2009年 01月 03日 ( 1 )

カント図解:改訂版

三批判書
         |『純粋理性批判』
         | 感性論  分析論   
         |     (カテゴ
         |       リー
         | 弁証論  方法論
         |(二律背反)
_________|____________
『実践理性批判』 |『判断力批判』
     分析論 |      美学 
  (カテゴリー)|        分
         |      弁
 弁証論 方法論 | 目的論
(アンチ     |   分
  ノミー    | 弁 方
         |  
      
参考:概念図全体系計画

カント形而上学全体系計画          
|(『純粋理性批判』先験的方法論建築術より
|  経験的心理学等の応用哲学は除外)     
|                               
|<先験的哲学>                     
|____存在論{予備学としての批判=(『純粋理性批判』
|       |          『実践理性批判』
|       |          『判断力批判』)形式的、=論理学?  
|       |_(自然の形而上学、思弁的、存在するもの         
|        L__道徳の形而上学、実践的、存在すべきもの)実質的}        
|(内在的)                        
| |ーー理性的自然学ーーー理性的物理学、=遺稿?       
L_|          L_ 理性的心理学             
   L_ 「理性的宇宙論               
 (超越的) L理性的神学=『理性の限界内における宗教』? 
 <純粋理性の自然学>

______________粋_____理_____性_____批_____判_________
(緒言)        |           |           |  |  |0 |一般|
|           |           |  (空虚/盲目)  |__|__|_手引き_|
|           |           |           |  |  判断表|範疇
|   空間      |  時間       |    緒言     |__概 念 分 析_表|
|           |           |           | 演繹一般|  |  |
|           |           |           |_演 繹_|__|__|
|           |           |           先験的演繹(初版2,+3構想力)
|________(感 性 論)________|_______(論 理 学)|要約|__|__|
|           |           |     |   分 析 論   (対概念)同一/相違  
|           |           |     |     |     | 一致/反対|
|           |           |     | 図式論 |     | 内的/外的|
|           |           |__原 則 分 析__|付録:反省概念の_規定/被規定  
|           |           |原則の体系|     |   二義性 a  b |   
|           |           |0_分析_|現象と可想|(ライプ |:注(無)|    
|           |           |  |a-d |、根拠  | ニッツ)| c  d |    
原___理___論(感性論と論理学)______|総合|体系|_____|_____|_____|
|1仮象  |2理性  |     |     |(緒言) |     |     |     |  
|     |A理性一般 |  0  |理念一般 | 独断的 | 論争的 |0(論理学|究極目的 |
|     |     |       |     |     |(ヒューム) =訓練)|(神、不死、自由) 
|____緒 言____|__理 性 概 念__|____訓 練____|____規 準____|
|B     |C     |     |     |     |対    |(根拠=)|     |
|論理的使用|純粋使用 |先験的理念|先験的  | 対仮説 |理性の証明| 最高善 | 信   |
|     |     |     |理念の体系|     |     (3つの問い)(蓋然的)|     
|_____|__(論 理 学)__|_____|_____|__方__法__論__|_____|
| (0.c,b,a,d.主観X)弁 証 論  |     |           |     |     |
|  0 1誤謬推理_霊魂     |     |           |     |(対象) | 
|     心理学|宇宙|     |     |           |     |     | 
|弁 証 的 推 理_論へ____付 録(目的論)    建築術    |____歴 史____| 
| 宇宙論的|  |一般|     |     |   全体系計画   |     |     | 
|2二律背反|_3理想_|理念の  自然弁証法の|           |(起源) |(方法) | 
矛盾a-|経験|先験|根拠|統整的使用| 究極意図|           |     |     | 
d,関心|_的|_的|__|_____|_____|___________|_____|_____|

アンチノミー
_____________________
|    |    |    |1   |    
|    |    |    |実在性 |       
|    |    |    |分割合成|    
|___「量」___|___「質」___|
|    |3総体、|    |    |    
|    |全体性 |    |    |   
|    |  起源|    |    |    
|____|____|____|____|
|    |    |    |    |    
|    |    |    |    |   
|    |    |    |    |   
|___「関係」__|___「様相」__|
|2原因、|    |    |3   |   
|因果性 |    |    |完全性 |    
| 発生 |    |    | 必然性|   
|__自由|____|____|____|

カテゴリー表<判断表>◎=アンチノミー
_____________________
|    |1   |    |1   |    
|    |単一性 |    |実在性 |       
|    |<全称>|    |<肯定>|    
|___「量」___|___「質」◎分割合成
|2   |3総体、|2   |3   |    
|多数性 |全体性 |否定性 |限界性 |   
|<特称>|<単称>|<否定>|<無限>|    
|____|_◎起源|____|____|
|    |1   |    |1   |    
|    |実体性 |    |可能性 |   
|    |<定言>|    |<蓋然>|   
|___「関係」__|___「様相」__|
|2原因、|3   |2   |3   |   
|因果性 |相互性 |現実存在|完全性 |    
|<仮言>|<選言>|<実然>|<確定>|   
|_◎発生|____|____|◎必然性|

純粋理性のカテゴリー
量(単一性、多数性、全体性)
質(実在性、否定性、限界性)
関係(実体性、因果性、相互性)
様態(可能性、現実存在、必然性)

純粋理性の判断表
 量 →全称的(すべての〜は−である)
    特称的(幾つかの〜は−である)
    単称的(一つの〜は−である)
 質 →肯定的(〜である)
    否定的(〜でない)
    無限的(〜は非−である)
 関係→定言的(〜である)
    仮言的(〜ならば、−である)
    選言的(〜か−である)
 様相→蓋然的(〜かもしれない)
    実然的(〜である)
    確定的(〜であるに違いない)

________________践____理____性____批____判___________
|           |           |#1-8(格率)注1,2   |  (自由の範疇表) |
|           |           |      定理一、二、| 量   | 質   |
|           |           |  三(法則) 、四(根拠表)      |(概念) |
|     序     |           |____原 則____|(善悪の)概 念、範型論 |
|           |           |     |     |     |     |
|           |           |1、演繹 |2、権能 | 関係  | 様相  |
|           |           自律、仮想的| ヒューム|(範型論 :構想力×)  |
|__________緒 論__________|_____|___分 析 論___|_____|
|           |           |     |     |           | 
|           |           |     |(動機) |           |
|           |           |     |     |           |
|           |           |___動 機、解明__ |           |  
|           |           (推論の順序、二律背反へ)           |           
|           |           |     |      |           |    
|           |           (解明、自由)     |           |    
原___________理___________論____|______|___________|
|           |           |                       |  
|           |           |                       |
|           |           |                       |
|           | 理性一般の弁証論  |                        |
|           | (仮象による矛盾) |                       |
|           |           |                       |
|           |           |                       |
|_________弁 証 論_________|         方 法 論         |
|     |     |(不死)       |         (結び:宇宙/道徳的法則    |
|     |(幸福) |           |          一般大衆と学的研究)   | 
|     |     |           |                       | 
|_最高善の概念規定#1-9|#4-6(不死×,神×,自由の要請○)                      | 
|#1-3   |      | #7(自然学/道徳学)   |                       | 
二律背反,徳と|      | #8(必要から要請)   |                       | 
幸福(道徳的法則、   | #9(認識と実践)    |                       | 
|感性的動機×)_幸←徳_(原因:神、自由)_(究極目的:最高善)________________|

_______________________________________
|         |         |         |         |
|         |         |         |         |
|   量     |         |   質     |         |
|         |(1) 格率にしたが|         |(1) 作為の実践的 |
|         |った主観的な個人の|         |  規則     |         
|         |意思、主観的   |         | 、命令     |
|         |         |         |         |
|_________|_________|_________|_________|
|         |         |         |         |
|(2) 原理にした |(3) アプリオリに|(2)      | (3)     |
| がった客観的な | 客観的かつ主観的|不作為の実践的規則|例外の実践的規則 |
|  指令、    |な自由の原理=法則| 、禁止命令   |、制限      |
|  客観的    |、客観的原理   |         |         |
|         |         |         |         |
|         |         |         |         |
|_________|_________|_________|_________|
|         |         |         |         |
|         |         |         |         |
| 関係      |(1)      | 様相      |(1)      |
|         |人格性に向けられた|         | 許可と不許可   |
|         |自由、関係    |         |(可能と不可能) |
|         |         |         |         |
|         |     (定言)|         |(蓋然的、仮言的)|
|_________|_________|_________|_技術______|
|         |         |         |         |
|         |         |         |         |
|(2)      |(3)      |(2)      |(3)      |
|人格の状態に向けら|ある人格から他の人| 義務と反義務  |完全義務と    |
|れた自由、関係  |人格に相互的に向け|(存在と非存在) | 不完全義務   |
|         |られた自由、   |         |(必然性と偶然性)|
|     (仮言)|相互関係 (選言)|(実然的、仮言的)|(確然的、定言的)|
|_________|_________|_幸福______|_道徳______|
様相の下位概念は『道徳形而上学原論』参照。

自由の判断表、カテゴリー表
量 (1) 格率にしたがった主観的な個人の意思
  (2) 原理にしたがった客観的な指令
  (3) アプリオリに客観的かつ主観的な自由の原理=法則
質 (1) 作為の実践的規則
  (2) 不作為の実践的規則
  (3) 例外の実践的規則
関係(1) 人格性に向けられた自由
  (2) 人格の状態に向けられた自由
  (3) ある人格から他の人格に相互的に向けられた自由
様相(1) 許可と不許可
  (2) 義務と反義務
  (3) 完全義務と不完全義務

:道徳性の原理における実践的・実質的規定根拠(改変)
   客観的     主観的   
  _______________            
 |       |\      |       
 |  完全性  | \自然的感情|       
内|(ヴォルフ  |(エピクロス)|
 |及びストア派)|   \   |       
的|       |道徳的感情  |       
 |       |(ハチスン) |       
 |______ |______\| 
 |       |\      |       
外| 神の意志  | \  教育 |       
 |(クルージウス|(モンテーニュ)        
的|その他の   |社会組織   |       
 | 神学道徳者)|(マンドヴィル)                    
 |       |     \ |      
 |_______|______\|

_________________断_____力_____批_____判____________
|           |           |         数学的#25-7 |#6-9|#1-5|
|           |           |           |_崇高__|__美___|
|           |           |         力学的#28-9 #10-17|#18-22 
|           |           |           |__|_分析論_|(構想力#1,12,
|           |           |           |30-3|#34|  |15,17,21,35,50)
|           |           |           |_演繹#30-54__|__|
|           |           |    #35-42(共通感覚#40)|#43-54(天才#46-50,分類#51)
|__________序論___________|_________美 学#1-60 __|__|__|
|          一〜九          |     |     |           | 
|      (第一序論、一〜一二)      | #55  |      |           |
|           |           |     |     |           |
|           |           |___弁証論#55-60__| 付録:方法論なし#60|  
|           |           |     |     |           |   
|           |           |二律背反 |     |           |    
|           |           | #56-7  |     |            |    
|___________|___________|_(概念/)_|_____|___________|
|           |     | 実質  |                       |  
|           |規定/反省| / #62|                       |
|           |#61    | 形式  |                       |
|           |___分析論#62-68__|                       |
|           | 内的#66| 機械的 |                       |
|           |  /  | / #64 |                       |
|           |相対的#63 | 有機的 |                       |
|_______目 的 論#61-91 _|_#65,66,67,68                      |
|     |     |     |    (構想力#67)                     |
| (実在論、観念論#72)|     |       |                       | 
|     |     |      |       |                       | 
|__弁証論#69-78__|_付録:方法論#79(体系)-91                       | 
|     |     スピノザ#73,|  ヒューム|                        | 
| 二律背反|_体系etc_| ,80,85,87|     #80|                       | 
| #69-73 |  #72-78 | 最高の善|道徳神学  |                       | 
|_(機械論/)_|総注、関係|_自由#91|__#86 _|_______________________|


カント哲学まとめ:

_____時空______________
感性的経験の条件(ライプニッツに対抗)。感性

_____カテゴリー(二分法で分節化)____
経験認識の条件。悟性

_____道徳的法則______
自由(自律)の条件、幸福(主観)完全性(客観)を準備、
自由は道徳を要請。→人倫。理性。構想力 

_____技術_________
     美の条件。判断力

ロゴスの優位。
自然、自由(道徳)、美(技術)を判断力でつなぐ。
自立から導かれた目的論はカテゴリー(経験の条件)を分節化する。
アンチノミーで物自体、現実を見出す。
現実と自己の能力に対するフィードバック装置。


参考:
                              ●:範型/象徴×
純粋理性概念→|\ ←理性                 ■:図式
(超越論的理念) |  \                                
       |___● ←(規定的/反省的)判断力       
       |   |\                           
       |   |  \         
純粋悟性概念→|___|___\ ←悟性(超越論的統覚)    
(カテゴリー)|\  |  /|\       
         | \ | / |  \     
       |___■____|___\ ←構想力
       |  /|\  |     \
       | / | \ |      \
感性的多様性→|/__|__\|_______\ ←感官
                         (経験的統覚)
図:カントにおける媒介的第三者の位置
http://www.nagaitosiya.com/b/ethische_analytik.html
http://www.nagaitosiya.com/b/kant008.png
[PR]
by yojisekimoto | 2009-01-03 16:48 | カント