<   2011年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧

ドストエフスキーとプルードン

ドストエフスキーの未公刊ノートにプルードンの名前を見つけた。
経済的矛盾の体系の書名の後にこう書かれている。

 さまざまな国民性の思想こそは、デモクラシイの新しい形態にほかならない。
 それはspontanément(自然発生的に。フランス語)現れた。
 われわれは人類の思想のspontanéité(自然発生。フランス語)を信じる。プルードン。

『ドストエフスキー 未公刊ノート』(筑摩書房、32〜3頁より、22頁にも名前がある)

これが記された1863〜4年は『地下室の手記』の直前だが、内容はプーシキン記念講演に近い。
青年時代の左翼的傾向や、トルストイ(もしくはゲルツェン)とプルードンとの関係を考えると、もっといろいろなものが見えて来る気がする。
(『地下室の手記』で表明された)中央集権的計画経済への嫌悪とネーションの称揚(プルードンが自主性なる用語で競争を擁護するのと対照的だ)が結びついていると考えられなくもない。
マルクスのザスーリチへの手紙とも主題的に重なる。
『悪霊』で批判されたバクーニン以外に、アナキズムのイメージをドストエフスキーが持っていたということは少なくとも言える(フーリエの名も28頁に出て来る)。
[PR]
by yojisekimoto | 2011-11-22 16:53 | プルードン

農工連合(プルードンの遺言)

農工連合( Fédération agricole-industrielle)。

プルードンは晩年の著作で自らの主張をこの一語で表現した。
これは現在の日本でTPPをめぐる輸出拡大を狙う経産省、経団連と、それに対峙する農業関連者、消費者の間の齟齬を考えたとき、実に今日的な課題を示す言葉だということがわかる。

1993年の米不足の際、日本がタイ米を買い占めたためにタイの米の値段が上がり、タイの貧しい人が米を買えなくなった。

食料自給は70億を超える人口を地球が抱える今、先進国の責務なのだ。

そして、工業の側が農業の側に歩み寄る形以外には、自律分散的で自立可能な未来はやってこないということも想像に難くない。
[PR]
by yojisekimoto | 2011-11-11 02:13 | プルードン

エコロジカル・フットプリント

エコロジカル・フットプリント
http://www.ecofoot.jp/what/index.html

エコロジカル・フットプリントって?






○1 人間がどれほど自然環境に依存しているかを明らかにします

エコロジカル・フットプリント(Ecological Footprint)とは、どれほど人間が自然環境に依存しているかを、わかりやすく伝える指標であり、ツール(道具)です。具体的には・・

(1)あるエリアの経済活動の規模を、土地や海洋の「表面積(ヘクタール)」に換算。
(表面積:食糧のための農牧地・海、木材・紙供給やCO2吸収のための森林など。エリア外からの輸入物の生産に要する面積も含む)
この表面積=エコロジカル・フットプリント=そのエリアで自然環境を踏みつけている面積であり、人間の足跡(Footprint)です

(2)その面積をエリア内人口で割って、1人あたりのエコロジカル・フットプリント(ha/人)を指標化。

エリアの適正規模(環境収容力)をどれくらい超えた経済活動をしているかが、一目でわかります!

○2 日本人のエコロジカル・フットプリントは?

日本のエコロジカル・フットプリント :4.3ha/人
世界合計(公平な割り当て面積)では :1.8ha/人

世界中のひとびとが日本人のような暮らしをはじめたら、地球が約2.4コ(4.3÷1.8)必要です!
つまり、日本人は現在の経済(消費)活動のスケールを2分の1以下に戻すことが求められるのです。
(データはWWFの「Living Planet Report 2004」より)
地球2.4コ

米国のエコロジカル・フットプリント:9.5 ha/人!

世界中のひとびとが米国人のような暮らしをはじめたら、地球が約5.3コ(9.5÷1.8)必要!
[PR]
by yojisekimoto | 2011-11-06 09:37 | 環境問題

"Il Vangelo secondo Matteo", Odetta's song

Sometimes I Feel Like A Motherless Child

[PR]
by yojisekimoto | 2011-11-03 00:16 | 音楽

Lou Reed - Sword Of Damocles - 12/09/92 Illinois M&L Tour




I see The Sword of Damocles
is right above your head
They're trying a new treatment
to get you out of bed
But radiation kills both bad and good
it can not differentiate
So to cure you they must kill you
the Sword of Damocles hangs above your head

Now I have seen lots of people die
from car crashes or drugs
Last night on 33rd st.
I saw a kid get hit by a bus
But this drawn out torture over which part of you lives
is very hard to take
To cure you they must kill you
the Sword of Damocles above your head

That mix of morphine and dexedrine
we use it on the street
It kills the pain and keeps you up
your very soul to keep
But this guessing game has its own rules
the good don't always win
And might makes right
the Sword of Damocles is hanging above your head

It seems everything's done that must be done
from over here though things don't seem fair
But there are things that we can't know
maybe there's something over there
Some other world that we don't know about
I know you hate that mystic shit
It's just another way of seeing
the Sword of Damocles above your head


http://tai4oyo.blog108.fc2.com/blog-entry-674.html
まさにきみの頭上にあるのは
あのダモクレスの剣
きみを回復させようと
あらたな施術を試みるのだが
放射線は悪性の因子にも良性の因子にも降り注ぐ
そのどちらにもだ
だから治療とはきみに死をもたらすもの
ダモクレスの剣はきみの頭上にあるのだ

交通事故や薬物中毒で
多くの人々が亡くなる場面に立ち会った
昨夜、33丁目の通りで
こどもがバスに撥ねられた
でもこの早朝に行われる手術に
きみの生死を委ねるのには堪え難いものがある
施術することはきみに死をもたらすもの
ダモクレスの剣はきみの頭上にあるのだ

モルヒネに興奮剤を調合するのは
誰もがやるテだ
痛みを癒し、気分がハイになる
そしてそれが永く続く
だがそれを試みるのにはあるルールがある
正しい用量がキくとは必ずしも言えないし
それで充分な場合もある
いずれにしてもダモクレスの剣はきみの頭上にあるのだ

とても公正とは呼べないが、少なくともここでは
行われるべきものごとは施された様にみえる
だが、ぼくたちの見知らぬ場所で
与り知れぬことがなされたかもしれない
ぼくたちの知らない世界のどこかで
そんな神秘主義的な視点をきみは嫌うかもしれないが
世の中には異なる視野もあるのだ
まちがいなく、ダモクレスの剣はきみの頭上にあるのだ



今を去る事、紀元前4世紀 (Before Christ 4th Century) 頃の事である。シラクサ (Sarausa) の廷臣ダモクレス (Damocles) が、己が王ディオニュシオス (Dionysius) を褒めそやす。すると後日、廷臣は王から宴席に招かれる。その宴は豪華を極め粋を凝らしたものである。ふと、廷臣が頭上を見上げると、己が真上に鋭利な剣が細い糸でもって吊るされている。その恐ろしさに震えて王に問うと、自身の地位は常に剣の下に座らされている現在の廷臣の様なものだと、王は応えた。

http://beaverland.web.fc2.com/myth/greek/damocles_jp.html
a0024841_23572398.jpg



Whole Song:

Em C G G

e|-0-0-0-0-0-0-0-0-|-0-0-0-0-0-0-0-0-|-3-3-3-3-3-3-3-3-|-3-3-3-3-3-3-3-3-|
B|-0-0-0-0-0-0-0-0-|-1-1-1-1-1-1-1-1-|-3-3-3-3-3-3-3-3-|-3-3-3-3-3-3-3-3-|
G|-0-0-0-0-0-0-0-0-|-0-0-0-0-0-0-0-0-|-0-0-0-0-0-0-0-0-|-0-0-0-0-0-0-0-0-|
D|-2-2-2-2-2-2-2-2-|-2-2-2-2-2-2-2-2-|-0-0-0-0-0-0-0-0-|-0-0-0-0-0-0-0-0-|
A|-2-2-2-2-2-2-2-2-|-3-3-3-3-3-3-3-3-|-2-2-2-2-2-2-2-2-|-2-2-2-2-2-2-2-2-|
E|-0-0-0-0-0-0-0-0-|-----------------|-3-3-3-3-3-3-3-3-|-3-3-3-3-3-3-3-3-|


[PR]
by yojisekimoto | 2011-11-02 23:57 | 音楽