<   2013年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧

『風立ちぬ』メモ

『風立ちぬ』の前半は傑作
ただ後半、特にラストはうまく行っていない
冒頭の少年時代の夢は視差と矛盾をうまく表現していたのに…

最後は二郎に「日本の少年よ」と観客に向けて語らせれば良かった

また「飛行機は戦争のためでも商売のためのものでもない」というセリフがあったが、商売を否定するのは間違いだ
夢の交換も商売と言えるし、坂本龍馬やプルードンの夢はそこにある

アーセナルも大砲生産をサッカークラブに変えたし、ソ連製の楽器ビックマフも戦車工場を楽器工場に変えるなかで生まれたという…

主人公とユンカースという戦争に反対したドイツ人技師とを並べるのは無理があった
どうせなら「広場の孤独」を書いた堀田善衞の人生も組み込めばよかった…

追記
黒澤は戦争を関東大震災のイメージで、宮崎は関東大震災を戦争のイメージで描いている
戦争と天災の混同は加害責任への無自覚と関わるので追記したい
ただ両天才ともに美しい夢への代償と責任を誰よりも知っていたと思う
[PR]
by yojisekimoto | 2013-07-25 01:01 | 映画

経済学:メモ


マルクス     ワルラス
 l \     / l
 l  \   /  l
 l   \ /   x
カレツキ  x    l
 l   / \   l
 l  /   \  l
 l /  ゲ  \ l
ケインズーーゼーープルードン
      ル

マルクスもワルラスも(プルードンを剽窃しつつの)
プルードン批判がキャリアの出発点である

ワルラスとケインズとではセーの法則に賛否が分かれるが
ワルラスがケインズに連なる近代経済学の祖と言っても過言ではない
(ケインズ=ヒックスのIS–LM modelモデルも、財と貨幣の一般均衡理論と言える)


上記図は、

国家l国民
ーー+ーー
資本l X

という柄谷交換図に対応する

上記図の中央の交差は政治と経済のIS-LM分析とも呼べる

通常IS-LM分析は
縦軸が利子率
横軸が国民所得を表し、

流動性貨幣市場が/
投資財が\

上記図では左右反転し、

流動性貨幣市場が政治\
投資財が経済/
[PR]
by yojisekimoto | 2013-07-10 12:25 | プルードン