<   2009年 09月 ( 7 )   > この月の画像一覧

『資本論』図解:改訂版


 _____         |(絶対的剰余価値)
|第1部門 |   技術革新等|労
|機械と原料| _空間的差異_|働____        _追加的不変資本Mc
|_____|  (相対的剰余|時     産業利潤__/_追加的可変資本Mv
            価値)|間    /      \_個人的消費Mk
固定資本   流動資本    |の   /_利子______単利 
 \機械)(原料/\     |延  /    \_____複利   
 (土地 消耗品) \    |長 /___地代______差額地代 
   \  / (労働力)  | /          \_絶対地代      
 不変資本C 可変資本V  剰余価値M 生産物W
       __________  /               
          /       /          _追加的不変資本Mc
 ____    /       /    産業利潤__/_追加的可変資本Mv
|第2部門|  /       /    /      \_個人的消費Mk
|生活手段| /       /    /_利子______単利 
|____ /       /    /    \_____複利   
     /       /    /___地代______差額地代 
    /       /    /          \_絶対地代       
 不変資本  可変資本/ 剰余価値  生産物  
          /        /      形態一:◯=☆ 単純      
 ____    /        /           ◯   
|第3部門|  /        /          二:|\  拡大
|総生産物| /        /      貨幣     ☆☆☆
|____|/ _______/_     /  \    ☆☆☆ 
     /               /    \ 三: \| 一般的    
 不変資本  可変資本  剰余価値  生産物     \     ◯ 
 ________________           四:   ● 貨幣
              /        (相対的価値形態 = 等価形態)  
~~~~~~~~~~~~~/~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
本  源  的  蓄  積 

単純再生産の場合、1(V+M)=2(c)
拡大再生産の場合、1(V+Mv+Mk)=2(c+Mc)
剰余価値率または搾取率m'=利潤m/賃金v
利潤率はp'=m/(c+v)

以下は前バージョン、

 _____
|第1部門 |
|機械と原料|                      _追加的不変資本Mc 
|_____|               産業利潤__/_追加的可変資本Mv
                     /      \_個人的消費Mk
固定資本   流動資本         /_利子______単利 
 \機械)(原料/\         /    \_____複利   
 (土地 消耗品) \       /___地代______差額地代 
   \  / (労働力)    /          \_絶対地代      
 不変資本C 可変資本V  剰余価値M 生産物      
       __________  /               
          /       /          _追加的不変資本Mc
 ____    /       /    産業利潤__/_追加的可変資本Mv
|第2部門|  /       /    /      \_個人的消費Mk 
|生活手段| /       /    /_利子______単利 
|____|/       /    /    \_____複利   
     /       /    /___地代______差額地代 
    /       /    /          \_絶対地代       
 不変資本  可変資本/ 剰余価値  生産物  
          /        /      形態一:◯=☆ 単純      
 ____    /        /           ◯   
|第3部門|  /        /          二:|\  拡大
|総生産物| /        /      貨幣     ☆☆☆
|____|/ _______/_     /  \    ☆☆☆ 
     /               /    \ 三: \| 一般的    
 不変資本  可変資本  剰余価値  生産物     \     ◯ 
 ________________           四:   ● 貨幣
              /        (相対的価値形態 = 等価形態)  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜/〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
本  源  的  蓄  積 

単純再生産の場合、1(V+M)=2(c)
拡大再生産の場合、1(V+Mv+Mk)=2(c+Mc)
[PR]
by yojisekimoto | 2009-09-30 12:21 | マルクス

『エチカ』見取り図

11.06

                         2の2様態
                           /\
                          /  \
                         /    \
                  全宇宙の形貌/  間接  \  
                       /  無限様態  \ 
                  運動と静止    直接  無限知性    
                     /            \
 悲しみ________________/____2の1属性_____\________________喜び
    \        恐れ    /       /無限      \希望            /
     \    憎しみ     /       /  \       \    愛       /
      \ 絶望    受動的/       /    \       \      完全性(小←→大)
       \       悪/_______/_1実体__\_______\善       /
        \ 怒り   /\      /   /\   \      /\      /
         \    /  \   知/___/__\___\至福=知的愛 \    /
          \  /    \  /\  /    \  /\  /    \  /
           \/      \/  \/  神   \/  \/      \/      
           /\      /\  /\      /\  /\      /\
          /  \    /  \本質、本性___/__\/  \    /  \
    所産的自然/       /全自然 永遠、必然  /(能産的)自然 \  /    \
        /      \/______\___\/__起成、自己原因_\/      \   
       /      延長\       \  徳   第三種認識   /思惟      \ 
      /    個物    \       \5自由 /(直観知)  /    知性    \
     /            \       \  /       /            \
  物体/______________\_______\/_______/______________\観念
       (無際限)      身体\    4道徳、理性  驚き/精神             
                    第二種の個体     第二種認識  
                    (複合個体)  表象   /
                       \        / 
                        \  努力  /   
                         \    / 
                          \  /
                           \/
                         3感情、欲望
               有限物体 第一種の個体     第一種認識  有限観念 
                    (単純個体)有限様態 (想像知) 


11/6


                         2の2様態
                           /\
                          /  \
                         /    \
                  全宇宙の形貌/  間接  \  
                       /  無限様態  \ 
                  運動と静止    直接  無限知性    
                     /            \
 悲しみ________________/____2の1属性_____\________________喜び
    \        恐れ    /       /無限      \希望            /
     \    憎しみ     /       /  \       \    愛       /
      \ 絶望    受動的/       /    \       \      完全性(小←→大)
       \       悪/_______/_1実体__\_______\善       /
        \ 怒り   /\      /   /\   \      /\      /
         \    /  \  確知/___/__\___\至福=知的愛 \    /
          \  /    \  /\  /    \  /\  /    \  /
           \/      \/  \/  神   \/  \/      \/      
           /\      /\  /\      /\  /\      /\
          /  \    /  \本質、本性___/__\/  \    /  \
    所産的自然/       /全自然 永遠、必然  /(能産的)自然 \  /    \
        /      \/______\___\/__起成、自己原因_\/      \   
       /      延長\       \  徳  第三種認識    /思惟      \ 
      /    個物    \       \5自由 (直観知)   /    知性    \
     /            \       \  /       /            \
  物体/______________\_______\/_______/______________\観念
       (無際限)      身体\    4道徳、理性  驚き/精神             
                    第二種の個体    第二種認識  
                    (複合個体)   表象  /
                       \        / 
                        \ 有限様態 /
               有限物体 第一種の個体    第一種認識  有限観念 
                    (単純個体)\努力/(想像知)                       
                           \/
                         3感情、欲望



(改訂新版2009.10.01):



                         2の2様態
                           /\
                          /  \
                         /無限様態\
                        /      \
                    運動と静止  直接  無限知性   
                    全宇宙の形貌 間接    \   
                     /            \
 悲しみ________________/____2の1属性_____\________________喜び
    \        恐れ    /       /無限      \希望            /
     \    憎しみ     /       /  \       \    愛       /
      \ 絶望    受動的/       /    \       \      完全性(小←→大)
       \       悪/_______/_1実体__\_______\善       /
        \ 怒り   /\      /   /\   \    本性/\      /
         \    /  \  至福/___/__知的愛_\知   /  \    /
          \  /    \  /\  /    \  /\  /    \  /
           \/      \/  \/  神   第三種認識(直観知)  \/      
           /\  第二種の個体  /\      /   /\      /\
          /  \ (複合個体)\本質、本性___/__\/  第二種認識/  \
    所産的自然/第一種の個体 /    永遠、必然  /(能産的)自然 \  /第一種認識    
        /(単純個体)\/______\___\/___/起成原因__\/ (想像知)\   
       /      延長\       \  徳   /  知性   /思惟      \ 
     有限様態 有限物体   \       \5自由 /       /   有限観念   \
   (個物)           \       \  /    努力 /            \  
  物体/______________\_______\/_______/_驚き___________\観念
 2の3   (無際限)      身体\    4道徳、理性    /精神             2の5
                2の4  \            /   2の6
                      \    (努力)  / 
                       \  表象    /
                        \      /     
                         \ 3  / 
                          \感情/
                           \/
                           欲望



付記:『エチカ』の基本構造(『スピノザ』清水書院より)
       __________________
能産的自然=|神=自己原因=実体=無限に多くの属性|……思惟の属性…………延長の属性
      |__________________|
       _______________
      |        |直接無限様態|    |無限知性    |運動と静止
      |様 |無限様態<       |………<     ………<
所産的自然=|態 |     |関接無限様態|    |        |全宇宙の形貌
      |の<             | 
      |世 |            |                   |最単純物体      
      |界 |有限様態        |……………有限観念……………有限物体<
      |_______________|      ‖             |複合物体=個体
                            認識< 想像知       |  :  
                               |理 性       |無限に大きな個体
                               |直観知          ‖
                                           全自然
(工藤喜作の原図とは無限知性の位置づけが少し違う。参考:『エチカ』1:23、書簡64)

改訂版10/2:

                         2の2様態
                           /\
                          /  \
                         /    \
                        / 無限様態 \
                    運動と静止  直接  無限知性   
                    全宇宙の形貌 間接    \   
                     /            \
 悲しみ________________/____2の1属性_____\________________喜び
    \        恐れ    /       /無限      \希望            /
     \    憎しみ     /       /  \       \    愛       /
      \ 絶望    受動的/       /    \       \      完全性(小←→大)
       \       悪/_______/_1実体__\_______\善       /
        \ 怒り   /\      /   /\   \      /\      /
         \    /  \  至福/___/__知的愛_\知   /  \    /
          \  /    \  /\  /    \  /\  /    \  /
           \/      \/  \/  神   第三種認識(直観知)  \/      
           /\      /\  /\      /   /\      /\
          /  \    /  \本質、本性___/__\/  \    /  \
    所産的自然/       /    永遠、必然  /(能産的)自然 \  /    \
        /      \/______\___\/___/起成原因__\/      \   
       /      延長\       \  徳   /  知性   /思惟      \ 
     (個物)        \第二種の個体 \5自由 /第二種認識  /          \
     /            \(複合個体) \  /       /            \
  物体/______________\_______\/_______/_驚き___________\観念
 2の3   (無際限)      身体\   4道徳、理性     /精神             2の5
                2の4  \          表象/   2の6
           有限物体   第一種の個体  有限様態 第一種認識     有限観念 
                   (単純個体)     (想像知) 
                        \  努力  /   
                         \    / 
                          \  /
                           \/
                        3感情、欲望
[PR]
by yojisekimoto | 2009-09-30 09:28 | スピノザ

エチカ 1→5

1:(1から35)


                   有限様態          無限
                1ー28                
                         2の1属性  21 
                         12/\10、11  
                        7 1ー8\間接無限様態          
                        5/絶対無限13、16         
                      9、4 1実体8 直接無限様態22      
                   31  /  2、6、7 \   23        
                   30知/   /  \   \至福         
                     /   /14、15   \         
                    /   /  神26 第三種認識(直観知)        
               第二種の個体(34、35 27  \   \       
                  /本質20、24、本性1、17\   第二種認識   
          第一種の個体 /  永遠18、必然29 (能産的)自然 \   第一種認識    
         (単純個体) /_____19)_____起成原因3、25_\  (想像知)   
    33        延長               31、33    思惟       
    28        2ー2                 意志32  2ー1      
   (個物) 所産的自然                                  
  物体 




2:(1〜49)
                         2の2様態
                           /\
                          /  \
                         /    \
                        /   6  \
                       /        \  
                   有限様態          無限4
                     /            \  
                    /    2の1属性     \
                   /       /\       \            
                  /       /  \間接無限様態 \           
                 /       /絶対無限\       \      
                /       / 1実体  直接無限様態  \       
               /       /   /\   \       \      
              /      知/ 知的愛  \   \至福     \    
             /       /   /    \   \       \  
            /       /   / 神2、3 第三種認識(直観知)42\     
           /   第二種の個体  /        \   \       \
          /    (複合個体)(本質10、本性)   \   第二種認識   \
  9、11   /第一種の個体 /   /永遠、必然)  (能産的)自然 \   第一種認識41    
    31  /(単純個体) /_____________起成原因5____\  (想像知)\   
    44 /      延長2                       思惟1     \
 37 45/            15、16      11、12、13       36、32、33、34、35
 38(個物8)所産的自然 17、18、19        14、20、21            \ 43 
  物体/____________25_26___________22、23____________7、27観念46
 2の3         30、39身体29、28        24精神40、47、       2の5
                2の4                2の6 48、49
  

3:
1〜59
感情の定義
1〜48
                         2の2様態
                           /\
                          /  \
                         /    \
                        /      \
                       /        \  
                   有限様態          無限
  24                 /            \                 20、24
 悲しみ________________/______属性______\________________喜び
    \        恐れ    /       /\       \希望    22      /
     \    憎しみ20   /       /  \間接無限様態 \    愛25、31  21、23
      \ 絶望    受動的/       /絶対無限\       \      完全性(小←→大)
       \       悪/       / 1実体  直接無限様態  \善       /
        \ 怒り   /       /   /\   \    本性 \      /
         \    /      知/   /  \   \       \    /
          \  /       /   /    \   \       \  /
           \/       /   /   神  第三種認識(直観知)  \/      
           /\  第二種の個体  /        \   \      /\
          /  \ (複合個体)(本質、本性)_____\   第二種認識/  \
         /第一種の個体 /    永遠、必然)  (能産的)自然 \  /第一種認識    
        /(単純個体)\/_____________起成原因_____\/ (想像知)\   
       /      延長\                      /思惟      \ 
    4、5          \                    /          \
   (個物) 所産的自然     \                  /            \ 10 
  物体/____________11、12______________/________驚き____\観念9
                  身体\              /精神1、2、3       
                     \            / 13、14
                      \    (努力)  / 
                       \  6、7、8 /(無際限)
                        \      /     
                         \ 3  / 
                          \感情15、16、17、18、19
                           \/
                           欲望



4:(1〜73)
付録生活法:(1〜32)

                         2の2様態
                           /\
                          /  \
                         /    \
                        /      \
                       /        \  
                   有限様態          無限
 18                  /            \                 18
 悲しみ________________/____2の1属性_____\________________喜び
    \        恐れ    /       /\       \希望            /
     \    憎しみ   5 、6      /  \間接無限様態 \    愛       /
      \ 絶望    受動的/       /絶対無限\       \ 定義1    完全性(小←→大)
       \   14、8悪 定義2____/_1実体__直接無限様態__\善8、14   /
        \ 怒り   /\      /   /\   \    本性/\28    /
         \    /  \    /   /  \   \至福21/  \    /
          \  /    \  /   /    \   \  /    \  /
           \/      \/   /   神  第三種認識(直観知)  \/      
           /\  第二種の個体  /        \  /\      /\
  定義4     /  \ (複合個体)(本質、本性19、29)\/  第二種認識/  \
  可能的    /第一種の個体 /    永遠、必然)  (能産的)自然 \  /第一種 認識27    
        /(単純個体)\/______\______起成原因__4__\/ (想像知)\   
  定義3  /      延長\       \  徳22、24=能力定義8/思惟      \ 
  偶然  /          \       \5自由71、72    /          \
   (個物) 所産的自然2    \       \  /       /           23、1 
  物体/______________\_______\/_______/_驚き___________\観念
 2の3              身体\    4道徳、理性73  /精神             2の5
                2の4  \      20    /   2の6
                      \     努力3、25、26  
                       \  表象9、10/(無際限)
                        \11、12 /     
                   衝動 定義7\    / 
                          3感情7、9、13、定義5、6
                           \/
                           欲望15、16、17、18



5:(1〜42)
                         2の2様態
                           /\
                          /  \
                         /    \
                        /      \
                       /        \  
                   有限様態          無限
                     /            \  
 悲しみ________________/____2の1属性_____\________________喜び
    \        恐れ    /       /\       \希望   15、20、24 /
     \    憎しみ   3、34      /  \間接無限様態 \    愛16、19  /
      \ 絶望    受動的/       /絶対無限\       \      完全性(小←→大)
       \       悪/_______/_1実体__直接無限様態__\善       /40
        \ 怒り   /\      /35、36、  \    本性/\      /
         \    /  \   知/_知的愛33、37_\至福42/  \    /
          \  /    \  /\  /15、17、24\  /    \  /
           \/      \/  \/  神18 第三種認識(直観知)25、26、27、28、31、      
           /\  第二種の個体  /\      /   /\      /\32、33、38
          /  \ (複合個体)(本質、本性10)/__\/  第二種認識/  \
         /第一種の個体 /    永遠、必然) /(能産的)自然 \  /第一種 認識24    
        /(単純個体)\/___22、23__\/_起成原因_____\/ (想像知)\   
       /      延長\   29  \  徳42 /       /思惟      \ 
    24/          \       \5自由 /       /          \
   (個物) 所産的自然     \       \  /       /            \  
  物体/______________\_______\/_______/_驚き___________\観念1
               30 身体4    4道徳、理性7   /精神6、9、14、21     
               23、21 \       勇気41 / 26、41   
               34、39  \ 12 (努力)  / 
                       \表象1、5、11/(無際限)
                        13     /     
                         \ 3  / 
                          \感情2、8、9
                           \/
                           欲望



付録:
工藤喜作『スピノザ』(清水書院)にも「エチカの『基本構成』」なる、およそ以下のような図解?(原図は縦書き)がありました。
       __________________
能産的自然=|神=自己原因=実体=無限に多くの属性|……思惟の属性………延長の属性
      |__________________|
       _______________
      |        |直接無限様態|             |運動と静止
      |様 |無限様態<       |……………無限知性…………< 
所産的自然=|態 |     |関接無限様態|             |全宇宙の形貌
      |の<             | 
      |世 |            |                  |最単純物体      
      |界 |有限様態        |……………有限観念……………有限物体<
      |_______________|      ‖            |複合物体=個体
                            認識< 想像知      |  :  
                               |理 性      |無限に大きな個体
                               |直観知          ‖
                                           全自然

追記:

上記の図をつくった後、それが聖書にも魔術師としてでて来るシモン・マグス(Simon Magus) の図に似ていて驚いた。
http://www.gnosis.org/library/grs-mead/grsm_simon_magus.htm
http://web.kyoto-inet.or.jp/people/tiakio/antiGM/simon.html
a0024841_12242374.jpg

[PR]
by yojisekimoto | 2009-09-28 13:29 | スピノザ

カント三批判書:図解


 ________純_____粋_____理_____性_____批_____判________
(緒言)        |           |           |  |  |0 |一般|
|1〜7(初版1、2) |           |  (空虚/盲目)  |__|__|_手引き_|
|           |           |           |  |  判断表|範疇表
|   空間      |  時間       |    緒言     |__概 念 分 析__|
|           |           |           | 演繹一般|  |  |
|           |           |           |_演 繹_|__|__|
|           |           |           先験的演繹(初版2,+3構想力)
|________(感 性 論)________|_______(論 理 学)|要約|__|__|
|           |           |     |   分 析 論   (対概念)同一/相違  
|           |           |     |     |     | 一致/反対|
|           |           |     | 図式論 |     | 内的/外的|
|           |           |__原 則 分 析__|付録:反省概念の_規定/被規定  
|           |           |原則の体系|     |   二義性 a  b |   
|           |           |0_分析_|現象と可想|(ライプ |:注(無)|    
|           |           |  |a-d |根拠(初版) ニッツ)| c  d |    
原___理___論(感性論と論理学)______|総合|体系|_____|_____|_____|
|1仮象  |2理性  |     |     |(緒言) |     |     |     |  
|     |A理性一般 |  0  |理念一般 | 独断的 | 論争的 |0(論理学|究極目的 |
|     |     |       |     |     |(ヒューム) =訓練)|(神、不死、自由) 
|____緒 言____|__理 性 概 念__|____訓 練____|____規 準____|
|B     |C     |     |     |     |対    |(根拠=)|     |
|論理的使用|純粋使用 |先験的理念|先験的  | 対仮説 |理性の証明| 最高善 | 信   |
|     |     |     |理念の体系|     |     (3つの問い)(蓋然的)|     
|_____|__(論 理 学)__|_____|_____|__方__法__論__|_____|
|     (主観X)弁 証 論   |     |           |     |     |
| 0   霊魂 1誤謬推理    |     |           |     |(対象) | 
|     心理学|宇宙|     |     |           |     |     | 
|弁 証 的 推 理_論へ____付 録(目的論)    建築術    |____歴 史____| 
宇宙論的体系|  |一般|     |     |  (全体系計画)  |     |     | 
2背反#1-9|3理想#4-7|理念の  自然弁証法の|           |(起源) |(方法) |付録: 
矛盾論|経験|先験|根拠|統整的使用| 究極意図|           |     | (概念の演繹論) 
#2a-d |_的|_的|証明|_____|_____|___________|_____|(誤謬推理c,b,a,d)
    #9(1-4)   #4-7 

___________実____践____理____性____批____判__________
|           |           |定理一、二|     |  (自由の範疇表) |
|           |         #1-8(格率)注1,  2    |  量  | 質 2命令
|           |           (法則)三、  四(規定根拠)    1法|(概念) |
|     序     |           |___一原 則____|二 (善悪の)概 念、範型論
|           |           |1、演繹 |2、権能 | 3人格性|     |
|           |           自律、仮想的| ヒューム| 関係  | 様相  |
|           |           | 原因性 |     |(範型論 :経験論×)  |
|__________緒 論__________|_____|__1分 析 論___|4義務__|
|           |           |     |     |           | 
|           |           |     |(動機) |           |
|           |           |     |     |           |
|           |           |__三動 機、解明__|           |  
|           |           (推論の順序、二律背反へ)           |           
|           |           |道徳的法則=神聖性/義務           |    
|           |           (解明、自由) スピノザ|           |    
一_原_________理__________論|_____|_____|___________|
|           |           |                       |  
|           |           |                       |
|           |           |                       |
|           | 一理性一般の弁証論 |                       |
|           | (仮象による矛盾) |                       |
|           |道徳的法則→最高善  |                       |
|           |           |                       |
|________2弁 証 論_________|       二 方 法 論         |
|     |     |(不死)       |         (結び:宇宙/道徳的法則    |
|     |(幸福) |           |          一般大衆と学的研究)   | 
|     |     |  (神×,不死×,    |                       | 
|二最高善の概念規定#1-9|#4-6自由の要請○)    |                          | 
|#1-3   |       | #7(自然学/道徳学)   |                       | 
二律背反,徳と       | #8(必要から要請)   |                       | 
幸福(道徳的法則、   | #9(認識と実践)    |                       | 
|感性的動機×)_幸←徳_(原因:神、自由)_(究極目的:最高善)________________|

 ___________判_____断_____力_____批_____判___________
|           |         <分析@>   |     |量6〜9 |質1〜5 |
|           |           |     数学的   |     |     |
|           |           | 量27 |質26  |     |     |
|                       |____崇高_____|_____美_____|
|           |           |   23〜29   |   1〜22    |
|           |           |   力学的     |関係   |様相   |
|          序言           |関係28 |様相29 |10〜17|18〜22|   
|__________序論一~九(1〜12)__|_____|_美学、分析論____|_____|
| (四、包摂。九、統合、構成的/統整的、   |     |    1〜54         | 
|           |  分析       |30〜33| 34  |           |
|           |  /総合、条件)  |     |     |           |
|           |           |____演繹_____|   分類51    |
|           |           |   30〜50   |           |   
|           |           |35〜42|43〜54|           |    
|           |           |共通感覚 |(天才  |           |
<規定的◯>______|___________|__40_|46〜50)______<◯反省的>
|           |           |           |     | 実質  |     
|           |           |           |規定/反省| /62 |     
|           |    55     |           |61   | 形式  |      
|           |    (イントロ) |           |___分析論62〜68|    
|           |           |           | 内的66| 機械的 (究極目的、     
|           |           |           |  /  | /64 原因67)     
|           |           |           |相対的63| 有機的65〜68  
|________美学、弁証論_________|<構成的☆>___目 的 論_<☆統整的65〜注72>
|     |   55〜60         |     |   61〜91   |     |     
|     |     |           |     |     | ヒューム|スピノザ80      
|     |     |           |     |     | 80  |85、87|  
|___________| 付録:方法論なし__|__弁証論69〜78_|_付録:方法論79(体系)〜91  
|     |     |    60     |     スピノザ73|究極目的、|     |     
|二律背反 |     |           | 二律背反|_体系など|人間84 | 自由  |     
|56、57|     |           |69〜73|72〜78|道徳神学 | 91  |      
|(概念/)|_____|_______<@総合>(機械論/)総注、関係|__86_|_(第一序論1〜12)
[PR]
by yojisekimoto | 2009-09-28 11:14 | カント

プルードンの結論と定義

今年で生誕200年を迎えるプルードンの遺稿ほど興味深いものはない。
斉藤悦則氏が紹介しているが、そこには集合組織、集合行動、集合理性といったパーソンズを先取りする考察(手編・『進歩の哲学の諸原理』)があるし、『経済的諸矛盾の体系』の「結論」(手編・『経済学——社会哲学の新原理』)があるという。
それらは当然今日の哲学を予見している。
例えば、「器官なき身体」や「欲望する諸機械」というタームを定義なしに書き進めた『アンチ~』『千の~』におけるドゥルーズはそれとは知らずプルードンの以下の系列的思考法に近づいていたのだと思う。

http://www.minc.ne.jp/~saito-/travaux/economie.html

(以下、斉藤悦則氏の研究サイトより)

 <新たな方法論とは何か。それは「定義」から出発しないということである。あるいは,とりあえず経済の諸観念は定義不能であるとの断言から出発することである。しかし,この新たな方法論の意義がどういうものであるのかを知るためにも,われわれはプルードンにおけるこうした転換が何を契機としたものであるかを確認しておきたい。

 転換にとって決定的だったのは,52年と53年に出たコクラン編の『政治経済学辞典』35)である。プルードンはその4千項目を読み,読書ノートをつけ,「なかなか有益な考え方や貴重な教訓が含まれている」としながら,結論としては「しかし,科学は一歩も前進していない」36)と断ずる。そして,次のように述べる。

「経済学者たちの無能ぶりと科学の不条理さを目の当たりにして,私は仮説を変えた。つまり,定義された諸観念を使いながら前に進むのではなくて,未定義の観念から出発した方がよいのではないかと考えたのである」37)。」

(略)

35)主だった執筆者の名前を列挙すれば,バスティア,ブランキ,シュルビュリエ,ミシェル・シュヴアリエ,デュノワイエ,ガルニエ,モリナリ,レオン・セイなど,当時一流の陣容である。
36)Mss.2863(注:これは図書館による整理番号でプルードン『経済学』草稿はMss.2863-2867), no.10.
37)Mss.2863, no.72. >


さらに、以下の斉藤氏の脚注における別の記述を読むと、プルードンの世界観が、

        理想(宗教、道徳、芸術)

(政治→)経済学        論理学(哲学、科学)

といったように、どの分野も特権的にはあり得ずにラカンのいうボロメオの環のような三つ巴の構造を持っていたことも解る。

<24〕Mss.2866,no.126。三編の構成について,次のような記述もある。

「社会についての科学は大きく三つに区分されるが,それらは互いに類似し,相互補完的であり,相関的である。

 1.経済学,利害についての科学,政治学はこのなかに溶解する。

 2.論理学,あるいは哲学,諸理念の形成と分類と結合についての科学。

 3.理想,ここには宗教・モラル・芸術が含まれる。

 さて,経済学はもっとも最近になってできたものであるが,にもかかわらず他の科学の基礎であり,その軸をなす。われわれはまさにこの経済学から新たな探求の系列を開始することにしよう」。 >
[PR]
by yojisekimoto | 2009-09-17 02:22 | プルードン

デカルトとスピノザの世界観:メモ


 __デカルトの世界観____      
|    ________  |        
|   |  ____  | |              
|   |/| 精神 | | |
|  /| |____| 自 |       
| 神 |        然 |
|  \| _____  界 |             
|   |\| 物体 | | |
|   | |____| | | 
|   |________| |    
|______________|

 __スピノザの世界観____      
|  __________  |        
| |  __   __ | |              
| | |精 | |物 || |
| | |神 | |体 || |       
| | |__| |__|| |
| |          | |   
| |___神=自然界__| |    
|______________|


訂正版:


 __スピノザの世界観____ (1632-1677)     
|  __________  |        
| |  __   __ | |              
| | |精 | |物 || |
| | |神 | |体 || |       
| | |__| |__|| |
| |          | |   
| |___神=自然界__| |    
|______________|

 __デカルトの世界観____  (1596-1650)    
|    ________  |        
|   |  ____  | |              
|   |/| 精神 | | |
|  /| |____| 自 |       
| 神 |        然 |
|  \| _____  界 |             
|   |\| 物体 | | |
|   | |____| | | 
|   |________| |    
|______________|



追記:

上記は普遍論争、実念論と唯名論の対立にも関連する。
(スピノザは実念論、デカルトは唯名論)

実念論 アンセルムス(1033-1109)
    「人間」という普遍概念が存在する
 ↓                     
 ×           ↓       →「田中某」という人間が存在する
 ↑           ↑        トマス・アクィナス(1225頃-1274)
                      (基本的には実念論の立場だが、
唯名論 オッカム(1285頃-1349頃)      唯名論との調停をはかった。
    「田中某」という個人が存在する    概念論?)

(小須田健『萌える☆哲学入門』p47より)


ライプニッツも複数のモナドという概念によって両者を調停した人の一人である。

(ちなみにプラトンは実念論、アリストテレスは唯名論と言える。)

参考:
アリストテレスによるプラトンのイデア論の訂正
質料と形相が合体し現実態に

材木          設計図         イス
 ‖            ‖           ‖  
質料(ヒューレー) + 形相(エイドス)  → 現実態(エネルゲイア)
(可能態、デュミナス)

「本質存在                   「事実存在
(エッセンティア, essentia)」         (エクステンティア, extentia)」    

(同著p29より)

ハイデガーはこれらの実体と存在の分化自体を問題視した。


追記:



 (アリストテレス) |    (プラトン)      
 ________  |  ___イデア界___
|        | | | イデア=真実性  |
| 個物=実体  | | |__________|
|        | |       _ 
|   CUP   | |      ||分
| /   \  | |      \/有
| ↑    ↑ | |  __________    
|形相    質料| | |   個 物    |
|________| | |___現象界____|
           |
(富増章成「ウルトラマンでアリストテレスがわかる」『空想哲学読本』洋泉社p.39より)

アリストテレスは名辞主義だから限界があった。その普遍的なものの探求が構成の個別主義者にもヒントを与えたと言える。
[PR]
by yojisekimoto | 2009-09-16 22:00 | スピノザ

ネグリのスピノザ理解:書評メモ


情況別冊 2009年7月号
68年のスピノザ
http://www.mosakusha.com/newitems/2009/07/20097.html

上記書に所収された、ネグリによるスピノザの一元化を批判した上野修の論考は当たっているが、一方でネグリは『エチカ』を精密に読んでいるのでそうした精密な読みのレベルを無効と宣言している印象を与える危険もある。
『国家論』、『神学政治論』、『エチカ』は上野の言うように還元不可能な三分野を扱っているのでネグリの一元化は危険なのは確かだが、エチカは三者を横断する原理を扱っているからネグリと違う回路を通れば一元化(汎神論)も可能なのだ。
ここでアガンベンが考察したヘブライ語文法要綱も加えて図示したい。

________________
|       |      /|
|デカルトの  |神学   / |
|哲学原理   |政治論 /  |
| (ステート)|(ネーション)|
|国家論    |  /文法論 |
|       | /     |
|_______|/______|
|       |       |
|知性改善論  |       |
|(キャピタル)|       |
|エチカ1   | エチカ2  |
|       |       |
|_______|_______|


エチカの決定論という主題の展開にマルクスの『資本論』があるが、これはエチカ2におけるアソシエーションに繋がるものでは必ずしもない。

「ハイデガーの無にスピノザの充溢が応答する」(p.80)とネグリは詩的かつ政治学的に述べるが、『エチカ』で重要な箇所は柄谷行人が『探求2』で指摘した無限の数学的理解だ。これによって個々の双務的契約に無限の可能性が与えられるのであり(ネグリの表現に倣えば「スピンザの充溢」)、アソシエーションに繋がりえるのである。
[PR]
by yojisekimoto | 2009-09-12 19:31 | スピノザ