書評:『存在と時間(一)』(岩波文庫)

これで入手可能な『存在と時間』の訳は全五種になった。

桑木務 訳 旧岩波 1960-3
細谷貞雄 訳  理想社1963,ちくま1994
辻村公一 訳 河出1967,創文社1997
原佑、渡邊二郎 共訳 中公1971,中公2003
熊野純彦 訳 新岩波 2013

新岩波訳は今までのすべての邦訳を参照、訳語を取り入れている。例えば、15節Umwelt「周囲」は辻村訳、22節Gegend「方位」、23節Man「ひと」は旧岩波訳を参照している。全体としては中公とちくま版、とくに中公版に印象は近いが、ひらがなを多用し、より現象学的なアプローチとなっている。

ちなみに旧岩波だけ38節 Verfallen は「頽落」ではなく「転落」となっていた(旧岩波版はドイツ語原文を活かした竹を割る文体で逆に読みにくいが三巻本区分の仕方は一番納得出来る)。

これまでの訳の中では中公版が一番読みやすいがちくま版のようにギリシア語の注解が十分だというわけではないのが欠点だった。
ちくま版は少し日本語として読みにくい。全集版と旧岩波版はそれよりもなお読みにくかった。新岩波版はこの両者の欠点を補って決定版となり得ている。
ただし、原著を成立させていた第一次大戦後の死を先取りするような緊張感はここにはない。
本来は木田元が訳すべきなのだが、、、
また挟まれる注解は親切で的確だが別に解説書を書くべきだと思う。ハイデガー自身の注解が存在感を無くしているからだ。
以下の第一巻冒頭に紹介された総目次を読んだ限りでは日本語として一番こなれた翻訳であることは間違いないので続巻(全四巻)を楽しみにしたい。



 ハイデガー『存在と時間』1927 熊野純彦訳 岩波文庫 2013.4 
 (マックス・ニューマイヤー社、一九九三年、第一七版 底本)

   総 目 次

   一九五三年 第七版へのまえがき
序論 存在の意味への問いの呈示
  第一章 存在の問いの必然性と構造、ならびにその優位
   第一節 存在への問いを明示的に反復することの必要性
   第二節 存在への問いの形式的な構造
   第三節 存在の問いの存在論的優位
   第四節 存在の問いの存在的優位
  第二章 存在の問いを仕あげるさいの二重の課題 探究の方法とその概略
   第五節 存在一般の意味を解釈するための地平を発掘することとしての、
      現存在の存在論的分析論
   第六節 存在論の歴史の破壊という課題
   第七節 探究の現象学的方法
    A 現象という概念
    B ロゴスという概念
    C 現象学の予備的概念
   第八節 論述の構図

第一部 時間性へと向けた現存在の解釈と、存在への問いの超越論的
   地平としての時間の解明
 第一篇 現存在の予備的な基礎的分析
  第一章 現存在の予備的分析の課題の呈示
   第九節 現存在の分析論の主題
   第一〇節 人間学、心理学および生物学に対して、現存在の分析論を
       境界づけること
   第一一節 実存論的分析論と未開の現存在の解釈 「自然的世界概念」を
       獲得することのむずかしさ
  第二章 現存在の根本体制としての世界内存在一般
   第一二節 内存在そのものに方向づけることにもとづいて、世界内存在を
       あらかじめ素描すること
   第一三節 或る基底づけられた様態による、内存在の範例化 世界認識
  第三章 世界が世界であること
   第一四節 世界一般の世界性の理念
  A 周囲世界性と世界性一般との分析
   第一五節 周囲世界のうちで出会われる存在者の存在
   第一六節 世界内部的な存在者にそくしてじぶんを告げる、周囲世界の
       世界適合性
   第一七節 指示としるし
   第一八節 適所性と有意義性——世界の世界性
  B デカルトにおける世界の解釈に対して、世界性の分析をきわだだ
   せること
   第一九節 res extensa としての「世界」の規定
   第二〇節 「世界」の存在論的規定の基礎
   第二一節 「世界」をめぐるデカルトの存在論についての解釈学的討議
  C 周囲世界が〈周囲であること〉と、現存在の空間性
   第二二節 世界内部的に手もとにあるものの空間性
   第二三節 世界内存在の空間性
   第二四節 現存在の空間性と空間
                           (以上、第一分冊)

  第四章 共同存在ならびに自己存在としての世界内存在 「ひと」
   第二五節 現存在が〈だれ〉、であるかへの、実存論的な問いの着手点
   第二六節 他者の共同現存在と日常的な共同存在
   第二七節 日常的な自己存在と〈ひと〉
  第五章 内存在そのもの
   第二八節 内存在の主題的分析の課題
  A〈現〉の実存論的構成
   第二九節 情態性としての現—存在
   第三〇節 情態性の一様態としての恐れ
   第三一節 理解としての現—存在
   第三二節 理解と解釈
   第三三節 解釈の派生的様態としての言明
   第三四節 現—存在と語り。ことば
  B〈現〉の目常的存在と、現存在の頽落
   第三五節 空談
   第三六節 好奇心
   第三七節 あいまいさ
   第三八節 頽落と被投性
  第六章 現存在の存在としての気づかい
   第三九節 現存在の構造全体の根源的な全体性への問い
   第四〇節 現存在のきわだった開示性である、不安という根本的情態性
   第四一節 気づかいとしての現存在の存在
   第四二節 現存在の前存在論的自己解釈にもとづいて、気づかいとしての
       現存在の実存論的解釈を確証すること
   第四三節 現存在、世界性、および実在性
    a 「外界」の存在と証明可能性の問題としての実在性
    b 存在論的問題としての実在性
    c 実在性と気づかい
   第四四節 現存在、開示性、および真理
    a 伝統的な真理概念とその存在論的基礎
    b 真理の根源的現象、ならびに伝統的真理概念が派生的なものであること
    c 真理が存在するしかたと、真理の前提
                           (以上、第二分冊)

 第二篇 現存在と時間性
   第四五節 現存在の予備的な基礎的分析の成果と、この存在者の根源的な
       実存論的解釈の課題
  第一章 現存在の可能な全体的存在と、死へとかかかる存在
   第四六節 現存在に適合的な全体的な存在を存在論的に把握し、規定する
       ことの見かけ上の不可能性
   第四七節 他者たちの死の経験可能性と、全体的な現存在の把握可能性
   第四八節 未済、おわり、および全体性
   第四九節 死の実存論的分析を、当の現象について他に可能な解釈に
       対して境界づけること
   第五〇節 死の実存論的—存在論的構造をあらかじめ素描すること
   第五一節 死へとかかわる存在と、現存在の日常性
   第五二節 おわりへとかかかる日常的な存在と、死の完全な実存論的概念
   第五三節 死へとかかわる本来的な存在の実存論的投企
  第二章 本来的な存在可能の現存在によるあかしと、決意性
   第五四節 本来的な実存的可能性のあかしという問題
   第五五節 良心の実存論的—存在論的な諸基礎
   第五六節 良心の呼び声の性格
   第五七節 気づかいの呼び声としての良心
   第五八節 呼びかけの理解と負い目
   第五九節 良心の実存論的解釈と通俗的な良心解釈
   第六〇節 良心にあっておかしを与えられた本来的な存在可能の
       実存論的構造
  第三章 現存在の本来的な全体的存在可能と、気づかいの存在論的意味
     としての時間性
   第六一節 現存在の本来的な全体的存在の劃定から、時間性の現象的な
       発掘へといたる方法的な歩みをあらかじめ素描すること
   第六二節 先駆的決意性としての、現存在の実存的に本来的な全体的
       存在可能
   第六三節 気づかいの存在意味を解釈するために獲得された解釈学的
       状況と、実存論的分析論一般の方法的な性格
   第六四節 気づかいと自己性
   第六五節 気づかいの存在論的意味としての時間性
   第六六節 現存在の時問性、ならびにその時間性から発現する、実存論的
       分析のより根源的な反復という課題

    解説——『存在と時間』ヘの途上で
                             (以上、第三分冊)

  第四章 時間性と日常性
   第六七節 現存在の実存論的体制の根本的なりたちと、その体制の時間的
       解釈の素描
   第六八節 開示性一般の時間性
    a 理解の時間性
    b 情態性の時間性
    c 頽落の時間性
    d 語りの時間性
   第六九節 世界内存在の時間性と、世界の超越の問題
    a 目くばりによる配慮的気づかいの時間性
    b 目くばりによる配慮的た気づかいが、世界内部的に手もとにあるものを
     理論的に覆いをとって発見することへと変様することの時間的意味
    c 世界の超越をめぐる時間的問題
   第七〇節 現存在に適全的な空間性にぞくする時間性
   第七一節 現存在の日常性の時間的意味
  第五章 時間性と歴史性
   第七二節 歴史の問題の実存論的—存在論的呈示
   第七三節 歴史の通俗的了解と現存在の生起
   第七四節 歴史性の根本体制
   第七五節 現存在の歴史性と世界—歴史
   第七六節 現存在の歴史性にもとづく歴史学の実存論的根源
   第七七節 歴史性の問題のこれまでの呈示と、W・ディルタイの研究
       ならびにヨルク伯の理念との連関
  第六章 時間性、ならびに通俗的時間概念の根源としての時間内部性
   第七八節 現存在のこれまでの時間的分析が不完全であること
   第七九節 現存在の時間性と、時間についての配慮的な気づかい
   第八〇節 配慮的に気づかわれた時間と、時間内部性
   第八ー節 時間内部性と、通俗的時間概念の発生
   第八二節 ヘーゲルによる時間と精神との関係の把握に対して、時間性、
       現存在ならびに世界時間の実存論的—存在論的連関をきわだた
       せること
    a ヘーゲルの時間概念
    b へーゲルによる時間と精神との連関の解釈
   第八三節 現存在の実在論的—時間的分析論と、存在一般の意昧への
       基礎存在論的問い

   書き込み一覧表
   主要訳語対照表
   索引(人名・事項・文献)
                           (以上、第四分冊)
[PR]
by yojisekimoto | 2013-05-17 00:31 | ハイデガー


<< エイゼンシュテインと柄谷行人 老子 第1、25章他:メモ >>