人気ブログランキング | 話題のタグを見る

老子『道徳教』について


無や自然を賛美し認識論を批判する道教の仏教との違いは、発生論(1,25,39,52)の有無である。
道教には発生論があるから後から発生した儒教(18)などの権威を批判することが出来る。
道(18,21,23,32,)は発生論とともに全体論をも根拠づける。
全体論があるから弱者と柔弱(40,76)な水(32,66)に理想(80)を見出せる。
表現が逆説的(27-31,36,68-69,76,80)なのは根本を見ているからであり、単なるイロニーではない。
唯名論を排除するので実在論的で現実的対応および感覚論批判(12)が可能になるし、そこには物理学的根拠(11)もある。
本来口伝的なこうした民衆の知恵を言語化する契機には戦争による武器(27-31,36,68-69,76,80)の使用や重税(79)といった歴史的危機があったに違いない。

()内は章番号。以下はスピノザ『エチカ』見取り図の転用

                道1,18,21,23,32,40,47,65
               /\
 玄6,27          /  \
 善2,8,65        / 25,52\      武器,27-31,36,68-69,76,80、
 処世術24,47_____/_発生論___\______政治学(王26、税金79)
    \      /   /\   \      /
     \ 学問批判18,20,48___\___\政治批判53  
      \  /言語5,32    \  /\  /    
       \/  \感覚論12,14  \/  \/
       /\  /\相2,20   /\  / \
      /  \/__\__ __/__\嬰児礼賛10,20,28,55、女性礼賛61
   自然,天地5,6,7 \   \  /   /無為38,43,57,63  
水2,32,66,78____\___\/___/______\理想状況(小国寡民80)
物理学36,45        \  逆説1,2,18,32,38,40,47,57,63,71     
(柔弱36,40,76      \    /
 無用の用11)        \  /
                \/
                徳38,51,65


追記:
拡大版。#は重要箇所

                            道1#,4,16,18,21,23,30,32,34,40,41,46,47,53,54,62,65
                           /\天73(-網),77
                          /  \
     死50,76                /    \
    愚67                  /      \
   玄6,15,27,65              /        \  
  善2,8,65                /    16,40(回帰)\          武器,27-31,36,50,61,64,68-69,72,76,80
 処世術7,9,10,13,24,27,47$,63,64(段階),68,73    25,39#,42,  \         行政(王26、節制59、税金75,79)
    ________________/______発生論51,52___\________________
    \              /       /\       \              /
     \            /       /  \       \             /
      \         48,56(知),71   /    \       \ 政治批判53    /
       \     学問12#,18,20,33(智)_/______\_______\政治27-31,36,68-69,76,80    
        \      /\      /   /\   \      /\       /
         \    /  \  言語5,32,70,81__\___\政治26/  \    /
          \  /    \  /感覚論12,14,23 \  /\  /    \  /
           \/      \/  \身体44    \/  \/       \/
           /\      /\  /\相2,20   /\  /\      /\
          /  \    /  \/__\____/__ \/  \    /  \
         /    \  /  自然23,63 \  /   /無,無為3,18,35,7,38,47,57,63#  
        /      \/大25,34,35,41,45 _\/___/______\/      \
       /   水32,34,66,\       \      /       / 嬰児礼賛10#,20,28,55、女性礼賛6,61
     2,4,8,15(川),32,34,61,66(川),78#    \    /       /          \
     (江海32,66)        \       \  /       /            \  
    /______________\_______\/_______/______________\
 物理学36,45,64(柔弱28,36,40,43,76、 \      逆説       /           理想状況(馬46、小国寡民80#)
   無用の用11)            \   1,2,18,19,21,23,26,32,36,40,41,43,47,
                      \  53,56,57,63,67,68,70,71,81#、(27-31,36,68-69,76,80)
                       \        /
                        \      /      
                         \    /
                          \  /
                           \/
                            徳38,51#,54,65


(聖人) 認識 (政治、武器)
      ↓
自然←発生論/逆説→人間
      ↑
(水)  倫理 (嬰児,小国) 

TOP
追加:
以下、参考までに夏目漱石が大学のレポート(「老子の哲学」1892年)で描いた老子の解説図(新版全集第26巻より)。半角英数字は該当する章番号を付記した。

道 ┳絶対の道┳(一)範  囲 ┳無限25?,45?
  ┃    ┃        ┣無始
  ┃    ┃        ┗無終 62,25,4
  ┃    ┣(二)体(無為)┳無形41
  ┃    ┃        ┣無声41(希声) ,25(寂兮寥兮)
  ┃    ┃        ┗無臭 4,25,14,35,21
  ┃    ┗(三)用(有為)┳生万物
  ┃             ┣無意識にして法あり 57?
  ┃             ┗柔にして屈する能はず 34,51,40,42,79,73,37
  ┗相対の道┳人之道(損不足奉有余) 48,77,81
       ┣不 道(壮者必老) 30,55
       ┗非 道(盗夸[とうか]) 53

修身┳(ア)無為 <消極的>無爲 2,3,10,38,43,48,57,63,64
  ┃ ┣(一)学問を廃す┳(甲)講修学理するを廃す 20
  ┃ ┃        ┗(乙)致知格物の観察を廃す 48
  ┃ ┃
  ┃ ┣(二)行為を廃す┳(甲)道徳上┳仁 5,(18),19
  ┃ ┃        ┃      ┣義(18),19
  ┃ ┃        ┃      ┣礼(38)
  ┃ ┃        ┃      ┗智 5,18,19,38
  ┃ ┃
        ┣(乙)美術上…音楽等 12
  ┃ ┃        ┗(丙)肉体の快楽…衣食の賛沢等 20
  ┃ ┃

  ┃ ┃          (たげんなればしばしばきゅうす)
  ┃ ┗(三)多言を廃す(多 言 数 窮      5
  ┃            (せいじんはふげんのおしえをおこなう)
  ┃           又云聖人行不言之教)    47
  ┃  
  ┗(イ)復帰於嬰児(えいじにふっきす)<積極的?> 28
    ┣(一)足ることを知れ 46
    ┣(二)柔を守り物と争ふなかれ  76,78,66,68
    ┗(三)静に安んじて下に居れ  61,16,26


政治┳天下を得る方
  ┃ ┣(一)不敢為天下先〔敢えて天下の先と為らず〕 67
  ┃ ┗(二)能守道〔能く道を守る〕 32
  ┃    
  ┗天下を得たる後…施悶々之政〔悶々の政を施す〕 60
    ┣(一)消極的┳徐刑罰[刑罰を除く] 74 
    ┃      ┣撒甲兵[甲兵を撒す] 57,31
    ┃      ┗廃法令忌諱[法令忌諱を廃す]  57,(65)
    ┃
    ┗(二)積極的┳教育┳無智┳不尚賢[賢を不尚(たっと)ばず] 3
           ┃  ┃  ┣毀利器[毀利器毀(こぼ)つ] (57)
           ┃  ┃  ┗已技巧[技巧を已(や)む] (57)
           ┃  ┃
           ┃  ┗無欲┳不貴難得之財〔得難きの財を貴ばず〕3
           ┃     ┗去耳目之楽〔耳目の楽を去る〕 (12)
           ┃         
           ┗方針┳守倹軽負〔賦〕収斂〔倹を守り賦斂(ふれん)を軽くす〕 75,67 ,(57吝嗇)
              ┣善下民〔善く民に下る〕 66
              ┣柔弱自居〔柔弱にして自ら居る〕柔弱36,76
              ┗因物性禦之〔物の性に因(よ)り之を禦す〕万物51?,64?


上記図(多少記載法がちがう)の所収された論文は『漱石文芸論集』(岩波文庫)でも一部紹介されている。漱石が「復帰於嬰児」を積極的かどうか迷っていたり、老子をワーズワースと比較しているところが面白い。また、漱石は老子の水に関する記述を完全に比喩として考えているようだ。
ヘーゲルとの違いを絶対的意識の有無に見ているのも興味深い。

参考:老子日本語全文掲載サイト

付記:
タルコフスキー『ストーカー』で第76章が引用されている。


また、『風に吹かれて』は歌詞で老子と共通の普遍的な題材(道,武器,海)を扱っている。



なお、一般によく使われる太極図は「U+262F」にコードポイントが割り振られている (☯)。
 老子『道徳教』について_a0024841_17464568.jpg


老子原文http://www.geocities.co.jp/HeartLand-Tachibana/8318/genbun_ue.html
訳文http://www.ginzado.ne.jp/~okoshi/rousi.html
by yojisekimoto | 2009-02-09 19:41 | 老子


<< カントと建築(「カント図解:別... プルードンからソレルへ、ソレル... >>