会)←スミスの経済=道徳

真(悟性)ー 美(想像力で調停)→ヘーゲル、フィヒテなど実体化
    /    
善(感性)

B  ー A   
   /
C    D

追記:
全体性というより自律的総合性がアソシエーションと言えるのではないか?
そしてシンポジウムの参加者を交換図に当てはめるとまとめ役の光田由里女史がアソシエーションの位置にあると言える。

柄谷 針生

岡崎 光田
[PR]
by yojisekimoto | 2008-12-23 13:22 | 柄谷行人

パーソンズと柄谷行人:まとめ

以下、以前の書き込みをまとめたものです。

/////////////////////////

『人間の条件パラダイム―行為理論と人間の条件第四部 』(p264)富永健一作製の図↓
(AGILではなくLIGA図式になっている。)
http://pds.exblog.jp/pds/1/200712/18/41/a0024841_102315.jpg

         _______________
         | III     |社会的   |
         | 信託システム | 共同体IIi |
         |ーーーーーー-+ーーーーーー|  社会システム
         | IIa経済   |政治IIg  |
         |______|______|                       
      _________   ↑
      | IL文化システム | 社会システムIi|
      |ーーーーーーーー+ーーーーーーーー|  行為システム
      | IA行動システム | パーソナリティ|
      |         |  システムIG |
      |________|________|               
_____________   ↑
|Lテリックシステム   |  行為システムI |
|ーーーーーーーー ーーー+ーーーーーーーーーー|   生命システム
|A物理化学システム   |有機体システムG  |
|________ ___|__________|

 社会システム/行為システム/生命システムの関係

以下は基本AGILシステム図。
__________________________________
|              |                 |
|  L Latency  潜在性   |    Integration 統合 I       |
|ーーーーーーーーーーーーーー+ーーーーーーーーーーーーーーーーー|
|              |                 |
|  A Adaptation 適応   |   Goal Attainment 目標   G |
|______________|_________________|

柄谷行人の4つの交換図はパーソンズの社会システムに対応している。

>         _______________
>          |III      |社会的   |
>         | 信託システム| 共同体IIi  |
>         |ーーーーーー-+ーーーーーー|  社会システム
>         | IIa経済   |政治IIg   |
>         |______|______ |  

  人間的×   |   ○
契       |
約 ステート  |  ネーション
×g       |     i
        |
________|________
  キャピタル |  アソシエーション
○ a       |  l
        |
柄谷行人の交換図↑はlとgがパーソンズと逆。igal図式と呼べる。パーソンズの場合、契約の有無ではなくmessage/codeで分けられる。)


追記:
パーソンズによれば、LIGA図式にはそれぞれのレベルに思想家が対応している。
カント、フロイト、マルクス、デュルケムの位置づけが以下のようになされている。

社会システム→ マルクス
行為システム→ デュルケム(=文化システム)、フロイト(=パーソナリティシステム)
生命システム→ カント(第一批判=物理化学システム、第二批判=行為システム、第三批判=有機体システム)

http://pds.exblog.jp/pds/1/200712/29/41/a0024841_028022.jpg

(追記:普通ならウェーバーはマルクスと並べられるだろうが、パーソンズはカントとつなげている。)

追記:
その後、パーソンズのテリックシステムはカントが遺稿(『判断力批判』ではない)で扱ったスピノザの哲学が対応すると考えるようになった。また、生命システム全体をスピノザ、テリックシステムをライプニッツ及び論理学と考えるとカント哲学との整合性はより高くなると思う。

柄谷の交換図を規準にすると、

              |        |ステート| ネーション
              | フロイト   |____|_____
              |        |    |
              |        |キャピタ| アソシエーション
 G判断力批判        |___I 実践理性批判_ル_|____
              |        |
              |        |
              |        | デュルケム/ウェーバー
              |        |
______________|________________________
              |
              |
              |
              |
 A純粋理性批判       |   L スピノザ
              |
              |
              |

カントを規準にすると以下(略語のみ)、

スピノザ  | 純理
      |
______|____
デュル|  |
__実理__| 判断力 
ア キ|フロ|
ネ ス|イト|


追記の追記:

またまた一般の人には何のことか判らないだろうが、柄谷四つの交換図をさらに分節化してみた。

人格:
      なし          あり
                              契
                              約 
    |     |原   |     |    
アジア的| 氏族的 |父殺し |自然状態 |    
    |     |(儀礼)  |      |
____B_____ |____A_____ |   な
    |     |    |     |   し
古典古代| 封建的 |贈与  |トーテム |
的(農奴制)      |    |     |
____|_____|____|______
    |     |    |     |
独占資本|ワーコレ | 原理 | イベント|
    |     |くじ引き| HP   |
____C_____ |____D_____ |   あ
    |     |    |     |   り
株式会社| 協同組合|地域通貨|SNS   |
    |信用組合 |    |     |


先日長池講義で柄谷行人はエディプスコンプレックスによって、国家(B)またはアソシエーション(D)を共同体(A)の側から説明したようだが(「at」第14号参照)、フロイト自体が国家と家族をアナロジーで説明しているので、柄谷の説明を共同体(A)を分節化したものと解釈しても間違いではないと思う。

ちなみにアソシエーション(D)におけるSNSはトーテムに対応し、さらにその中の地域系/関心系/階層系は現代における各自のトーテムということになる。

イベント、HPは不特定多数に無条件で開かれる。
[PR]
by yojisekimoto | 2008-12-21 14:19 | パーソンズ

ハイデガーの思考構造図:まとめ

以下、ハイデガーの思考構造図に関して、過去のブログ記事をまとめてみました。

参照:
http://yojiseki.exblog.jp/6344224/ 
http://yojiseki.exblog.jp/6306542/
http://yojiseki.exblog.jp/7589414/

//////////////////

柄谷行人はハイデガーの存在論を「ハイデガーが究極的に見出すのは、自己言及的な形式体系、あるいは自己差異的な差異体系である」としてある程度評価しています(定本第2集p.133)。
ちなみに、存在=メタレベル、存在者=オブジェクトレベルという柄谷の解釈を東浩紀は受け継いで図解↓しています。



http://pds.exblog.jp/pds/1/200804/28/41/a0024841_4162993.jpg

ただし、実際にハイデガー自身が書いた図はそれとは違っています。



http:// pds.exblog.jp/pds/1/200710/14/41/a0024841_15442757.jpg

上記は、「ハイデッガーが講堂の黒板に描いた図形、現存在の図示としておそらく唯一の物と思われる図形」(*)です。
それでも複数のクラインの壷を上から見たのだと解釈すれば整合性があります。また、右上を余白にした所に図を見るものの「脱自」を促す余地があり、ハイデガーはその点さすがだと思われます。クラインの壷だと図を見るものの位置が超越的になってしますので、ハイデガーの意図とズレてしまうでしょうから。


上記図のハイデガー自身の解説:
「次ページの図は、人間の実存がその本質根拠において、決してどこかに事物的に存在している対象ではなく、ましてや、それ自身の内で完結した対象ですらないということを明示するためのものでしかない。 (略)現存在として実存するとは次のことを意味する。現存在が「開け」られていることからもろもろの所与がそれに向かって語りかけてくるが、その意味指示性を認取しうることによってある領域を開けたままにしておくというのがその意味である。人間の現存在は、認取しうることの領域として、決して単に事物的に存在する対象ではない。反対にそれはそもそも決して、もともと決していかなる場合であろうとも、対象化すべき何かではない。 」
ハイデッガー『ツォリコーン・ゼミナール』(みすず書房1991年,p3) より
(参考サイト:http://www.archi.kyoto-u.ac.jp/~maeda-lab/A_maeda/A03_thesises/A03_thesis_room.html
上記サイトはハイデガーの原図を解説しているが、矢印の解釈が少し違う。)

その後、困ったことにハイデガー自身の別の時間図が見つかりました。



http://pds.exblog.jp/pds/1/200810/20/41/a0024841_21385795.jpg

上図は『ハイデガー=存在神秘の哲学 』(講談社現代新書 古東 哲明 p174,175より孫引き。本来の出典は、右は邦訳全集26巻-1928年の講義録-p282、左は42巻にあたる邦訳『シェリング講義』-1936の講義録-p307より)
左図は右図の応用ですが、シェリングの生命観を示していて、右下図は存在が過去と未来の間に挟まれている事を示す。ベルグソンを意識的に乗り越えようとしたものです。
右上図は存在が先端(Spitze)にある事を示す右下図の前段階の図。精神の位置に存在を置いただけです。ちなみに右端の小さな記号はクエスチョンマークで(開けは放たれた地平を意味している)ベルグソン流の時間論の限界を体現します。

この図はベルグソンとシェリングの解説であって、ハイデガー自身の時間図とは言えないかも知れませんが、貴重な図であり,ハイデガー自身の解釈が入っていることは間違いありません。
それでも、ベルグソン自身の有名な『物質と記憶』における円錐形の図↓の側面をスパイラル上に動いていると捉えれば、ベルグソンの図とハイデガーの図に矛盾はなく、東浩紀のクラインの壷の図とも整合性がとれます。

a0024841_1448329.gif

http://pds.exblog.jp/pds/1/200812/19/41/a0024841_1448329.gif
http://noos.cocolog-nifty.com/.shared/image.html?/photos/uncategorized/2008/07/29/bergsn.gif
(http://noos.cocolog-nifty.com/cavesyndrome/2008/07/5023_f540.htmlより。このサイトではミンコフスキーの光円錐との比較、照合がなされている。)

ハイデガーの場合は未来から過去からも線が延びており、これは二種類のクラインの壷を考えるか(上記サイトでは主観と客観と二つの円錐をつなげている)、矢印(ニーチェの言う「力」)自体が逆流することもあると考えればいいでしょう( ただし、この際ハイデガー自身がツォリコーンゼミナールで書いた矢印とは方向性がズレてしまい、この点は考え直さなくてはなりません。ハイデガーはDNAのようなものを考えていたのかも知れませんし、現存在を知覚の一点、つまり円錐の頂点に集約するのではなく、解釈学の素材=テクスト?として円錐の底辺として捉えていたのかも知れません)。

付録:
ハイデガーの時間概念は、以下のようにいくつものレイヤーで成り立っている。#-は『存在と時間』節番号。

通俗的時間概念#81-------未来-----------現在---------------過去 /既在
実存論的時間概念#70----到来-----------現在(現成化)-------/既在
非本来的時間性#68-------予期-----------現成化------------忘却性
----------------------------------------空談#35/沈黙#34,語り#34,36----------------
-------------------------------------好奇心#36/視#36--------------------
-------------------------------------曖昧性#37,38/決意性#62

(参考: 村田久行『ケアの思想と対人援助』 。以下は同p65より、キューブラー・ロス『死ぬ瞬間』におけるチャートとの比較。死の先駆に関しては『存在と時間』#49-53に詳しい。)

a0024841_1538480.jpg
[PR]
by yojisekimoto | 2008-12-19 14:22 | ハイデガー