<   2010年 05月 ( 20 )   > この月の画像一覧

ギリシア哲学史図解:メモ

 ________「 ソ ク ラ テ ス 以 前 」_________
|                                  |
|(ミレトス学派)   (エレア学派)   (独自の主張)      |
| タレス  ←対立→  パルメニデス☆               |
|  |水          |同一性                |
|アナクシマンドロス     |     ☆ピタゴラス   数    |
|  |二項         |     ☆ヘラクレイトス 火    |
|アナクシメネス      ゼノン☆                 |
|空気|____折_衷____|パラドクス              |
|        |                         |
|      (多元論者)                      |
|    ☆エンペドクレス 四元素                  |
|        |                         |
|     アナクサゴラス 微小なアルケー              |
|        |                         |
|    ☆ (原子論者)    ☆                 |
|    デモクリトス/レウキッポス アトム             |
|________________|_________________|
                 |
                 |
 ___「 ポ リ ス を 基 盤|に し て い た 人 々 」__
|                |                 |
|                |末裔               |
|   ソクラテス ←対立→  ソフィスト              |
|     |                            |
|  _プラトン イデアー個物                    |
| |   |                            |
| | アリストテレス 形相ー質料                  |
|_|________________________________|
  |
 _|____「 ヘ レ ニ ズ ム 時 代 以 降」________
| |                                |
| |    (懐疑主義)(エピクロス主義)(ストア主義)      |
| |    ☆ピュロン ☆エピクロス    セネカ         |
| |影響                  エピクテートス     |
| (新プラトン主義)            マルクス・アウレリウス |
|  プロティノス                          |
|__________________________________|
(『30分でわかる哲学&思想』小須田健 13頁より)


参考:
へーゲル『精神現象学』(1807)の種明かし(『ヘーゲル現象学の理念』より)

意識
感覚=パルメニデスからヘラクレイトス
知覚=レウキッポス
悟性=プラトン「ソピステス」

自己意識
生命=アリストテレス「霊魂論」
主従=アリストテレス「政治学」
不幸な意識=新プラトン派 (前段階のストア主義、懐疑主義は文字通り対応。)

追記:
3世紀前半に書かれた『ギリシア哲学者列伝』(全10巻、岩波文庫では全三巻。全82人を紹介。)によれば、タレスの教えを受けたアナクサゴラスから始まるイオニア学派(2〜7巻)とピタゴラスから始まるイタリア学派(8、9巻)☆のふたつの流れに大別される。
イオニア学派はプラトン以降、1アカデメイア派(4巻)、2アリストテレスら(5巻)、3キュニコス派(6巻)とゼノンから始まるストア派(7巻)の3つに分かれる(下巻解説p373-376)。
[PR]
by yojisekimoto | 2010-05-29 00:14 | 研究

フラクタル、その3

過去投稿した1と2をあわせたもの。進行度が交差する別パターンもあり得る。

                          /\
                         /  \
                        /    \
                       /      \
                      /        \
                     /          \
                    /            \
                   /              \
                  /                \
                 /                  \
                /                    \
               /                      \
              /                        \
             /                          \
            /                            \
           /                              \
          /                                \
         /                                  \
        /                                    \
       /                                      \
      /                                        \ 
     /                                          \
    /                                            \
   /                                              \
  /                                                \
 /                                                  \
/____________________________________________________\

                          /\
                         /  \
                        /    \
                       /      \
                      /        \
                     /          \
                    /            \
                   /              \
__________________/                \__________________
\                 \                /                 /
 \                 \              /                 /
  \                 \            /                 /
   \                 \          /                 /
    \                 \        /                 /
     \                 \      /                 /
      \                 \    /                 /  
       \                 \  /                 /
        \_________________\/_________________/
        /                 /\                 \
       /                 /  \                 \
      /                 /    \                 \ 
     /                 /      \                 \
    /                 /        \                 \
   /                 /          \                 \
  /                 /            \                 \
 /                 /              \                 \
/_________________/                \_________________\
                  \                /
                   \              /
                    \            /
                     \          /
                      \        /
                       \      /
                        \    /
                         \  /
                          \/


                          /\
                         /  \
                  ______/    \______
                  \     \    /     /
                   \     \  /     /
                    \_____\/_____/
        /\          /            \          /\ 
       /  \        /              \        /  \
______/    \______/                \______/    \______
\                 \                /                 /
 \                 \              /                 /
  \                 \____________/                 /
  /                       /\                       \
 /                       /  \                       \
/_____                  /    \                  _____\
      \                 \    /                 /  
       \                 \  /                 /
        \______      _____\/_____      ______/
        /      \    /     /\     \    /      \
       /        \  /     /  \     \  /        \
______/          \/_____/    \_____\/          \______ 
\     \           \                /           /     /
 \     \           \              /           /     /
  \_____\           \            /           /_____/
  /     /\          /            \          /\     \
 /     /  \        /              \        /  \     \
/_____/    \______/                \______/    \_____\
      \    /      \                /      \    /
       \  /        \              /        \  /
        \/          \            /          \/
                    /            \
                   /              \
                  /_____      _____\
                        \    /
                         \  /
                          \/



                        __/\__
                        \_\/_/
                  __/\__/    \__/\__
                  \     \____/     / 
                  /_      /\      _\
                    \__  _\/_  __/
      __/\__      __/  \/    \/  \__     __/\__
      \    /      \_\            /_/     \    /
__/\__/    \__/\__/                \__/\_/    \__/\___
\                 \__            __/                 /
/_                  /            \                  _\
  \                 \__/\____/\__/                 /
__/                       /\                       \__
\                        _\/_                        /
/_  __                  /    \                  __  _\
  \/  \                 \____/                 /  \/
      /_                  /\                  _\
        \__  __      __  _\/_  __      __  __/
      __/  \/  \    /  \/_/\_\/  \    /  \/  \__
      \_\      /_  _\   \    /   /_  _\      /_/
__/\__/          \/_/\__/    \__/\_\/          \__/\__ 
\     \__         \                /         __/     /
/_      /         /_              _\         \      _\
  \__  _\           \            /           /_  __/
__/  \/_/\__      __/            \__      __/\_\/  \__
\_\   \    /      \                /      \    /   /_/
/_/\__/    \__/\__/                \__/\__/    \__/\_\
  \/  \    /  \/  \                /  \/  \    /  \/
      /_  _\      /_              _\      /_  _\
        \/          \            /          \/
                  __/            \__
                  \                /
                  /_  __      __  _\
                    \/  \    /  \/
                        /_  _\
                          \/
[PR]
by yojisekimoto | 2010-05-27 09:54 | 数学

『カントの人間学』

フーコー著『カントの人間学』(新潮社)

重要なのは7章の「源泉・領域・限界」の『論理学』と『オプス・ポストゥムム』(遺稿、遺作)に触
れた箇所だろう。
『論理学』での文法上の「主語」「述語」「繋辞」(96頁)がそれぞれ、
『オプス・ポストゥムム』の「源泉・領域・限界」、
つまり「神」「世界」「人間」(94頁)に対応し、
さらに『第一批判』の「理性」「知性」「感性」(106頁)、
全体系では「純粋理性」「実践理性」「判断力」(106頁)に対応する、という指摘は参考になった。

(三幅対を強調すれば以下の図のようになるだろう)

   神 _________ 世界    遺稿
(源泉)|\       /|(領域) 
    | \人 間 学/ |     
  主語|__\   /__|述語    論理学
    |\  \人間  /|     
    | \ (限界)/ |      
  理性|__\ | /__|知性    能力  
    |\  \繋辞  /|     
純粋  | \  |  / |実践       
理性批判|__\_|_/__|理性批判  批判書(↑レベル)
     \  \感性  /  
      \  |  /
       \ | /
        \判断力批判


あるいは(ア・プリオリな認識の場所を強調した場合)、

           _________
        感性|   人    /|判断力
        / |  間    / |
       /知性__学___ /  |実践理性
人間(限界)|   |     |繋辞 |  
      |_理性|_____|___|純粋理性_______
世界(領域)|   |     |述語/|      ア
      | 能力|_____|_/_|批判書  プ・ 
神(源泉)_|_ /______|主語/______リ__
      | /       | /      オ
遺稿    |/________|論理学     リ


全体系は、



          __________________________________            
         /|               /|    人  (教育論/認識)/|オ
        / |              / |              / |
       /  |             /  |             /  |プ
      /___|____________間___|____________/   |          
     /|   |           /|   |    (快、不快) /|   |ス
    / |   |          / |   |          / |   |
   / (欲求) |  学      / (性格論)|         /  |   |・
  /___|___|________/___|___|________/   |   |
 |    |   |       |    |   |       |    |   |ポ
 |永   |   |       |    |   |       |    |  論|
 |遠   |   |       |    |   |       |    |   |ス
 |平   |   |_______|____|___|_______|____|__理|
 |和   |  /|       |    |  /|       |    |  /|ト
 |の   | / |  自   然| の  |形/ |而   上  |学   | /学|
 |た   |/  |       |    |/  |       |    |/  |ゥ 
 |め   |___|_______|____|___|_______|____|   |           
 |に  /|   |     (徳|論) /|   |       |   /|   |ム
 |  / |人 倫|の      |  / |理性の限界内における |  / |   |
 | /(法学)  |形 而 上 学| /宗教(目的論)       | /  |   |ム
 |/___|___|_______|/___|___|_______|/   |   |
 |    |   |       |    |   |       |    |   |
 |    |   |       |    |   |       |    |   |
 |    |   |_______|____|___|_______|____|___|
 |    |  /        |    |  /(空間)(時間)|(数学)|  / 
 |    | /   純   粋 | 理  |性/  批   判  |    | /
 |    |/          |    |/(物理学)     |    |/
 |    |___________|____|___________|____/
 |   /         (倫理|学) /          (美|学) /
 |  / 実 践 理 性 批 判 |  /  判 断 力 批 判  |  /
 | /              | /(目的論)         | /
 |/_______________|/_______________|/
[PR]
by yojisekimoto | 2010-05-25 13:35 | カント

初動負荷理論

「彼らは、身体が何をなしうるか(略)知らない」
エチカ第三部定理二備考

松井秀喜やハンカチ王子や巨人の亀井など、筋トレのし過ぎで失敗するケースが多い。
これはイチローなどが実践する初動負荷理論を知らないことからきている失敗だ。

イチローはオバマ大統領にレーザービームの秘訣を聞かれて、「ソフトマッスル」と答えたそうだが、
これは初動負荷理論をよく伝えた言葉だ。

近年では古武術や『黒人リズム感の秘密』の解明など、実践面では広がらないものの理論面では画期的な成果が日本からでている。

初動負荷理論に話を戻すなら、これは特殊な機具を必ずしも必要としないトレーニングだと思う。広い稼動域と慣性を伴う速い動きが両立すれば初動負荷理論トレーニングは日常の中で可能だ。
[PR]
by yojisekimoto | 2010-05-24 11:24 | スポーツ

『蜜蜂の生活』

先日、岡田日本サッカー代表監督が自チームをハエに喩えてひんしゅくを買ったが、蜂の
方が聞こえはよかったに違いない。
『青い鳥』で有名なメーテルリンクは養蜂家でもあり、『蜜蜂の生活』(邦訳、工作舎)
という蜜蜂の観察録を残している。

これは蜜蜂の持つ知性の証明に尽力した本で、様々な文献を駆使していて、そのなかにハ
エとの比較もある。

液体のなかで死んでしまう蜜蜂と、注意深いハエとを比較した文章(101頁)を紹介し
ているのだが、メーテルリンクは自分の死を畏れない蜜蜂を人間とは違った価値観を持っ
た知性の持ち主として賞讃している。

以下の文章などは日本代表サッカーチームのメンバーに相応しい。

「蜜蜂は生涯の最も危険な日の冒険に備えて心構えをしておくことを知っている。」
                          (『蜜蜂の生活』邦訳44頁)
[PR]
by yojisekimoto | 2010-05-22 13:04 | スポーツ

フラクタル:別バージョン

以下、創作。
内側に凹む先日投稿した『フラクタル幾何学』で紹介されたものと逆パターン。

                          /\
                         /  \
                        /    \
                       /      \
                      /        \
                     /          \
                    /            \
                   /              \
                  /                \
                 /                  \
                /                    \
               /                      \
              /                        \
             /                          \
            /                            \
           /                              \
          /                                \
         /                                  \
        /                                    \
       /                                      \
      /                                        \ 
     /                                          \
    /                                            \
   /                                              \
  /                                                \
 /                                                  \
/____________________________________________________\


                          /\
                         /  \
                        /    \
                       /      \
                      /        \
                     /          \
                    /            \
                   /              \
                  /                \
                  \                /
                   \              /   
                    \            /     
                     \          /       
                      \        /         
                       \      /          
                        \    /            
                         \  /               
         _________________\/_________________          
        /                 /\                 \
       /                 /  \                 \
      /                 /    \                 \ 
     /                 /      \                 \
    /                 /        \                 \
   /                 /          \                 \
  /                 /            \                 \
 /                 /              \                 \
/_________________/                \_________________\




                          /\
                         /  \
                        /    \
                        \    /  
                         \  /    
                     _____\/_____      
                    /            \
                   /              \
                  /                \
                  \                /
                   \              /   
                    \____________/     
                          /\             
                         /  \             
                        /    \            
                        \    /            
                         \  /               
         ______      _____\/_____      ______          
        /      \    /     /\     \    /      \
       /        \  /     /  \     \  /        \
      /          \/_____/    \_____\/          \ 
      \           \                /           / 
       \           \              /           /   
   _____\           \            /           /_____    
  /     /\          /            \          /\     \
 /     /  \        /              \        /  \     \
/_____/    \______/                \______/    \_____\



                          /\
                         _\/_  
                        /    \
                        \____/  
                          /\    
                     __  _\/_  __      
                    /  \/    \/  \
                   _\            /_ 
                  /                \
                  \__            __/
                    /            \    
                    \__/\____/\__/     
                          /\             
                         _\/_             
                        /    \            
                        \____/            
                          /\               
         __  __      __  _\/_  __      __  __          
        /  \/  \    /  \/_/\_\/  \    /  \/  \
       _\      /_  _\   \    /   /_  _\      /_
      /          \/_/\__/    \__/\_\/          \ 
      \__         \                /         __/ 
        /         /_              _\         \   
   __  _\           \            /           /_  __   
  /  \/_/\__      __/            \__      __/\_\/  \
 _\   \    /      \                /      \    /   /_ 
/_/\__/    \__/\__/                \__/\__/    \__/\_\
[PR]
by yojisekimoto | 2010-05-22 12:09 | 数学

「討議 レズビアン/ゲイ・スタディーズの現在」より

以下、同性愛、性的マイノリティに関する浅田彰の1997年の発言より。

大ざっぱにまとめて言うと、ホモセクシュアルという言葉で代表される時期、
ゲイ&レズビアンという言葉で代表される時期、そしてクィアという言葉で
代表される時期、この三つにとりあえず分けられると思うんです。最初の時
期は、19世紀の終わりに、医者が疑似科学的視線で「病理」としての同性
愛に勝手にホモセクシュアルというラベルを貼った(略)。それに対して、
1969年のストーンウォール事件ぐらいから、アメリカをはじめとする国
々で、同性愛者たちが、いままでずっと無視され抑圧されていた自分のアイ
デンティティを認め、それを社会に向かって公言し、(略)「私は誇りをも
ってゲイである」とか、「私は誇りをもってレズビアンである」とか、そう
いう一種プライドをもったアイデンティティの確認と権利獲得要求がそこに
始まった(略)。日本でも(略)、アカーが初めて1991年に「府中青年
の家」という公共施設の利用拒否事件に関する裁判を起こすということで、
市民権運動がやっと始まった(略)。ある段階でアイデンティティを明確に
しておくことは必要なんだけど、それが外に対し、また内に対して、あまり
に強い縛りになってしまうと、本来的な性の解放や多様性を考えにくくする
ことにもなりかねない。その中で、むしろ、「クィア」という言葉が出てき
た(略)。「クィア」は「ストレンジ」に近いですから、あえて日本語で言
えば「変態」だと思いますね。(略)
 しかし、みんながそれぞれ違うクィアだと言いだすと、今度は運動として
まとめることが非常に難しくなる。(略)すべて開かれていて多様で流動的
だと言ってしまうと、やっと見え始めたばかりの性的マイノリティに対する
差別の問題をぼかしてしまう恐れもある。そういうことを考えながら、クィ
ア・セオリーのもっている理論的かつ実践的な可能性をみていくことが重要
だろうと思います。

「討議 レズビアン/ゲイ・スタディーズの現在」
(『現代思想 臨時増刊 レズビアン/ゲイ・スタディーズ』1997−5、p20-22より)

上記を通時的にまとめると、

時期、時代    |同性愛の呼称(自/他称)
_________|______________
19世紀終わり  |ホモセクシュアル
         |
1969年    |レズビアン/ゲイ
1991年    |レズビアン/ゲイ(日本) クィア
         |

となるだろう。

 国家|国民
 __|___
 市場|自由
   |

という共時的な柄谷の交換図と対応させると、

 ホモ|レズ/ゲイ  
 __|____
クィア| X   (多様)
   |
    (当事者)

のようになるのではないか?
(「当事者主義者」をとらない浅田はすべてのポジションを移動しているように思える。)

当事者主義者(=パゾリーニの自由間接話法を具体的には考えるとよいかも知れない)をとらない浅田は、かといって人権問題として国連で訴えかける有効性等も否定はしないだろう。その点は最近国連を重視する柄谷とも重なるはずだ。

当事者を含む(当事者に限定されない)多様な主体の生成が求められる。


追記:
ちなみに以下の政治学的区分は、

>(1)のナチュラル・ロー(バーキアン)派、
>(2)のナチュラル・ライツ(ロッキアン)派、
>(3)のヒューマン・ライツ(リベラル)派、
>そして(4)のポジティブ・ロー(ベンサマイト=リバータリアン)派

国家(1)|国民(2)
_____|_____
市場(4)|自由(3)
     |

のようになるだろう。
[PR]
by yojisekimoto | 2010-05-22 06:15 | 研究

定本『隠喩としての建築』より

 以下、定本『隠喩としての建築』より。

 たとえば、ここにオレンジ、すいか、テニスボール、フットボールがある。
それらを記憶にとどめるためには分類するほかない。


A           __________
           /          \ 
          /            \ 
         |     (果物)     |
   ______|___        ___|______
  /      |オレ \      /   |      \  
 /        \ ンジ\    /すいか/        \ 
|          \___|__|___/          |
|     (小)   ___|__|___   (大)     |
|          /テニス|  |フット\          |        
 \        /ボール/    \ボール\        /         
  \______|___/      \___|______/
         |     (ボール)    |
         |              |
          \            /
           \__________/

ある人は、それらをオレンジとすいか(果物)、テニスボールとフットボール(ボール)に分けるだろうし、
他の人は、それらを形態によって、オレンジとテニスボール(小)、すいかとフットボール(大)に分ける
だろう。


いずれの分類もそれだけではツリーになる(図BおよびC)。

B         ◯             C        ◯ 
         /\                     /\
        /  \                   /  \ 
       /    \             小さな球◯    ◯大きな卵形
      /      \               / \  / \
   果物◯        ◯ボール          /   \/   \ 
    / \      / \           /    /\    \
   /   \    /   \         /    /  \    \  
  ◯     ◯  ◯     ◯       ◯    ◯    ◯    ◯
 オレンジ  すいか テニス   フット    オレンジ すいか   テニス   フット
           ボール   ボール               ボール   ボール


二つを合わせると、セミ・ラティスになる(図D)。

           
           D       __◯__      
                __/ /\ \__ 
              _/   /  \   \_
           果物◯   小◯    ◯大   ◯ボール  
             |\  / \  / \  /|
             | \/   \/   \/ | 
             | /\   /\   /\ |
             |/  \ /  \ /  \|
             ◯    ◯    ◯    ◯
           オレンジ  すいか   テニス   フット
                       ボール   ボール

それらを集合論的に示すと、図Aのようになる。しかし、後者は視覚化するのが難しいので、
一般に、われわれが明瞭に視覚化できるのは、ツリーであり、実際、自然都市のようにその
内部で集合がオーヴァーラップするようなセミ・ラティス構造を思いうかべねばならないと
き、それをツリーに還元してしまう傾向がある。
  (略)
 もしツリーが厳格に守られると、都市も組織も荒廃せざるをえない。現代都市計画はその
ようなものだとアレグザンダーはいう。ブラジリアのような人口都市における生活の荒廃感
はよく知られている。『いかなる有機体においても、過度の区画化と内的要素の解離は、き
たるべき崩壊の最初のしるしである。解離は社会においては混乱であり、個人においては分
裂病とさしせまった自殺の徴候である』(Chiristopher Alexander "A city is not a tree"
「都市はツリーではない」1965)。

(定本『隠喩としての建築』53〜59頁より)
[PR]
by yojisekimoto | 2010-05-19 21:41 | 柄谷行人

『フラクタル幾何学』より

トリアディックなコッホの島もしくは雪片_kーコッホによる原作  
(海岸線の次元D=log4/ log3〜1.2618)

                          /\
                         /  \
                        /    \
                       /      \
                      /        \
                     /          \
                    /            \
                   /              \
                  /                \
                 /                  \
                /                    \
               /                      \
              /                        \
             /                          \
            /                            \
           /                              \
          /                                \
         /                                  \
        /                                    \
       /                                      \
      /                                        \ 
     /                                          \
    /                                            \
   /                                              \
  /                                                \
 /                                                  \
/____________________________________________________\


                          /\
                         /  \
                        /    \
                       /      \
                      /        \
                     /          \
                    /            \
                   /              \
__________________/                \__________________
\                                                    /
 \                                                  /
  \                                                /
   \                                              /
    \                                            /
     \                                          /
      \                                        /  
       \                                      /
        \                                    /
        /                                    \
       /                                      \
      /                                        \ 
     /                                          \
    /                                            \
   /                                              \
  /                                                \
 /                                                  \
/_________________                  _________________\
                  \                /
                   \              /
                    \            /
                     \          /
                      \        /
                       \      /
                        \    /
                         \  /
                          \/

                          /\
                         /  \
                  ______/    \______
                  \                /
                   \              /
                    \            /
        /\          /            \          /\ 
       /  \        /              \        /  \
______/    \______/                \______/    \______
\                                                    /
 \                                                  /
  \                                                /
  /                                                \
 /                                                  \
/_____                                          _____\
      \                                        /  
       \                                      /
        \                                    /
        /                                    \
       /                                      \
______/                                        \______ 
\                                                    /
 \                                                  /
  \                                                /
  /                                                \
 /                                                  \
/_____      ______                  ______      _____\
      \    /      \                /      \    /
       \  /        \              /        \  /
        \/          \            /          \/
                    /            \
                   /              \
                  /_____      _____\
                        \    /
                         \  /
                          \/


                        __/\__
                        \    /
                  __/\__/    \__/\__
                  \                / 
                  /_              _\
                    \            /
      __/\__      __/            \__     __/\__
      \    /      \                /     \    /
__/\__/    \__/\__/                \__/\_/    \__/\___
\                                                    /
/_                                                  _\
  \                                                /
__/                                                \__
\                                                    /
/_  __                                          __  _\
  \/  \                                        /  \/
      /_                                      _\
        \                                    /
      __/                                    \__
      \                                        /
__/\__/                                        \__/\__ 
\                                                    /
/_                                                  _\
  \                                                /
__/                                                \__
\                                                    /
/_  __      __  __                  __  __      __  _\
  \/  \    /  \/  \                /  \/  \    /  \/
      /_  _\      /_              _\      /_  _\
        \/          \            /          \/
                  __/            \__
                  \                /
                  /_  __      __  _\
                    \/  \    /  \/
                        /_  _\
                          \/

トリアディックなコッホの島もしくは雪片_kーコッホによる原作  
(海岸線の次元D=log4/ log3〜1.2618)    

トリアディックなコッホの島もしくは雪片_kーチェザロによる別の描き方  
(海岸線の次元D=log4/ log3〜1.2618)           

(マンデルブロ『フラクタル幾何学』日経サイエンス社、42〜43頁)
[PR]
by yojisekimoto | 2010-05-19 21:22 | 数学

韓国歴史ドラマ年表

日本|中国| 朝鮮半島   | 朝鮮半島内での出来事及び『』内は韓国歴史ドラマの題名
__|__|________|_____________________________
  |  |高句麗    ||
弥生|漢 | (楽浪郡) ||BC37年『朱蒙(チュモン)』高句麗建国
  |  |      / |
  |  |     |新羅|AD18年高句麗大武神王(ムヒョル)即位
  |  |     |  | (『風の国』)
  |晋 |     |  |391年高句麗広開土王が即位(『太王四神記』)
  |  |百済   |  |6世紀後半百済、武王生まれる(『薯童謡』ソドンヨ)
__|隋 | (伽耶)|  |
飛鳥|唐 |     |  |632年新羅(BC57〜935)朝鮮初の女王『善徳(ソンドク)女王』が即位。
  |  |     |  |642年高句麗の将軍・『淵蓋蘇文(ヨンゲソムン)』が唐と戦う
  |  |_____|  |______________________________
  |  |  |     |676年新羅が統一
__|  |渤海|     |698年『大祚榮 (テジョヨン)』が渤海建国
奈良|  |  |     |8世紀後半新羅チャン・ボゴ(『海神-HESIN-』)が生まれる。
__|  |  |     |
  |  |__|_____|______________________________
平安|  |高麗  太祖王建|918年『太祖王建(テジョンワンゴン)』が高麗を建国
  |  |    定宗  |    
__|  |        |1009年康兆(カンジョ)の乱
鎌倉|  |        |    第七代王の母『千秋太后』(チョンチュテフ)が活躍
__|  |        |1365年『辛旽(シンドン)』(高麗中興の功臣)が改革政策を
  |__|        | 展開
室町|明 |________|_______________________________
  |  |朝鮮王朝    |1392年李成桂が高麗より王位を受け継ぐ(朝鮮王朝『龍の涙』)
__|  |      世宗|1418年『大王世宗』(テワンセジョン)即位
  |  |        |15世紀末『チャングムの誓い』
戦国|  |  前期    |1592年文禄の役(『不滅の李爵臣』)
__|  |        |
江戸|__|        |1610年ホ・ジュン「東医宝鑑」を完成(『王の女』)
  |清 |        | 三大悪女『張禧嬪(チャン・ヒビン)』
  |  |  後期  英祖|1762年英祖が世子を殺害
  |  |      正祖|1776年世子の息子正祖(『イ・サン』)が即位
__|  |        |
明治|  |        |1895年『明成皇后』(閔妃)が日本武装兵により殺害
__|__|________|______参考:『韓国ドラマで学ぶ韓国の歴史』_______


以下、http://kankoku.org/history/より
a0024841_215049100.jpg


以下、http://tsukisan.cocolog-nifty.com/white/2009/06/post-ecdd.htmlより




[PR]
by yojisekimoto | 2010-05-19 06:40 | 歴史