人気ブログランキング | 話題のタグを見る

般若心経:メモ

http://www006.upp.so-net.ne.jp/yfukuda/Tibet/shersnying.html
http://enlighten.fc2web.com/hannyashingyo.html
以下、上記サイトより

2      1     3
対象    感覚器官  主観
色____(受想)行___識_______五蘊  
色(gzugs) 眼(mig)  眼識(mig gi rnam par shes pa) *
声(sgra) 耳(rna)   耳識(rna ~) *
香(dri)  鼻(sna)   鼻識(sna ~) *
味(ro)  舌(lce)   舌識(lce ~) *
触(reg bya)身(lus)   身識(lus ~) *
法(chos) 意(yid)   意識(yid ~)
     <-六処->
<---十二処-ー->
<-----------十八界------------>

*省略 番号は記述順。
      感覚、 対象、 主観の順に否定される。
       |  |   |
(☆五蘊   受想行 色   識 )


 色 |受想 
___|__
 行 |識 

仏説摩訶般若波羅蜜多心経
観自在菩薩行深般若波羅蜜多時、照見 五蘊☆ 皆空、度一切苦厄。舎利子。色不異空、空不異色、色即是空、空即是 色。受・想・行・識 亦復如是。舎利子。是諸法空相、不生不滅、不垢不浄、不増不減。是故空中、
無色、無受・想・行・識、             (五蘊)
   無眼・耳・鼻・舌・身・意、         1
無色・声・香・味・触・法。            2
          無眼界、乃至、無意識界。   3
無無明、
亦無無明尽、
乃至、無老死、
亦無老死尽。          (十二支縁起(十二因縁) ) ☆☆
無苦・集・滅・道。        (四つの聖なる真理)☆☆☆
無智亦無得。以無所得故、菩提薩埵、依般若波羅蜜多故、心無罣礙、無罣礙故、無有恐怖、遠離一切顛倒夢想、究竟涅槃。三世諸仏、依般若波羅蜜多故、得阿耨多羅三藐三菩提。故知、般若波羅蜜多、是大神呪、是大明呪、是無上呪、是無等等呪、能除一切苦、真実不虚。故説、般若波羅蜜多呪。
即説呪曰、羯諦羯諦波羅羯諦波羅僧羯諦菩提薩婆訶。般若心経

観自在菩薩行深
般若波羅蜜多時照見五蘊皆空度一切苦厄舎利子
↓ 色不異空
 空  色
 色即是空
 空  色
 受想行識 
 亦復如是舎利子是諸法空相
 不生不滅
  垢 浄
  増 減是故空中   
 無色受想行識
 ↓
  眼耳鼻舌身意    1
  色声香味触法   2          
  眼界乃至    
  意識界             
  無明亦       3
    尽乃至
  老死亦
    尽     
  苦集滅道        
  智亦
  得以
  所得故菩提薩埵依
↓     心
  罣礙
  罣礙故 
↓ 有恐怖遠離一切顛倒夢想究竟涅槃三世諸仏依
      故得阿耨多羅三藐三菩提故知
      是大神呪是大明呪是
  上呪是
  等等呪能除一切苦真実不虚故説
      呪即説呪曰
羯諦
↓ 波羅
    僧
  菩提薩婆訶般若心経



http://www.asahi-net.or.jp/~YI9H-URYU/tera/bodh/3202.htm
以下、上記サイトより


五蘊は次の5種である。
色蘊(しきうん) - 人間の肉体を意味したが、後にはすべての物質も含んで言われるようになった。2
受蘊(じゅうん、vedanaa) - 感受作用  1
想蘊(そううん、saMjJaa) - 表象作用
行蘊(ぎょううん、saMskaara) - 意志作用
識蘊(しきうん、vijJaana) - 認識作用  3
(般若心経には、「五蘊皆空」と五蘊のうち2.から4.の頭文字からなる「受想行識」という文言が含まれている。)

☆☆
十二支縁起(十二因縁)
(5)六処・・・眼・耳・鼻・舌・身・意の六根、つまり六つの感覚器官のこと。1
(7)受・・・・・三者和合して起こる感受であって、苦・楽・不苦不楽の三受のこと
(2)行・・・・・身・口・意の三つの行為であり、身・口・意の三業とほぼ同じ。
       ただ、実際に現れる行為だけでなく、その行為の余力として残る潜在的なものを含む。
(4)名色・・・認識の対象である色・声・香・味・触・法の六つの境のこと。 2
(3)識・・・・・認識主観そのもの。眼・耳・鼻・舌・身・意の六つのこと。3

☆☆☆
[四つの聖なる真理も空であること]無苦・集・滅・道。
(=苦の真理もなく、苦の原因の真理もなく、苦を滅するという真理もなく、苦を滅するための道という真理もない)


無智亦無得。以無所得故、:純粋意識(ye shes)もなく、獲得する(thob pa)ものでもなく、獲得するものでないこともないのである。
心無罣礙、無罣礙故、無有恐怖:心にとどこおりがなく、とどこおりがない故に、恐怖がなく
三世諸仏:現在・過去・未来(三時 dus gsum )におわします一切の仏

縁起の因果論: われわれの迷いの現実、苦の自己がどうして成り立っていくかという
原因根拠を追求していく因果関係
 因 (直接原因)
 縁 (間接原因)


以下、補記。
空海の解説(『般若心経秘健』)より

空海によれば、大般若経の心髄を表した般若心経、全体は5つに分かれる。

題 目
仏説摩訶般若波羅蜜多心経

一 人法総通分、人格的存在と非人格的存在=法に関する総説。
観自在菩薩行深般若波羅蜜多時、照見 五蘊☆ 皆空、度一切苦厄。

二 分別諸乗分、諸経の全体的分析。
 舎利子。

 健(華厳、普賢)
 色不異空、空不異色、色即是空、空即是 色。受・想・行・識 亦復如是。舎利子。

 絶(三論、文殊)
 是諸法空相、不生不滅、不垢不浄、不増不減。

 相(法相、弥勒) 
 是故空中、
 無色、無受・想・行・識、             (五蘊)
   無眼・耳・鼻・舌・身・意、         1
 無色・声・香・味・触・法。           2
          無眼界、乃至、無意識界。   3

 二(二乗、声聞と縁覚)
  無無明、
  亦無無明尽、
  乃至、無老死、
  亦無老死尽。          (十二支縁起(十二因縁) ) ☆☆
  無苦・集・滅・道。        (四つの聖なる真理)☆☆☆

 一(天台、観自在菩薩)
 無智亦無得。以無所得故、

三 行人得徳分(人と法=内容〜原因、修業、証、涅槃に入ること〜)、修行の結果に関する説明。
菩提薩埵、依般若波羅蜜多故、           因と行
心無罣礙、無罣礙故、無有恐怖、遠離一切顛倒夢想、
究竟涅槃。三世諸仏、依般若波羅蜜多故、      涅槃に入ること
得阿耨多羅三藐三菩提。              証

四 総帰持明分、名体用、すべてが真言に帰することの説明。
故知、般若波羅蜜多、
是大神呪、  声聞の真言
是大明呪、  縁覚の真言
是無上呪、  大乗の真言
是無等等呪、 秘蔵の真言 以上、名
能除一切苦、          用
真実不虚。           体

五 秘蔵真言分、真言の解説。
故説、般若波羅蜜多呪。
即説呪曰、羯諦羯諦波羅羯諦波羅僧羯諦菩提薩婆訶。般若心経


 なお最後の部分の真言はさらに、5つにわかれる。


羯諦   教えを聞いての悟り
羯諦   独自の悟り
波羅羯諦  法相、三論等終業の結果
波羅僧羯諦 真言等修行の結果の結果
菩提薩婆訶 究極的悟りに入る意義
by yojisekimoto | 2010-11-05 06:30 | 仏教


<< 「お前はそれである」 「死の欲動」:メモ >>