<   2011年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧

資本の矛盾

資本の矛盾は、        
 ___________
|     |     |                   
|     |     |                 
|     |     |                   
|_____|_____|                   
|     |     |                   
|  資本 |     |                 
|     |     |                   
|_____|_____|

以下のような拡大再生産では解決しない。

 _______________________マクロ
|           |           |        
|           |           |      
|           |           |        
|           |           |        
|           |           |        
|           |           |      
|           |           |        
|___________|___________|
|     |     |           |        
|     |     |           |      
|     |     |           |        
|_____|_____|           |        
|     |     |           |        
| 資本  |     |           |      
|     |     |           |        
|_____|_____|___________|

以下のような単純再生産が重要だ。
 ___________
|     |     |                   
|     |     |                 
|     |     |                   
|_____|_____|                   
|  |  |     |                   
|_資本__|     |                 
|  |  |     |                   
|__|__|_____|
ミクロ


内外で揚棄が必要だ。


 _______________________マクロ
|           |           |        
|           |           |      
|           |           |        
|           |           |        
|           |           |        
|           |           |      
|           |           |        
|___________|___________|
|     |     |           |        
|     |     |           |      
|     |     |           |        
|_____|_____|           |        
|  |  |     |           |        
|_資本__|     |           |      
|  |  |     |           |        
|__|__|_____|___________|
ミクロ



参考:
http://yojiseki.exblog.jp/13041238/
マルクス経済表(部門1と2が逆):
                               p1
                          追加的不変資本Mc
                    _産業利潤_追加的可変資本Mv
 _____             |      個人的消費Mk
|第1部門 |           P|_利子___単利__|z
|機械と原料|          利潤|      複利  |
|_____|           /|_地代___差額地代|r
                 /        絶対地代|
 不変資本C 可変資本V 剰余価値M 生産物W       |
       _____\____  /          |
          /  \    /           |
 ____    /  労賃\  /    _産業利潤_  |
|第2部門|  /      \/    |      | |
|生活手段| /       /\ 利潤_|_利子___| |
|____|/   労賃__/__\ / |      | |  
     /    /  /   \\  |_地代___| |
    /    /  /    /\\        | |
 不変資本  可変資本/ 剰余価値  生産物______/_/  
          /        /   
 ____    /        / 
|第3部門|  /        /              
|総生産物| /        /          
|____|/        /          
 ____/ _______/__                      
 不変資本  可変資本  剰余価値  生産物
 
  C  +  V  +  M  =  W



用語解説:
単純再生産の場合、1(V+M)=2(c)       
拡大再生産の場合、1(V+Mv+Mk)=2(c+Mc)
(通常は、単に 1(V+M)>2(c) と記述する)
剰余価値率または搾取率m'=利潤m/賃金v   
利潤率はp'=m/(c+v)              
(Mc,Mv,Mkに関しては略語は後年の解説者が使用したもの)

産業利潤p1、利子z、地代r
p1+z資本→利潤、r土地→地代、v労働→労賃、三位一体的形態 

なお、全体の1/10しか価値増殖過程に廻されない、とマルクスは書いている。

参考:マルクスのエンゲルス宛の手紙(1863.07.06、邦訳全集第30巻p289~292)。


1機械と原料
2生活手段
3総生産物            
 C不変資本+V可変資本+M剰余価値=W 総生産物
              r地代、
              z利子、
              p1産業利潤


____1C____ _1V_1M_


        +
    
           __2C___ _2V_2M_

       ||

________3C________ 

           _____3V_3M_____

または、

     __2C___ _2V_2M_

       +
_1C_ _1V_1M_
      

       ||

_____3C_____ 

     _____3V_3M_____

 不変資本  可変資本  剰余価値  生産物
  C  +  V  +  M  =  W

1機械と原料(生産手段)
2生活手段(消費手段)
3総生産物            
 C不変資本+V可変資本(賃金)+M剰余価値=W 総生産物
                 r地代、
                 z利子、
                 p1産業利潤



____1C____ __1V__ __1M__
                   p1zr 

          +
    
           _____2C______ _2V_ _2M_
                              p1zr
         ||

_________3C_____________ 

           ______3V___ ____3M_____


単純再生産の場合、1(V+M)=2(C)、       
拡大再生産の場合、1(V+M) > 2(C)、で生産手段への投資が増えることになるが、
それは消費手段部門の不変資本が相対的に減ることを意味する。


あるいは、


____1C____ _1V_1M_         機械と原料(生産手段)


        +
    
           __2C___ _2V_2M_ 生活手段(消費手段)

       ||

________3C________ 
                           総生産物
           _____3V_3M_____ 




単純再生産の場合、1(V+M)=2(C)、       
拡大再生産の場合、1(V+M) > 2(C)、で生産手段への投資が増えることになるが、
それは消費手段部門の不変資本が相対的に減ることを意味する。


メモ:(1と2が逆)


_2C_ _2v2m_
      
       +

     _1c___ _1v1m_

       ||

____3c_____ 

     ____3v3m_____

または、
     _1c___ _1v1m_

       +
_2C_ _2v2m_
      

       ||

____3c_____ 

     ____3v3m_____

あるいは、


     _1c___ _1v1m_

       +
_2C_ _2v2m_
      

       ||

     ____3v3m_____

____3c_____ 


 _______________________
|     |2C|2V|           |
|  1C |1V=2W|           |
|     |2M|  |           |
|___3C=1W|__|    3V     |
|1z|1r|     |           |
|_1M__|     |           |
1p1|  |     |           |
|__|__|____3W___________|
|           |           |
| 3z     3r |           |
|           |           |
|    3M     |           |
|           |           |
| 3p1       |           |
|           |           |
|___________|___________|

単純再生産の場合2は1を超え3に近づく。
(上の図は部門1で搾取なし、部門2で総てボランティアという極端なモデルを表す。その際、厳密には部門3の外枠は存在せず、部門2の外枠と同化する)


改訂:


     _1C___ _1V1M_

       +
_2C_ _2V2M_
      

       ||

____3C_____ 

     ____3V3M_____

 不変資本  可変資本  剰余価値  生産物
  C  +  V  +  M  =  W

1機械と原料
2生活手段
3総生産物            
 C不変資本+V可変資本+M剰余価値=W 総生産物
 r地代、z利子、p1産業利潤




または、
     _1C___ _1V1M_

       +
_2C_ _2V2M_
      

       ||

____3C_____ 

     ____3V3M_____

あるいは、


     _1C___ _1V1M_

       +
_2C_ _2V2M_
      

       ||

     ____3V3M_____

____3C_____ 
[PR]
by yojisekimoto | 2011-08-29 17:56 | マルクス

james brown 1968


キング牧師が暗殺されたとき、アメリカはジェームズ・ブラウンのライブをTV生中継して暴動を防いだ。
先日のイギリスの暴動では誰がライブをすればよかったか?オアシスは?ヒップホップは?ポール・マッカートニーは?

ジェームズ・ブラウン自身はキリスト教徒とはいえ思想的にマルコムXに近い。
[PR]
by yojisekimoto | 2011-08-23 18:58 | 音楽

馬具と馬

カント『純粋理性批判』の邦訳において、日本語の悟性は普段使わない言葉だから、神秘的な響きが伴ってしまう。
逆に知性という用語から現在の日本人は神的知性を読み取ったりはしない。
結論としては、Verstandを知性と訳し、intellectusを知能あるいは知能的と訳すのがいい。
後者にはもっといい訳語があるかも知れないし、知能と知性の認識が逆転したと、後世には言われてしまうだろうが。


知性(直観知、知能、全能?)
理性
_________
判断力(分析/
     総合)
構想力(想像力。産出的=生産的/
         再生的=再生産的)↓
悟性(知性?)↑
_________
感性


                              @:範型(×象徴)
 純粋理性概念→|\ ←理性                口:図式
(超越論的理念)| \
        |  \                                 
        |___@ ←(規定的/反省的)判断力       
        |   |\ 
        |   | \                          
        |   |  \         
 純粋悟性概念→|___|___\ ←悟性(超越論的統覚)    
 (カテゴリー)|\  |  /|\
        | \ | / | \       
        |  \|/  |  \     
        |___口___|___\ ←構想力
        |  /|\  |    \
        | / | \ |     \
 感性的多様性→|/__|__\|______\ ←感官
                         (経験的統覚)
図:カントにおける媒介的第三者の位置
http://www.nagaitosiya.com/b/ethische_analytik.html
http://www.nagaitosiya.com/b/kant008.png


そもそも、このヒエラルキー自体に無理がある。
カントは理性の越権行為を禁じることに注力するが、それはエアコンでいえばサーモスタット機能、自動車でいえばブレーキ研究ばかりしていて、モーターとエンジンの研究がおろそかになった開発者のようなものだ。
父親の真似をして哲学における馬具をカントは完成させたが、同時に馬の研究が抑圧された。
[PR]
by yojisekimoto | 2011-08-21 15:13 | カント

反原発映画関連動画(フィクション篇)

1977


1984


1983


2010


参照:反原発映画201106映画秘宝記事
[PR]
by yojisekimoto | 2011-08-02 16:20 | 原発