ヘーゲル哲学体系図解:試作

以下、ヘーゲル哲学体系図解の試作バージョンです。

『歴史哲学講義』
             /(啓蒙と革命)
            / 近世
           /(宗教改革)(国家形成)  
          / <キリスト /_____
         /   教世界>/( ルネサンス)
        / 古代    / 中世
       /_______/_______
      /          http://www.hegel.net/en/e32333.htm
     /ペルシア  『世界史』 http://www.hegel.net/en/gif/history-e.gif
    /            /  
   /<東洋世界>/     / <古典的世界>/
  /      /     /        /
 / 中国   /インド  / ギリシア   / ローマ
/______/_____/________/________
          <人倫:倫理=共同世界,国家>


『精神哲学』「絶対的精神」                
                            /  
                           /CフィヒテDシェリング
                          / ドイツ哲学
                         /Aヤコービ Bカント____
                        /ベーコン <近代> 知性の時代
                       /とベーメ    /デカルト,スピノザetc
                      /________/_________
                     /             /(宗教改革)
                    /新プラトン派 『哲学』  /復興 
                   /             /  
http://www.hegel.net/en/gif/antike-e.gif  <ギリシア>    /  <中世>/ 
                 / タレスから /独断主義 /       /
                /アリストテレス/と懐疑主義/ アラビア  / スコラ
               /_______/_____/_______/________
              /                        
             /(詩) http://www.hegel.net/en/e33.htm          / 
            /_______                        /_______
           /(絵) /(音楽)                      /       /(教団)
          /   <個別>____      「絶対的精神」       /   <完成>/
         / 建築    /彫刻                      / 概念    /(父) 表象 (子) 
        /_______/_______                /_______/_______
       /            /                  /            /
      /芸術    『芸術』  /ロマン的              /            /( 2ギリシア,3ローマ)
     /            /                  /祭祀      『宗教』/ C自由
    / <理念> /     /  <形態>            /            /(1ペルシア,ユダヤ,エジプト)  
   /      /     /        /         / <概念> /     /   <規定> /   
  / 美    /自然   / 象徴的    /古典的     /      /     /        /(中国,印度        
 /      /     /        /        / 概念   / 知   /A直接的自然  /B分裂 仏教,ラマ教)
/______/_____/________/________/______/_____/________/________



『エンチクロペディー』
http://www.hegel.net/en/e0.htm 
http://www.hegel.net/en/e-poster.htm  
http://www.geocities.co.jp/NatureLand/4270/natphi/hegel.html   
 
                           /
                          /哲学 >>
                         /  
                        / <絶対的> /
                       /  >>    /
                      / 芸術>>  / 宗教 >>
                     /_______/_______
                    /(自由な精神)       /(国家:国内法,国際法,世界史>>)
                   /心理学   『精神哲学』 / 倫理=共同世界  
                  /(理論)(実践)        /(家族) (市民)  
                 /<主観的> /      /  <客観的> /
                /      /(理性)   /(不法)      / (善-良心)
               / 人間学  /現象学    /  法      / 道徳
              /______/(意識)(自己-) /_(所有)(契約)__/(企図-責任)(意図-福祉)____
             /                                /
            /                               /
           /(絶対理念)         ヘーゲル              / 動物      
          /(生命) 理念 (認識)      『エンチクロペディー』       / <有機体学>/
         /(推論) <概念論>___http://www.hegel.net/en/gif/system-e.gif/        /
        / 主観     /客観                      / 地質学   /植物
       /([概念])_(判断) /_______                 /_______/_______
http://www.geocities.co.jp/NatureLand/4270/natphi/enzyklo1.jpg    http://www.geocities.co.jp/NatureLand/4270/natphi/enzyklo2.jpg          
     /限度    『論理学』 / 現実性              /絶対力学  『自然哲学』/ (化学)
    /            /                  /            /(形態) 個別的個体(特殊化)
   / <有論> /     /  <本質論> /          / <力学> /     /  <物理学> /
  /      /     /        /          /      /     /(元素の過程)  / (音)(熱)
 / 質    / 量   / 存在本質   / 現象       / 時間と空間/有限力学 / 一般的個体性 / 特殊的個体
/______/_____/________/________  /______/_____/_(天体)_(元素)_/(重力)_(凝集力)_



 『法の哲学』        /
              /(世界史)>>
             / 国家
            /(国内法)(国際法)  
           /_________
          /<倫理=共同世界>/
         /(教育と解体)    /(福祉行政と職業団体)    
        /  家族      / 市民
       /_(婚姻)(資産)__/_(欲求)(司法)___
      /             /
     / 不法   <客観的精神>/ 善と良心
    /             /  
   / <法>  /      /  <道徳>  /
  /      /      /        /
 / 所有   / 契約   / 企図と責任  / 意図と福祉
/______/______/________/________


『エンチクロペディ』と対応教科ジャンル:       
              /哲学
            国語
            音楽     宗教学
           /美術_________
         心理学        世界史,地理
         /   <精神哲学>/経済学,政治学    
        教育学   現象学 / 社会 社会学
       /_________/_法学_倫理____
      /             / 医学
     /     『エンチクロペディ』 生物学
    /  算数 数学      /地質学   植物学  
   / <論理学>/      /  <自然哲学>/化学
  /      /      /     理科 /
 /      /      /        /    物理学 
/______/______/________/___天文学_____

『精神哲学』と『精神現象学』との対応:

             /
            /F絶対知
           /  
          /<絶対的精神>/
         /       /
        / E2芸術宗教 / E1,3宗教
       /_______/_______
      /            /
     /     『精神哲学』 / D1人倫  
    /  C1心理学          /  
   /<主観的精神>/    /<客観的精神>/
  /       /C理性  /       /
 /       /現象学 / D2法   / D3道徳
/_______A意識,B自己意識____/_________

        <エンチククロペディー>

『精神現象学』:
A意識/B自己意識/C理性(C1心理学)/
D精神(章の順序が違う)/E宗教(E2芸術宗教)/F絶対知
(章の番号は恣意的なもの。意識から理性までは哲学史と対応しているという説がある。)

参考文献:
世界の名著へーゲル『法の哲学』
『エンチクロペディ』河出書房新社
『精神哲学』上下岩波文庫
『小論理学』上下
『自然哲学』作品社
『ヘーゲル哲学史講義』河出書房新社
『美学講義』作品社
『ヘーゲル宗教哲学講義』創文社(1827年版と1831年版の二つを所収。上記図で採用したのは後者。)
『大論理学』岩波
『歴史哲学講義』上下岩波文庫
『歴史哲学』上中下岩波文庫
『精神現象学』作品社

その他、ヘーゲルの図解には『人類の知的遺産』シリーズ、講談社学術文庫『ヘーゲル』に紹介された円形のものがある。


『エンチクロペディー』
               /\
              /_哲学
             /\絶対的\
            芸術_\/_宗教
           /\<精神哲学> /\
          /__\     /__\    
         /\主観的\   /\客観的\
        /__\/__\ /__\/__\
       /\               /\
      /__\  『エンチクロペディー』/__\
     /\概念論\           /有機体学\
    /__\/__\         /__\/__\
   /\ <論理学>/\       /\ <自然哲学>/\
  /__\    /__\     /__\     /__\
 /\有論/\  /\本質論\   /\力学/\   /\物理学\
/__\/__\/__\/__\ /__\/__\ /__\/__\


 『論理学』        
               /\
            (絶対理念)
           (生命) 理念 (認識)
            /______\
           /\       /\
          /  \ 概念論 /__\    <エンチ
         / 主観的\   /客観  \
        /______\ /______\
       /\               /\
      /  \             /   \
     /限度  \     『論理学』 /現実性 \
    /______\         /______\
   /\ <有論> /\       /\  <本質論>/\
  /  \    /  \     /  \     /  \
 / 質  \  / 量  \   /存在本質\   / 現象 \
/______\/______\ /______\ /______\




『自然哲学』
               /\
              /__\
             /\動物/\
            /__\/__\
ロペディー>     /\<有機体学> /\
          /__\     /__\    
         /地質学/\   /\植物/\
        /__\/__\ /__\/__\
       /\               /\
      /__\    『自然哲学』   /__\
     /絶対力学\           /\個体/\
    /__\/__\         /__\/__\
   /\ <力学> /\       /\ <物理学> /\
  /__\    /__\     /__\     /__\
 時間と空間\  /有限力学\   /一般的/\   /\特殊個体  
/__\/__\/__\/__\ /__\/__\ /__\/__\

 『精神哲学』
               /\
              /__\
             /\哲学/\
            /__\/__\
           /\<絶対的精神>\
          /__\     /__\    
         /\芸術/\   /\宗教/\
        /__\/__\ /__\/__\
       /\               /世界史
      /__\    『精神哲学』   /__\
     /\心理学\           /\人倫/国際法
    /__\/__\         国内法\/__\
   /\<主観的精神>\       /\ <客観的精神>\
  /__\    /__\     /__\     /__\
 /人間学/\  /\現象学\   /\法 /\   /\道徳/\
/__\/__\/__\/__\ /__\/__\ /__\/__\

           <エンチクロペディー>

 『哲学史講義』
               /\
              /_CフィヒテDシェリング
            Aヤコービ Bカント
            /__\/__\
           /\  <近代> /\
         ベーコン\     /__\    
         /とベーメ\   /知性の時代  
        /__\/__\ /__\/__\
       /\               /\
      /__\             /__\
     新プラトン派    『哲学』   /\復興/\
    /__\/__\         /__\/__\
   /\<ギリシア>/\       /\  <中世> /\
  タレスから   独断主義     /__\     /__\
 アリストテレス /と懐疑主義   /アラビア\  /\ スコラ\ 
/__\/__\/__\/__\ /__\/__\ /__\/__\

             <絶対的精神>


 『宗教哲学講義』1831
               /教団
              /__\
             /\表象/\
            /父_\/_子\
           /\  <完成> /\
          /__\     /__\    
         /\定義/\   /\移行/\
        /__\/__\ /__\/__\
       /\               /\
      /__\     『宗教』    /(1ペルシア,ユダヤ,
     /\祭祀/\           /\C自由\エジプト,
    /__\/__\         /__ 2ギリシア,3ローマ)
   /\ <概念> /\       /\  <規定> /(中国,
  /__\    /__\     /__\     /_印度,仏教,
 /\[概念] \  /\知 /\   /A直接的自然   /\B分裂 \
/__\/__\/__\/__\ /__\/__\ /__\/_ラマ教)


『美学講義』
               /\
              /_詩\
             /\  /音楽
            /絵_\/__\
           /\       /\
          /__\ <個別>/__\    
         /\建築/\   /\彫刻/\
        /__\/__\ /__\/__\
       /\               /\
      /__\             /__\
     /\芸術/\    『芸術』   /ロマン的\
    /__\/__\         /__\/__\
   /\      /\       /\       /\
  /__\<理念>/__\     /__\ <形態>/__\
 /\美 /\  /\自然/\   /象徴的/\   /\古典的\
/__\/__\/__\/__\ /__\/__\ /__\/__\

 『法の哲学』
               /世界史
              /__\
             /\国家/国際法
            国内法\/__\
           /<倫理=共同世界>       
         教育と解体   福祉行政と職業団体    
         /\家族/\   /\市民/\
        /婚姻\/資産\ /欲求\/司法\
       /\               /\
      /__\   <客観的精神>   /__\
     /\  /\           /\善と良心 
    /__\/__\         /__\/__\
   /\ <法>  /\       /\  <道徳> /\
  /__\    /__\     /__\     /__\
 /\所有/\  /\契約/\   /企図と責任   /\意図と福祉 
/__\/__\/__\/__\ /__\/__\ /__\/__\



『歴史哲学講義』
               /啓蒙と革命
              /__\
             /\近世/国家形成
           宗教改革\/__\
           /\ <キリスト教/\
          /__\  世界>/_ルネッサンス    
         /\古代/\   /\中世/\
        /__\/__\ /__\/__\
       /\               /\
      /__\             /__\
     /ペルシア\   <世界史>   /\  /\
    /__\/__\         /__\/__\
   /\<東洋世界>/\       /\ <古典的世界>\
  /__\    /__\     /__\     /__\
 /\中国/\  /\インド\   /ギリシア\   /\ローマ\
/__\/__\/__\/__\ /__\/__\ /__\/__\

              <人倫>
[PR]
by yojisekimoto | 2008-12-16 04:35 | ヘーゲル


<< カント『純粋理性批判』構造図 パゾリーニ「造花の連なり」 >>