<   2015年 01月 ( 1 )   > この月の画像一覧

20150109 柄谷行人講演会「批評と移動」@紀伊国屋書店:メモ

2015年1月9日の講演で柄谷は、文学と哲学(主にカント)との関係をうまくまとめ
ていた(定本4のスミス関連、定本1の中国語版あとがきが内容的にリンクしていた)。
文学の役割の終わりを、サルトルなど第三の道の不可能性と結びつけていた。
ただ、現代のネーションは文学ではなく音楽を手段にしており、帝国は映画を
手段にしているだろう(共に想像力として位置付けられるので柄谷理論の範囲内だが)。
言及のなかったインターネットなどは二重性を秘めているが、それを可能性とは
柄谷は考えていないようだ。実際の移動が未だに重要だということだろう。「言語
・数・貨幣」を完成させたいという発言が反響を呼んだようだが、個人的には韓国
テレビドラマ*への言及(文学終焉説の反響がそこにあったという)が興味深かった。


http://blog.livedoor.jp/creampan2005/archives/50868724.html
■韓国ドラマ『姉さん(姉貴)』(全55回)2006年 MBC
https://vimeo.com/116675822
『姉さん』第31話vol.11 chapter2より

「文学 は 新しい 倫理 を 生む (문학 은 새로운 윤리 를 낳는다)」

追記:
『大西巨人文選4 遼遠1986-1996』(1996.7、296~7頁)に以下の記述がある。
《講談社一九八五年刊・柄谷行人著『内省と遡行』の「あとがき」に、
「むろん私は後をふりかえようとは思わない。いいかえれば、自分の過去の仕事
に、私的な意味づけを強いようとは思わない。」という雄雄しい断言があり、私
は、その断言を我流に解釈して、たいそう同感同意している。》(「自作再見」1990.7.9)
[PR]
by yojisekimoto | 2015-01-13 20:07 | 柄谷行人