両界曼荼羅とスピノザ



a0024841_1782378.jpga0024841_178292.jpg

両界(両部)曼荼羅、つまり胎蔵(界)曼荼羅及びそれと対になる金剛界曼荼羅はそれぞれ物質と精神に対応するとされるが(歴史的には中国における陰陽☯の影響が指摘される)、むしろ逆で、今日的には胎蔵が精神的で、金剛界が物質的に見える(西欧哲学の文脈と逆側へサブジェクトの意味合いが入れ替わっているのだ**)。 それは2つ合わせると、スピノザの思惟と延長という属性に対応し得る。これらは、柄谷のカントとマルクスに対応するかも知れない***。

胎蔵(界)曼荼羅に関しては以前カントと比較した事があるが(参考別サイト)、両界あわせると胎蔵界を理(物質)、金剛界を智(精神)となるところが(単純な一元論にはならない)、やはり延長と思惟の属性を分けたスピノザに似ている*(『空海曼荼羅』所収の藤巻一保の論考が図解入りでわかり易い)。

        大 日 如 来
           |
    ____六大=宇宙の実体_____
   |                 |
   |  地・水・火・風・空 ・識   |
   |  ア・バ・ラ・カ・キャ・ウン  |
   |  __________ __  |
   |   |         |   |
   |  物質         精神  |
   | 胎蔵界         金剛界 |
   |_______________|
            |
           ←|→
三蜜=宇宙の働き        四曼荼羅=宇宙の現れ
   用大                相大
                大曼荼羅   色彩 宇宙の具体像の現れ
身蜜 身体    印      三昧耶曼荼羅 象徴 宇宙の個別の象徴像の現れ
口蜜 言語/波動 真言     法曼荼羅   梵語 宇宙の波動像の現れ
意蜜 精神的   観想     羯磨曼荼羅  立体 全宇宙の姿そのもの
                

(『空海曼荼羅』49頁参照)

「悟る主体を智と呼び、悟られる対象を理と呼ぶ」(同64頁)

「真の観念はその対象(観念されたもの)と一致しなければならぬ。」(スピノザ「エチカ」第一部公理6


*注:

「エチカの『基本構成』」(工藤喜作『スピノザ』清水書院より)
原図は縦書き。参考
       __________________
能産的自然=|神=自己原因=実体=無限に多くの属性|……思惟の属性………延長の属性
      |__________________|
       _______________
      |        |直接無限様態|             |運動と静止
      |様 |無限様態<       |……………無限知性…………< 
所産的自然=|態 |     |関接無限様態|             |全宇宙の形貌
      |の<             | 
      |世 |            |                  |最単純物体      
      |界 |有限様態        |……………有限観念……………有限物体<
      |_______________|     ‖             |複合物体=個体
                           認識< 想像知       |  :  
                              |理 性       |無限に大きな個体
                              |直観知           ‖
                                           全自然

あるいは(改訂版)、

「エチカの『基本構成』」(工藤喜作『スピノザ』清水書院より)

 _____能産的自然________
|神=自己原因=実体=無限に多くの属性|__思惟の属性___延長の属性
|__________________|
 _____所産的自然_____
|        |直接無限様態|            |運動と静止
|様 |無限様態_|      |_____無限知性___|
|態 |     |関接無限様態|            |全宇宙の形貌 
|の_|            |     認識
|世 |            |      ‖                  
|界 |有限様態        |_____有限観念____有限物体
|_______________|      |        |    
                      想像知     最単純物体     
                      理 性     複合物体=個体 
                      直観知      : 
                              無限に大きな個体
                               ‖      
                              全自然

胎蔵(界)曼荼羅
 _______________________東_______________________
|那伊              日  天帝    天持 梵                 火|
|天舎 _____________天___釈__ __国_天_______________  天|
|天大| 賢|               文殊菩薩        文殊院     | 賢|最 |
| 黒|_瓶|_________________ _________________|_瓶|外 |
|天歓|  |               釈迦如来        釈迦院     |  |院 |
|・喜|  |_________________ _________________|__|・ |
|聖 |  |        |      遍 智 院  大 命普|        |  |外 |
|天 |  |◯  ◯  ◯ |仏准  仏仏  /\  菩勇 菩賢| ◯  ◯  ◯|  |金 |
|  |地 |        |母胝  母眼 /__\ 薩猛 薩延|__ __ __|除 |剛 |
|  |蔵 | 蓮華部院 至大|______一切如来智印_____|  金剛手院  |蓋 |部 |
|  |院 | (観音院) 勢|    中 台 八 葉 院    | ◯      |障 |院 |
|毘 |  |        |      _宝幢__      |__ __ __|院 |  |
|沙 |  |        |   弥勒|     |普賢   |        |  |増 |
|門 |  |      ◯ |   /_|_____|_\   | ◯      |  |長 |
|天 |地 |        |  |  |  大  |  |  |__ __ __|除 |天 |
北   蔵 |羂不 輪如 音聖|天鼓雷音 |  日  | 開敷華王|薩金      |蓋    南
|帝 |  |索空  意  観|  |  |  如  |  |  |埵剛 __ __|障 |焔 |
|釈 |  |        |  |__|__来__|__|  |        |  |摩 |
|天 |  |      多 |   観音|     |文殊   | ◯      |  |天 |
|・ |  |      羅 |    \|_無量寿_|/    |__ __ __|  |  |
|変 |  |        |      (阿弥陀)      |        |  |  |
|化 |  |      ◯ |_________________| ◯      |  |  |
|身 |  |        | 勝  大   般     隆 不|__ __ __|  |  |
|  |  |      馬 | 三  威   若 持明院 三 動|        |  |  |
|  |  |      頭 | 世  徳   菩     世  | ◯  ◯  ◯|  |  |
|  |  |________|________薩________|________|  |  |
|  |  |  千  |        虚空蔵菩薩 虚空蔵院     | 菩金  |  |  |
|  |__|  手  |_十_____________________| 薩剛  |__|  |
|  |賢 |  観  |観一 ◯ 明孔 ◯ 蘇悉地院 ◯ ◯ ◯ ◯ |  蔵  | 賢|  |
|  |瓶_|__音__|音面___王雀________________|__王__|_瓶| 羅|
|風        月   弁    水 天広 地                 在大 | 刹|
|天________天___才____天__目_天_________________天自_|_天|
              天         西       

               ___因__菩提心__中台八葉院___
   _______________根__大 悲__中台八葉院と最外院を除く全院______
 _________________究竟_方 便__外金剛部院(最外院)_____________
    
      宝幢C
            
天鼓雷音D 大日A  開敷華王B

      無量寿A
     (阿弥陀)

定印A、施無畏印B、与願印C、触地印D




金剛界曼荼羅
 _______________________西______________________
| __________________________________________文様帯|
||     /  \     | ____________ | ____________ ||
||    |    |    ||  /      \  |||  / /  \ \  |||
||    | 金剛法|    || /        \ ||| / | 愛金剛| \ |||
|| ___ \__/ ___ ||/     大    \|||/__ \__/ __\||| 
||/   \/  \/   \||      日     |||/  \/ 金\/  \|||
||金剛宝   大日  金剛業 ||      如     |||触金剛  薩剛  慢金剛|||
||\___/\__/\___/||      来     |||\__/\埵_/\_と/|||
||     /  \     ||\          /|||\   /  \/その妃|||
||    | 金剛 |    || \        / ||| \ |欲金剛 | / |||
||四印会 | 薩埵 |    |一印会\______/__||理趣会\_\__/_/__|||
||_____\__/_____|______________|______________||
|| ____________ |華_____鎖______灯| ____________ ||
|||  / /  \ \  |||水 / /  \ \ 風|||  / /  \ \  |||
||| / |    | \ ||| /鬘| 阿弥陀|歌\ ||| / |    | \ |||
|||/__ \__/ __\|||/__ (無量寿)__\|||/__ \__/ __\|||
|||/  \/  \/  \|||/  \/  \/不空\|||/  \/  \/  \|||
南||            ||索 宝生  大日  成就 鈴||            ||北
|||\__/\__/\__/|||\__/\__/\__/|||\__/\__/\__/|||
|||\   /  \/  /|||\ 嬉 /  \/舞 /|||\   /  \/  /|||
||| \ |    | / |||火\ | 阿閦 | /地||| \ |    | / |||
||供養会\_\__/_/__||成身会\_\__/_/__||降三世会_\__/_/__|||
||______________|香_____鉤______塗|______________||
|| ____________ | ____________ | ____________ ||
|||  / /  \ \  |||  / /  \ \  |||  / /  \ \  |||
||| / |    | \ ||| / |    | \ ||| / |    | \ |||
|||/__ \__/ __\|||/__ \__/ __\|||/__ \__/ __\|||
|||/  \/  \/  \|||/  \/  \/  \|||/  \/  \/  \|||
|||            |||            |||            |||
|||\__/\__/\__/|||\__/\__/\__/|||\__/\__/\__/|||
|||\   /  \/  /|||\   /  \/  /|||\   /  \/  /|||
||| \ |    | / ||| \ |    | / ||降三世 |    | / |||
||微細会\_\__/_/__||三昧耶会_\__/_/__||三昧耶会_\__/_/__|||
||______________|______________|______________||
|_______________________東______________________|

中央成身会:詳細

四摂智菩薩 非行人間を
金剛鉤菩薩(ひっかけて)
金剛索菩薩(たぐりよせ)
金剛鎖菩薩(動けなくして)
金剛鈴菩薩(警鐘を鳴らす)

(『「理趣経」入門』大栗道栄117ー8頁より)


    阿弥陀B
            
宝生C 大日E  不空成就A

    阿閦D

施無畏印A、定印B、与願印C、触地印D、智拳印E(胎蔵とはAとBが逆)
 


_五仏___九識____四方__五智_____五印______
不空成就  五識    北  成所作智   施無畏(せむい)印
阿弥陀   意識6   西  妙観察智   禅定印
宝生    末那識7  南  平等性智   与願(よがん)印
阿閦    阿羅耶識8 東  大円鏡智   触地(そくち)印
大日如来  阿摩羅識9 中央 法界体性智  智拳印

九識・五智・五仏の対応関係

http://www.sakai.zaq.ne.jp/piicats/gochigobutsu.htm
http://www.sakai.zaq.ne.jp/piicats/mandara2.htm

追記:
両界曼荼羅は本来以下(奉懸図)のように向かい合わせに掲げるが(合わせ鏡のようになる)、先日の上野の国立博物館ではそれが再現されていなかった。

         __本尊壇__
        |       |
        |   本   | 
        |   尊   |       
十       |_______|        十
二/|       _____        |\二
天\|      |     |       |/天
屏/|金     |  壇  |     胎 |\屏    
風\|剛     |_____|     蔵 |/風
   界       ___      (界)
   曼      | 阿 |      曼 
   荼      | 閦 |      荼
   羅      |_梨_|      羅
 

肝心の大日如来が東寺からのものではないから立体曼荼羅の再現とも言い難い。
東寺立体曼荼羅全体の8/21しか来ていないのだから仕方ないが。
やはり東寺へいくべきだ。
ただし、東寺では見られない仏像の裏側を見ることが出来、音声ガイド、物販は充実していた。

補記:

両曼荼羅をカント体系に位置づけるなら、それぞれ感性(及び悟性)と理性ということになろう。

http://yamatokoji.blog116.fc2.com/blog-entry-251.html
「胎蔵曼荼羅が真理を実践的な側面、現象世界のものとして捉えるのに対し、金剛界曼荼羅では真理を論理的な側面、精神世界のものとして捉えていると考えられる。」


**

    /\  精神
   /理性\→能動   カント以降、西洋の主体↑
  / 判断力\       
 /  悟性  \    今日における日本の主体↓
/___感性___\←受動
           物質

***写真↓は『トランスクリティーク』韓国語版(2005)の見開きより(左右逆にした)。

a0024841_16585095.jpga0024841_16583426.jpg






 _金剛界曼荼羅____西___________    _胎蔵界曼荼羅____東___________最
| ____________________文様帯  | __________ __________ 外
||      |       |      ||  ||  |______文殊菩薩_文殊院_|  |院
||      |   大日  |      ||  ||  |_釈迦院__釈迦如来_____|  ||
||      |   如来  |      ||  ||  |  |   遍智院   |  |  ||
||四印会___一印会_____|理趣会___||  ||  |  |____△____|  |  ||
||      |  阿弥陀  |      ||  ||地 |  |弥勒  宝幢 普賢|  |除 ||
||      |       |      ||  ||蔵 |蓮華|         |金剛|蓋 ||
南|      |宝生 大 不空|      |北  北 院 |部院| 天鼓 大 開敷 |手院|障  南
||      |   日 成就|      ||  ||  |  | 雷音 日 華王 |  |院 ||
||      |       |      ||  ||  |  中 台 八 葉 院 |  |  ||
||供養会___成身会_阿閦__|降三世会__||  ||  |  |観音_無量寿_文殊|  |  ||
||      |       |      ||  ||  |  |         |  |  ||
||      |       |      ||  ||  |__|____持明院__|__|  ||
||      |       |降三世   ||  ||  |______虚空蔵院_____|  ||
||微細会___三昧耶会____|三昧耶会__||  ||__|______蘇悉地院_____|__||
|_______________________|  |___________ ___________|
            東                          西
[PR]
by yojisekimoto | 2011-10-21 20:29 | 仏教


<< 弘明寺の両界曼荼羅:資料 『世界史の構造』の構造と『哲学... >>